1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「今年は結婚したい」そんなあなたがまずすべき3つのこと

「今年は結婚したい」そんなあなたがまずすべき3つのこと

  • 2020.1.15
  • 16541 views

2020年を迎え、「今年こそ結婚するぞ」と決意を新たにした方もいることでしょう。とはいえ、結婚するためにはまず何をすればいいのでしょうか。今回は、結婚を叶えるためにまずすべき3つのことをお伝えします。

2020年、1月ももう半分が過ぎようとしています。

年賀状で、しばらく会っていなかった友人の幸せな報告を受けた方。兄弟姉妹から遠慮がちな「結婚するよ」という連絡を受けた方……。結婚する年齢も、タイミングも自分自身で決めていいことなのに、周囲からの報告にどこか寂しさやいらぬプレッシャーを感じた瞬間もあったかもしれません。そんな中、「今年は結婚したい!」と決意を新たにした方もいらっしゃるでしょう。

ところが、日常に戻ると去年と変わらない日々が続き、あっという間に半月が過ぎています。

「2020年に結婚するには、何をしたら良いの?」「まずは、何から始めるの?」

そこで立ち止まっているあなたに、「婚活の道しるべ」をお渡しします。ぜひ最後までお付き合いください。

■結婚するためには、行動を変えなければいけない

婚活を始める前に、まず、このマインドを手に入れてください。

「今までと違うことをしなければならない」

「これまでの人生で結婚していない」ということは、「これまでと同じことをしていたら結婚できない」ということです。でも、これを本当に理解している人は少ないです。

今までと同じ環境で、同じ行動をし、同じ言葉を発したままで、結果だけを変えようとする。これが、あなたが変わることができない(結婚することができない)大きな理由です。

それでは、どうすればあなたは結婚できるのでしょうか?

具体的な3つの方法をお話しします。

1.半ば「強制的」に婚活できる環境を作る

人は、できれば楽をしたい生き物です。そして、めんどくさがり。「ダイエットをしよう」と思っても、美味しいものが目の前にあれば「一口だけ」「明日からやればいいか」とついつい自分に甘くなってしまいます。これだから、今までと何も変わらないのです。

何かを本気で変えたいならば、「マンツーマン」であなたをサポートしてくれる環境をつくること。「ちょっと婚活をサボりたいな」「疲れてきたから休みたいな」そう思ったときでも、「コツコツと続けていこう!」「落ち込んでばかりいないで、気持ちを切り替えよう!」と励まし、前進させてくれるような人を見つけることです。

それは、プロの仲人でも良いし、応援してくれる友人でも構いません。とにかく、自分以外の誰かに客観的に見てもらい、「今まで通り」の思考に戻されるのを止めてもらう環境を作りましょう。

2.「いま、結婚したい!」と思っている男性がいるところに、自分を連れていく

当然ですが、結婚はひとりではできません。相手が必要です。ですので、「男性に会う」チャンスをこれまで以上に増やす必要があります。それも、誰でも良いわけではありません。「今年、結婚したいと思っている男性」に会うこと。

「合コンだ~」と思って行ってみたら、「彼女は欲しいけれど、結婚はまだ考えられない」という男性ばかりだったり、「アプリでもやってみようか」と始めたら既婚者ばかりだったり。

そんな無駄な時間を過ごしているうちに、あっという間に年末になってしまいます。
そして「今年も結婚できなかった……」と嘆くことに。

そうならないように、「いま本気で結婚を考えている」男性と会える場所にあなたが行きましょう。一歩踏み出すことが何よりも大事です。

3.あなたが想う「理想の結婚」を叶えている人と、一分でも長く一緒にいる

ビジネスでもそうですが、成功したいのであれば、「既にそれを叶えている人」を見つけて近くにいることです。その人は、あなたが今まで持っていなかった「考え方」「行動」をしているはずです。それを見つけて、あなたの人生に取り入れてください。

こんなことを書くとご批判を浴びそうですが、独身の女性とばかり行動し、「そろそろ結婚したいよね~」「そうよね~」と言い合っているだけではまったく何も変わらないと断言します。ぜひ、あなたの付き合う女性も変えてみてください。

このコラムをお読みいただいて、「そうか、わかった」「なるほどね」と感じてくださったあなた。ところが、実行してくださる方は、ほんの数パーセントしかいないことも知っています。それくらい、実際に行動することは億劫ですし、勇気が必要です。でも、それを超えた人が幸せになる姿をたくさん見てきました。

「結婚したい」と強く希望するあなたには、ぜひ2020年の年末を、素敵なパートナーと一緒に迎えていただきたいです。
頑張ってください。応援しています。

元記事で読む