1. トップ
  2. ファッション
  3. 冬コーデに飽きたら試したい!着こなしが変わるちょい足しテク4つ

冬コーデに飽きたら試したい!着こなしが変わるちょい足しテク4つ

  • 2020.1.15
  • 3504 views

冬コーデに試したいちょい足しテク4つ

冬の着こなしにもそろそろ変化が欲しいとき…。でも新しくアイテムをGETするのは面倒だしお金もそれなりにかかります。そこで今回は、簡単に着こなしを変えられるちょい足しテクを4つご紹介!マンネリしてしまった冬コーデに、ぜひ試してみてください。

テク①袖や裾をロールアップさせてアクセントに

まずはすぐにできちゃう”ロールアップテク”から。袖や裾をくるっと捲るだけなのでとっても簡単です。ロールアップがアクセントになって、着膨れコーデもキュッとまとまった印象になりますよ。

ニットの袖をくるっと

冬はニットの袖をくるっと捲るとかわいいです♡少し幅を広めに取るのがポイント。特にざっくり編みのニットがロールアップに向いています。

デニムパンツをロールアップ

デニムパンツの裾もくるっとさせちゃいましょう。何回折るかでも変化がつくので、その日の気分でくるくるしてください。ロールアップさせた日はレッグウェアを見せるチャンスです!白ソックスにバレエシューズを合わせて、かわいらしい足元に見せましょ♡

サロペット系も捲って

サロペットの裾もロールアップさせると、普通に着るのとは違って新鮮です。カジュアルに着こなすことの多いサロペットも、この日ばかりはガーリーに。ブラウスをインナーに合わせたらパールネックレスでおめかしして。ヒールパンプスでスタイルアップもさせちゃいましょう♪

テク②そのまま着るより◎カットソーを一枚重ねて

一枚でサッと着れる冬のトップスはなかなか変化が出しにくい…。それならインナーを一枚重ねて変化付けを。タートルネックやシャツなどいろいろあるけれど、今年はあえてシンプルなカットソーがおすすめです。

ニットに

ニットに白カットソーをレイヤード。裾からチラ見せさせれば、それだけでおしゃれなレイヤードスタイルが完成します。カットソーを重ねるとパンツとの境目を埋まるので、アイテム同士の馴染みも良くなるんです。

パーカーに

パーカーにもカットソーをレイヤードしちゃいましょう。ナチュラルに裾からチラッと見えるくらいが◎パーカーコーデに程よいニュアンスをプラスしてくれます。

ボーダーカットソーで春っぽさON

柄物ならボーダーカットソーがおすすめです。凝り固まてしまった冬コーデも、ボーダーカットソーでほんのり春っぽく、軽やかな印象に仕上がります。

テク③ベルトを使ってウエストマーク

とにかくベルトを使ってなんでもウエストマークしちゃいましょう。アクセントにもなるしメリハリもつくので、冬コーデに積極的に取り入れたいちょい足しアイテムです!

ニットをウエストマーク

いつも着ているニットも、ベルトでウエストマークすればちょっぴり新鮮!ゆったり感のあるものだと特にウエストマークしやすいです。かわいいケーブルニットには、あえてスポーティーなガチャベルトを合わせてみて。

ジャケットの上からも

インナーに軽めのジャケットを羽織ったら、その上からぐるっとウエストマーク。冬は太めのレザーベルトがキリッと映えます。

ニットワンピにはマスト

縦長なニットワンピにはウエストマークがマストです。金具付きの細ベルトなら、上品にウエストマークできます。花柄スカートをレイヤードして、ニットワンピを華やかに着こなしましょ。

ウエストポーチを使っても◎

ベルトの代わりにウエストポーチを使ってもおしゃれです。レザーのものは特にベルトのような雰囲気が出るのでGOOD!今年っぽくウエストマークするならぜひ使ってみて。

テク④春カラーをちょっぴり取り入れて

少しお金はかかるけれど、それでも目に見える変化が欲しい!という人には春カラーを取り入れるのがおすすめですよ。今GETしても春まで使えるものなら損はなしです。

マフラーで顔回りを華やかに

マフラーで取り入れると顔回りがパッと明るい印象に。いつもは選ばないピンクも小物なら挑戦しやすいです♡

ニットが取り入れやすい

春まで使えるニットが取り入れやすいです。カラーは爽やかなブルーをチョイス!寒色系なので冬コーデにも違和感なく合わせられます。ついでにスカーフ付きのバッグも合わせて、春モードをONにして。

くすみ系をチョイス

ライトな春カラーにちょっと抵抗があるという人は、くすみ系でチョイスするのがおすすめですよ!明るすぎないので冬コーデにも馴染みやすく、より大人っぽい雰囲気で着れます。くすみパープルのカーディガンが使えそうです。

ちょい足しテクで冬を乗り切ろう!

冬の着こなしを変える4つのちょい足しテクをご紹介しました。大胆なことはしなくても、ちょっと工夫するだけで十分なんです。残りの冬もちょい足しテクで乗り切りましょう!

元記事で読む