1. トップ
  2. レシピ
  3. さんまの美味しさを引き立たせる♪おすすめの付け合わせレシピ24選をご紹介!

さんまの美味しさを引き立たせる♪おすすめの付け合わせレシピ24選をご紹介!

  • 2020.1.14
  • 685 views

さんまの献立で付け合わせをもう一品☆特集

さんまは良質なタンパク質を含んでおり、必須アミノ酸が豊富に含まれているのでがん予防にもなります。さんまの旬は一般的に秋と言われていますが、北海道で取れるさんまは7〜8月くらいに旬がピークを迎えます。

それだけではなく、スーパーでも年中あるさんまは、食べたいときにいつでも食べられますね。そんなさんま料理をたびたび作ると、付け合わせに悩んでしまうことも多いでしょう。ここではそんな付け合わせのレシピをたくさん紹介していきます。

さんまの献立で付け合わせをもう一品《おかず》

さんまの塩焼きと!コリコリ食感チーズつくね

鶏ひき肉を使ったつくねは、きくらげが入ってコリコリした食感になるレシピです。

さんまとこのつくねがもう一品あると居酒屋風メニューになりますね。

串に肉だねをさしてじっくりと中まで火を通していきます。醤油とお酒で味付けをし、チーズを合わせて美味しくいただきましょう。

チーズの種類も交互に並べてきれいに盛り付けてみてください。

付け合わせに!白菜とベーコンをクリーム煮焼き

このおかずはさんまの献立を考えるときに知っているとうまく組みわせられます。

クリーム煮に白菜とベーコンを入れて煮込んでいき、あとは耐熱容器に入れてチーズを付け合わせて焼いていきましょう。

オーブンがないときは魚のグリルかトースターで作れば良いですね。

中はトロリとしたホワイトソースが入っているため優しい味わいに仕上がります。少し焼き色がついたらOKです。

さんまの付け合わせにもう一品!鶏肉の焼き鳥ダレ

鶏もも肉を焼いていき甘辛く仕上げ、隠し味にキムチの素を入れて作っていくレシピはいかがでしょうか。

塩焼きであっさりしたさんまと合わせるとちょうど良い味のバランスになります。

味付けをしたもも肉は焦げやすいため焦げないように注意して焼いてくださいね。

付け合わせにキャベツの千切りをたくさん添えて野菜も補っていきましょう。

付け合わせのおかずに!さんまと牛豆腐

この牛豆腐はとても優しい味付けのレシピとなり、さんまとの献立に使うことで安心できる組み合わせになります。

牛肉のレシピはありそうであまりないので、このような付け合わせがあると重宝しますね。

たっぷり豆腐も食べられるため、さんまと共に作ってみてください。またしめじが良いエキスを出してくれているため、必須の食材となります。

献立にもう一品付け合わせたい!タンドリーチキン

カレー粉やヨーグルトなどの調味料を鶏もも肉に漬け込んで焼いていくだけのレシピは、漬け込んでいる時間を除けばあっという間に完成するおかずです。

さんまとこってりしたタンドリーチキンとの相性も良く、どちらも美味しいのでぜひ付け合わせてみてください。

さんまだけでは物足りないというときにこのボリュームのあるおかずがあると助かりますね。

付け合わせに!さんまと春キャベツとエビ炒め

春キャベツはとても柔らかく、そのままでも美味しく食べられますが炒めることでより一層甘味を感じられる食材です。

さらにエビも付け合わせて炒めるとエビの旨味が口の中に広がって絶品となります。

さんまの煮付けにしたときにこのようなさっぱりしたおかずがあればちょうど良いかもしれませんね。

このおかずにレモンを添えてさらにさっぱりと味変をしてみてください。

さんまの献立はこれ!揚げ春巻き

この料理はシンプルにさんまの塩焼きと合わせたくなります。毎回の食事でお肉と魚があると栄養バランスも良いのでおすすめですよ。

揚げ春巻きは子供も大好きなメニューなのでリクエストも多いことでしょう。

今回はさんまに付け合わせて豪華な食卓にしていきます。揚げ焼きにしていけばそれほど油も使用しなくて済むため、おすすめの調理法です。

和食の付け合わせに!厚揚げと鶏ひき肉のそぼろあん

このレシピはひき肉あんで優しく仕上げているおかずです。厚揚げをたっぷりと使ってさんまと一緒に栄養満点にしていきましょう。

付け合わせ用として重宝するおかずでご飯の上に乗せたりお弁当に入れたりできます。

まだまだ寒い時期のそぼろあんはとても重宝するものとなるでしょう。

さんまと合わせると和風の定食となり、ほっこりした気持ちになります。少し生姜を多めに使用しても良いかもしれませんね。

さんまの献立で付け合わせをもう一品《副菜》

もう一品欲しいときに!にんじんとえのきのぺぺろん

この副菜はしっかりした味付けとなっているレシピで、さんまの塩焼きに合う付け合わせとなります。

たっぷりのニンニクと唐辛子を一緒に炒めていき、美味しさを引き出してみてください。

胡椒もたくさん付け合わせて味にスパイスを足していきます。

さんまとご飯、そしてぺぺろん炒めがあると量的にもちょうど良いかもしれませんね。ペペロンチーノを作ったことがある人はすぐに完成できます。

副菜はこの付け合わせ!さんまとコールスローサラダ

コールスローのレシピは手軽に作れていろいろなアレンジも可能です。さんまの献立にほんの少し付け合わせるだけでも野菜を補えます。

千切り用のピーラーがあればにんじんとキャベツも簡単に切ることができ、とても楽に作れそうですね。

またみんなが好きなテイストなのでもりもりとあっという間に完食してしまいます。作るのに慣れてきたら食材を変えながら作るのも楽しいですね。

付け合わせに!ピーマンとかまぼこのおかか炒め

かまぼこは二個セットのほうがお手頃なので購入してしまいますが、どうしても使いきれないということがありますよね。

そんなときはさんまの献立としてもう一品プラスしてみてはいかがでしょうか。

この副菜はかつお節と一緒に炒めていき、旨味を絡めていきます。付け合わせにすると適度な満足感を得られますよ。

かまぼこは食べやすく少し小さめにカットしていきます。

さんまの副菜に付け合わせ!甘辛大根ステーキ
さんまの献立で付け合わせをもう一品《副菜》4
出典:https://cookien.com/(外部リンク)さんまの献立で付け合わせをもう一品《副菜》4

このレシピは大根を程よい厚さに切り、あらかじめレンジで加熱して焼いていくのでスピーディーに仕上がりおすすめです。この大根ステーキとさんま、味噌汁、ご飯があればまるで定食のような献立になりますね。

ヘルシーな食事にしたいときはこの大根ステーキの付け合わせを作ってみてください。甘辛く味付けをしていて絶品の美味しさとなっています。

もう一品!じゃがいもとチーズの柚子胡椒和え
さんまの献立で付け合わせをもう一品《副菜》5
出典:https://cookien.com/(外部リンク)さんまの献立で付け合わせをもう一品《副菜》5

さんま料理だけでは少し寂しい食卓になってしまうときは、このじゃがいもとチーズを使った副菜のレシピがおすすめです。おつまみとしても付け合わせに使えるため、さんまと一緒に晩酌セットを作ってみましょう。

じゃがいもはでんぷん質が含まれているため、そのまま使用するとぼてっとした感じになります。この付け合わせでじゃがいもを使用するときは、水にさらして使うのがポイントです。

さんまの副菜!付け合わせのブロッコリーの胡麻和え
さんまの献立で付け合わせをもう一品《副菜》6
出典:https://cookien.com/(外部リンク)さんまの献立で付け合わせをもう一品《副菜》6

簡単に仕上がる副菜にブロッコリーの胡麻和えはいかがでしょうか。ブロッコリーは美容に良い食材なので付け合わせにしてたくさん食べていきたい食材です。

さんまとの相性も抜群で、どのさんま料理にも合わせられますよ。すりごまもたくさん使用しているため、栄養価も高くなっています。ちなみに胡麻はそのままだと栄養の吸収ができないので、すって食べるのをおすすめします。

付け合わせに!さんまとちくわとじゃがいもの煮物
さんまの献立で付け合わせをもう一品《副菜》7
出典:https://cookien.com/(外部リンク)さんまの献立で付け合わせをもう一品《副菜》7

簡単にささっと作りたいときはこのレシピがおすすめです。この料理はちくわとじゃがいも、にんじんなど大体おうちにあるものを使用し、調味料と合わせてじっくりと煮込んでいくだけで完成します。

ちくわからも旨味が出ていくので美味しくいただけますよ。さんまとこの付け合わせがあるとほっこりした気持ちになります。1日経てばさらに味が染みて美味しく感じられるでしょう。

さんまの献立で付け合わせをもう一品《汁物》

汁物レシピはこれ!鶏団子と笹がきごぼう鍋

鶏ひき肉を使用した肉団子を鍋の中に付け合わせてさんまといただく献立は、みんなでワイワイと鍋をつつき合いたいときに使えます。

水菜など一緒に合わせてたくさんの野菜を摂っていきましょう。

肉団子はみんな平等に食べられるようにたくさん作っておいてくださいね。出汁が効いたお鍋は毎日食べても飽きない美味しさです。

付け合わせに!さんまと豚バラと焼きねぎの蕎麦

さんまには汁物があると嬉しいですが、この蕎麦は豚肉の旨味が感じられるので献立におすすめです。

焼きねぎもしっかりと焼いていき付け合わせい使用していきましょう。この組み合わせと副菜が一品あればちょうど良いですね。

蕎麦つゆは優しい味付けにしていけば、汁まで全部飲み干したくなります。ランチにも手軽なのでパパッと作ってみてくださいね。

アジアンな付け合わせに!フォー風あったか素麺

パクチーが好きな人にはたまらないこのレシピは、さんまの塩焼きにもう一品付け加えるのにおすすめです。

すだちと香味だれも付け合わせているのでアジアン風のテイストになっています。

さんまといえばすだちにも合うためこの素麺と一緒にいただいてみてください。またこのフォー風素麺は食欲があまり沸かないときにもぴったりですよ。

付け合わせたい!きのことカボチャのけんちん汁

きのこや野菜がたっぷり入ったこの汁物をさんまの献立に加えると、かなり完成度の高いメニューになりますね。

栄養バランス的にもちょうどよく、美味しいのでさんまと合わせて作っていきましょう。

かぼちゃの甘みも加わりとても美味しいけんちん汁となります。この汁物を付け合わせると心も体も大満足のメニューになりますね。

もう一品欲しい!鶏そぼろとかぼちゃのお味噌汁

さんまに合うメニューと言えばやはり味噌汁ではないでしょうか。このかぼちゃの味噌汁を付け合わせて美味しい献立にしていきましょう。

レシピもそれほど難しくはなくいつも作る味噌汁に少し手間をかけるだけで出来上がります。

この味噌汁の作り方を知って入れば、献立の付け合わせにいろいろ使えそうですね。さんまと組みわせて最高の食卓にしていきましょう。

付け合わせに!じゃがいもと玉ねぎの味噌汁
さんまの献立で付け合わせをもう一品《汁物》6
出典:https://cookien.com/(外部リンク)さんまの献立で付け合わせをもう一品《汁物》6

定番の味噌汁はじゃがいもがごろごろ入ったレシピになります。わかめと玉ねぎもたっぷりと付け合わせて具沢山にしてさんまと合わせるのがおすすめです。

時間がある人は丁寧にかつお昆布で出汁を取って作っていくと良り美味しさが際立ちます。じゃがいもは10分ほど水にさらしてでんぷん質を取っていくのがポイントですよ。さんまの塩焼きとこの汁物とご飯で朝食を食べるのも良いですね。

豚肉を付け合わせ!さんまと春雨スープ

おかずにさんまだけでも良いのですが、もう一品タンパク質を摂りたいというときに役立つのがこのレシピです。

豚肉をスープの中に付け合わせ、おかずスープのように仕上げていきましょう。

さんまとこのスープがあればタンパク質も十分足りますので、あとは野菜の副菜があれば完璧です。

スープの中に春雨もたっぷりと使用してツルツルといただいてくださいね。

付け合わせに!さんまと冷凍餃子で具沢山スープ

このスープレシピは冷凍しておいた餃子を使用して簡単に使っていき具沢山にしていきます。

さんまにも合わせやすいスープなので一品加えてみてはいかがでしょうか。

もやしやにんじん、キャベツを付け合わせて栄養たっぷりにしていきましょう。

また少し辛味が欲しいときはラー油を足していくのもおすすめですよ。食べ終わる頃には体もポカポカしていることでしょう。

さんまの献立で付け合わせをもう一品☆まとめ

身がふっくらしているさんまは考えるだけでもよだれが出てきそうですよね。毎日でも食べたいくらいなのですが、実際に作るとしたら月に2〜3回くらい登場するのではないでしょうか。

ここで紹介したレシピはもう一品何か欲しいときに役立つものばかりなので、ぜひさんまと一緒に合わせてみてください。付け合わせをいろいろ組み合わせて美味しい献立にしていきましょう!

元記事で読む