1. トップ
  2. ファッション
  3. 結構あるある…”外は寒いのに中は暑い”ときのちょうどいい服装って?

結構あるある…”外は寒いのに中は暑い”ときのちょうどいい服装って?

  • 2020.1.15
  • 19105 views

“外は寒いのに中は暑い”ときの服装問題を解決

冬の外は気温も低いし風は吹くしで寒すぎるから厚着で出かけたけど、お店の中や電車の中は暖房ガンガンで暑い…!中と外の気温差がありすぎて困った経験、ありませんか?外でも中でも快適に過ごせるコーデは、ちょっとの工夫でできるんです。冬のあるある、気温差問題を解決しましょう!

薄手アウター×薄手アウターで微調整

薄手のアウターも2枚重ねればちゃんと防寒できるので、秋口に着ていたライダースジャケットやトレンチコートなどの中間アウターと呼ばれるもの同士を重ねてみて。ちょっと暑ければ1枚脱いで微調整なんてこともできますよ。

ざっくりカーデ×ライダースジャケット

トレンドのざっくりカーデはゆるっとしたシルエットがラフなコーデにぴったりで、ゆとりもあるので下にアウターをレイヤードすることだってできちゃいます。ライダースジャケットはレザーなので風を通さず暖か♪風のある日にもってこいのコーディネートです。

ざっくりカーデ×Gジャン

ざっくりカーデの下にGジャンを重ねるのもかわいいですよ。かなり薄手に見えますが、インナーに薄手で暖かいタートルネックなどを選ぶと寒さの心配はなくなるはず。デニムは通年使える素材なので、冬もどんどん活用してくださいね。

厚手コート×薄手インナーで即解決

厚手のコートでしっかり防寒して、中に入ったらコートを脱いでスッキリ。冬の屋内は暖房がガッツリ効いていることが多いのでカットソーでも十分なくらいですよね。暖かいコート×薄手トップスで賢く解決です。

ボアのロング丈アウターは、モコモコで見た目からして暖かいですよね。もちろん着ても暖かいのでインナーはカットソーレベルでも屋内は大丈夫そうですよ。トップスが薄手な分、足元の肌見せはなくしておいて。

ファーアウターも、ボアと並ぶ見た目の暖かさがあって、冬コーデに取り入れている人は多いアイテム。ボリュームがあるので、インナーまでモコモコするとただの着膨れコーデになってしまうので気をつけて。こちらもインナーはカットソーレベルで事足りそう。

ダントツで暖かいアウター、ダウンジャケットもインナーは薄手で。着こみすぎると暑すぎと感じてしまいそうなので、サラッと着られる薄手のトップスがちょうどよさそうです。ダウンは軽くて暖かいので、冬のコーデに重宝しますよ。

汗を吸収しやすい服を着る

外にいても、たくさん歩いて汗をかくことがありますよね。外でも中でも汗をかいたら風邪を引く恐れもあるので、汗を吸収しやすい服をインナーにするといいかも。

コットンは、言わずと知れた汗を吸収する素材なので、汗をかきやすい人はこの素材がいいでしょう。スウェットはほとんどのものがコットン製で汗を吸い取ってくれますよ。

凹凸があり肌触りのよいサーマル・ワッフル生地は、汗をかいてもベタつかず着心地もいい。空気をたっぷり含んでくれるので熱も逃しにくく、冬にも活躍してくれますよ。

ざっくりしたニットで熱を逃しつつ保温もする

目の詰まったニットよりも、ざっくりとしたニットの方が保温性があって温かいことを知ってますか?外にいるときはアウター効果も合間って暖かく、中にいるときは熱を逃しながら暖かさもキープしてくれますよ。ハイゲージニットよりもローゲージニットを選ぶといいですね。

緩めのケーブル編みニットはしっかり暖かいのでおすすめですよ。インナーに白のカットソーを着て、チラ見せするのが今の旬。ニットがゆるっとしているので、アウターもオーバーサイズを選んで。

ざっくりニットでタートルネックなら、保温性抜群で風も通さないのでいいこと尽くしですよ。首回りもゆるっとしたものなら窮屈さを感じないのでストレスフリーの暖かさです。

小物で調整するのもアリ

小物でを調整するのもアリ。いつものコーデに小物を足して防寒対策をしてみて。室内にいるときはしまっておけるくらいのボリュームのものばかりなので、荷物になりにくいですよ。

ぐるぐる巻きにしたいマフラー

首元が暖かければ、アウターが多少薄くても寒さを感じにくいんです。このアウターだと今日寒いかも…と思ったら、首から風が入らないくらいぐるぐる巻きにできるマフラーをすると解決しそうです。

意外と暖かいニット帽

ニット帽は、かぶっているときはあまり暖かさを感じませんが、帽子を取ると急激に寒さを感じませんか?それだけ保温性があるので、外にいるとき頭も冷えているってことですよね。コーディネートのポイントにもなるので試してみて。

外でも中でもちょうどいいコーデを見つけて

厚着しすぎて、室内で汗をかいちゃう…そんなコーデはなんとか改善したいですよね。アウターとインナーのバランスや小物を変えて、外でも中でも快適に過ごせるちょうどいいコーデを見つけて。

元記事で読む