1. トップ
  2. ファッション
  3. あ、着やすい♡今年のダウンは黒より《ベージュ》が断然使えます!

あ、着やすい♡今年のダウンは黒より《ベージュ》が断然使えます!

  • 2020.1.15
  • 17574 views

この冬のダウンジャケットは断然ベージュが使える説!

アウトドアorコンサバティブな印象が強かったダウンジャケットですが、2019-2020冬は大人女子仕様になって続々と登場しています。待ちに待った最強防寒アイテムを早速着こなしたい!と思いつつ、どんなものがいいのか悩む…なんてこともあるかもしれません。ダウン=黒が無難と思いきや、実はベージュが使えるんです!

定番アイテムと合わせるだけでこなれコーデの完成

ダウンジャケットの魅力といえば、何と言ってもこのもこもこのシルエット。ベージュを選ぶことでアイテムの重たさが軽減されて、グッと取り入れやすい印象に。大人女子の所持率高めな定番アイテムとも相性抜群なんです。

リラックス度高めなデニムのストレートパンツにVネックのトップス。そんな「似たようなの持ってるかも!」なアイテムの上から着るだけで一気に今年顔にアップデートしてくれるダウンジャケット。ベージュを選ぶことで“ありきたり”からワンランク上のスタイルに仕上げてくれます。

一枚で完成するニットワンピースにビッグシルエットのダウンジャケット。この2アイテムだけでも十分トレンディーな雰囲気ですが、ワンピースの下にレギンスやニットパンツを仕込むことでより上級者ムードが漂う装いに変わります。防寒ついでにぜひ取り入れてみて♪

細身パンツやスキニーなどと合わせれば120点満点なシルエットに♡ダウンジャケットにちょこっとブラックが入っていれば色がリンクして統一感のあるコーディネートになりますよ。重心が上にくれば自然とスタイルアップも期待できちゃいます。

真冬でもベージュっぽコーデができる!

おしゃれさんの間でとにかく人気なベージュっぽコーデ。ミルクティのようなまろやかで優しげな雰囲気が極寒の時期にもできるなんて嬉しすぎませんか?

オフホワイトのニットパンツと合わせたスタイルはベージュっぽコーデの王道!丈がかなり短めのダウンを選ぶことでコーディネートにメリハリがつきやすくなります♡

ベージュっぽコーデの引き締めカラーはブラックよりもブラウンを選ぶのが正解かも。黄色味が抑えられたベージュは落ち着いた雰囲気を醸し出してくれます。レディな印象になりすぎないように太めのコーデュロイパンツを合わせてとことんカジュアルな着こなしに!

お尻まですっぽりと隠れるダウンジャケットの安心感たるや!野暮ったコーデにならないようにインナーはボトムスにINさせるのが鉄則。足元までベージュで抜かりなくまとめあげれば温かみのある防寒スタイルに。

ボリューミーなのに重たく見えないんです♡

ぱっと見かなり重ためな雰囲気なのに、着てみると全然そんなことない!というところがベージュ色のダウンジャケットの魅力。抜け感を取り入れたいとき・カジュアルダウンさせたいときなどシーンを選ばず使えるところも◎

ゆるっと感が今っぽいカットソーはあえてダウンの下から裾を出した着こなし方が洒落てる!ボトムスはケーブル編みが印象的なニットパンツで一癖あるスタイルに。足元はベージュ〜ブラウンを選んでカラーをリンクさせれば統一感UPに繋がります。

ヴィンテージライクなスカートにダウンジャケットを合わせることで今までとは一味違う大人の古着っぽコーデに。足元はスニーカーでアクティブ感を出しても、ブーツを合わせてレディライクに仕上げても素敵ですよ。

ロマンティックな花柄ワンピースにダボっと感がキュートなダウンジャケットをラフに合わせてミックススタイルを楽しむのもアリ!デコルテが開いていても、首元までしっかりと防寒してくれるダウンジャケットがあれば安心です。

もちろん冬のトレンドボトムスとも相性抜群なんです

ニットパンツ、チェック、コーデュロイ…と冬はアイテムの素材感を楽しむことができる絶好のチャンス♡ダウンはダウンでもベージュのダウンジャケットなら、どんなトレンドアイテムもすんなりと取り入れることができますよ。

ニットパンツをチョイスすれば、アウトドアなムードのダウンジャケットにシンプルクールなムードが漂います。色はベージュ&ブラックオンリーで、おもいっきりかっこよく決めるのもたまにはいいかも♡

正統派な印象のチェック柄の巻きスカートとダウンは程遠い関係のようで実は好相性。いいこちゃんなイメージをいい意味で打ち砕いてくれるんです。ベージュカラーを選ぶことで、スカートの品の良さはキープしてくれますよ!

ハードな素材感のコーデュロイアイテムに抜け感を与えてくれるベージュのダウンジャケット。どうしてもボトムスが重ための素材だとバランスが取りにくいですが、ダウンを入れることで目線が上に上がって全体が整うんです!程よく明るいベージュを選べば自然と同系色でまとまったスタイルに。

これから買うなら断然ベージュダウンじゃない?

まだダウンジャケットをGETしていないなら、ぜひベージュをチェックしてみてくださいね!

元記事で読む