1. トップ
  2. インテリア
  3. こたつは和室以外でも置ける!洋風MIXで楽しむこたつの実例集

こたつは和室以外でも置ける!洋風MIXで楽しむこたつの実例集

  • 2020.1.14
  • 6148 views

こたつは和室以外でも置ける!

冬のあったかアイテムのこたつ。リビングに置きたいけど、我が家のインテリアにはマッチしないからと諦めていたり、おしゃれというよりはどこか庶民的なイメージがありませんか?

でも実は、こたつ布団や天板に工夫することで、うまく今のインテリアと調和してくれてぐっとおしゃれに見えるんです!

インテリアのテイスト別にまとめましたのでぜひ参考にしてみて下さい☆

モダンテイスト×こたつ

ブラックコーディネート

布団をブラックにすると、お部屋が引き締まってクールな印象になりますね。

天板は白っぽい色合いにしているので、コントラストがはっきりしていてスタイリッシュな雰囲気です。

こちらもホワイトの天板とブラックのこたつ布団のコーデネート。

モダンなインテリアにもバッチリはまっています。ガーランドや柄のデザインなど、大人っぽ過ぎずポップな印象です。

ホワイトコーディネート

ホワイト系でまとめたこたつは清潔感がありますね。

モロッカン柄のエキゾチックなデザインの布団も品格があってモダンなインテリアにもマッチしています。

グレーコーディネート

こちらはグレーのこたつ布団。ふんわりした素材で統一していて、暖かそうです。

冬の素材を選ぶことで、モダンインテリアでも寒々しく見えません。窓側に配置しているのも明るく見えて良いですね。

ホワイトレンガのアクセントクロスとモノトーンのこたつがマッチしています。

白とグレーの組み合わせで、モノトーンでも優しい雰囲気になっています。

北欧テイスト

木の家具は北欧テイストにピッタリのアイテム。こたつも木のナチュラルな色味なので景色に溶け込んで違和感を感じさせません。

丸いこたつの天板は優しい雰囲気になりますね。チェックのこたつ布団がアクセントになっています。

木の座椅子は和のテイストなのに、不思議と北欧テイストにも馴染みます。

シンプルテイスト

シンプルなテイストのリビングの真ん中にこたつが置かれています。

ソファや無印のクッションなども置かれていて、家族団欒しながらくつろげそうなリビングですね。

ダークトーンでまとめたリビングに、こたつも落ち着いた色合いで統一しています。

木の色をテレビボードと天板で統一するとまとまってこなれた印象になりますよ。

男前テイスト

男前のリビングにもこたつがマッチしています。天板は古材のようなシャビーな雰囲気にしていて、かっこいいですよね。

こたつ布団をなくしてローテーブルとしても使えそう。お部屋のインテリアとして効果的です。

ダイニングテーブルと色合いを合わせていて、統一感がありますね。骨董のような雰囲気もあって、おしゃれなのにくつろげそうな雰囲気です。

ブルックリンテイスト

レンガのアクセントクロスに、こたつや座椅子などの和のアイテムが見事に調和しています。

フレンチシックなテイストもあり、可愛らしい雰囲気になっていますね。

ブルックリンテイストのボードやガーランドなど雑貨がセンス良く飾られたリビング。

デニムのこたつ布団がホワイトのレンガのクロスともマッチしていますね。

海外風テイスト

こちらは白黒ボーダーにピンクのクッションとナチュラルな木の天板と、モノトーンでも可愛らしく温かみのある雰囲気です。

モノトーンにベビーピンクの差し色で、ぐっと海外インテリアの雰囲気になりますよ。

こちらはリビングの色んな場所にグリーンが置かれていて、清々しい雰囲気です。

こたつの天板も木の板目模様がアクセントになっていて、不思議と個性的なインテリアに馴染んでいますよね。

こたつをカジュアルに取り入れよう

こたつは家族みんながくつろげるアイテム。生活感が出てしまうからと諦めずに、おしゃれに取り入れてみてはいかがでしょうか。

きっと家族団欒の時間が増えること間違いなしなのではないでしょうか。

元記事で読む