1. トップ
  2. ファッション
  3. シンプルイズザベスト!黒タートル×デニムパンツコーデが結局好き♡

シンプルイズザベスト!黒タートル×デニムパンツコーデが結局好き♡

  • 2020.1.15
  • 1627 views

シンプルだけど冬には一番いい!黒タートル×デニムパンツコーデ

シンプルベーシックなアイテムとして、ワードローブに欠かせない存在となっているのが「黒タートルネックニット」と「デニムパンツ」。定番すぎる!と感じるかもしれないけれど、なんだかんだでこの組み合わせが一番大人っぽいのかも?そんな定番コーデが地味見えしないためのアイデアをいくつかご紹介!

旬な雰囲気はすそ広がりデニムで醸し出すべし

ストレートデニムよりも旬度が高いのがフレアデニムやワイドデニムなど、裾がふわっと広がったデニムパンツ。シルエットに動きが出るだけなのに、単調に見えた組み合わせがフレッシュな印象に変わります。一本は持っていてほしいアイテムかも。

大胆に広がったワイドデニムは、コンパクトなアイテムと合わせることで野暮った見えを回避できます。ダウンジャケットはショート丈のものを選んで、すっきりとしたシルエットを目指してみて。

控えめに広がったフレアデニムは普段のデニムと同じように取り入れることができます。ハイウエストのものならコンパクトな黒タートルをウエストインして、スタイリッシュに着こなして。スニーカーを組み合わせても脚が長く見えますよ。

小物を主役にしたいときに本領発揮してくれる♡

お気に入りの小物を主役にしたいときこそ、黒タートル×デニムパンツの出番。定番のスタイルだからこそ、小物を際立たせてくれる効果もあるんですよ。色物だけではなく、シルエットや素材…どんなものをチョイスしてもメインにしてくれるんです。

足元の印象をグッと色濃くしてくれる!

目を引くシルエットのパンプスをメインに、全体をモノトーンでまとめれば洗練された雰囲気になります。デニムの色は濃いものをチョイスして、キュッと引き締まったムードを高めて。

レオパード柄のパンプスのお目立ち度を上げてくれるのは淡いブルーデニム。ベーシックカラーのブラックにもこなれ感をもたらしてくれます。抜け感たっぷりなホワイトのデカバッグでよりきれいめムードを後押しさせて。

バッグの洒落感も上げてくれるんです

ペーパー素材のバッグを取り入れれば、カジュアルなムードが漂います。ブラック多めのコーデにあえてナチュラルカラーをプラスすることで、定番からの脱却をはかることができますよ。

フレンチシックムードが漂うベレー帽に太くロールアップしたデニムと、まるで名画の女優のような出で立ちをさらに格上げしてくれるのはまあるいかごバッグ。差し色に赤を忍ばせればかごバッグにもムードが加わります。

二種類のタートルで雰囲気チェンジ

黒タートルと言えども、その種類は様々。「フィット感があり女っぽいリブタートル」「カジュアル度高めのざっくりニット」と、大きく二つにわけてそれぞれのコーデの魅力を改めて知っておきましょう♡それぞれの魅力がわかれば、コーデの幅もグッと広がるはず。

コンパクト&女っぽなリブニットはマストハブ

ゆるっと腰ではいたデニムも、リブタートルをINした着こなしなら大人っぽく上品。バッグか靴、どちらかをきちんしたデザインのものにすれば、それだけできれいめカジュアルコーデが叶います。

ヴィンテージライクなストレートデニムは黒タートルと合わせることで色合いの良さが際立ちます。ローカットスニーカーに白ソックスと、どこまでもシンプル無駄なものを削ぎ落としたスタイルは、一番自分らしさが浮き彫りになる組み合わせかも。

ボリューム感のあるアウターを着るとき、まず試したいのが絶対失敗しない黒タートル×デニムパンツ。デニムのシルエットをすっきりorタイトにすることで上半身とのバランスが取りやすくなります。

ラフでこなれたざっくり編みニットでお気楽に

もはや白では?と思ってしまうほど薄い色のデニムなら、たっぷりとした黒タートルも重たくならずに取り入れられます。太めのシルバーアクセサリーでアクセントをつければ真っ黒ニットも一気に華やかなムードに。ファーや柄アイテムなど、小物にトレンド感を加えて、計算され尽くされた定番コーデに格上げ。

袖コンシャスな黒タートルを主役にしたいならデニムはとことん無難なものをチョイス。ひとつのアイテムが印象的なら、他のアイテムは控えめにするのが大人コーデのバランス感かも。あえてラフさを強調してスニーカーを取り入れてもいいし、レディな雰囲気を強めたければパンプスやブーツでも◎

黒タートル×デニムパンツ、無難だからこそ振り幅が広いんです

ベーシックで所持率が高いアイテムはおしゃれからは遠いと思われがちですが、その着こなしやすさはお墨付きということ。ちょっとした工夫やアイデアで見違えるほど新しい印象になるのでぜひ取り入れてみて。

元記事で読む