1. トップ
  2. 恋愛
  3. 1月後半の占い|15日夜は発言に注意!下心がミエミエに…【真木あかりのボイドタイムカレンダー】

1月後半の占い|15日夜は発言に注意!下心がミエミエに…【真木あかりのボイドタイムカレンダー】

  • 2020.1.14
  • 31650 views

WEBや女性誌で人気上昇中の占い師・真木あかりさんによる「惑星カレンダー」では、 惑星の動きを占星学的に読み解きます。

今回は、1月後半のボイドタイムカレンダーをお届けします。

◎ボイドタイムとは?

ホロスコープの上を、月が次の星座へと移動する際に一定のルールに従って、月のパワーが発揮されない時間があります。それが、ボイドタイムなのです。

この間は、いつもの自分をちょっぴり発揮しにくいこともありますが、心配のしすぎも良くありません。ボイドタイムは、あらかじめ知っておいて予定に活かす、というのがバランスの良い使い方です。

・重要な契約や約束は、ボイドタイムを避けて予定を立てる。

・いざボイドタイムになったら「そういう時間」と思って、心を整えて慎重に行動する。

といったくらいで、ゆったりまいりましょう。

■2020年1月後半のボイドタイム

◎1月15日 21:13~1月16日 00:44

夜遅めの時間にスタートする短いボイド。特に心配の必要はないでしょう。ただし人におもねる発言は下心ミエミエと受け取られてしまうかも。誰かと一緒にいる場合は少しだけ気に留めておいてはいかがでしょうか。

◎1月17日 22:00~1月18日 3:22

こちらも夜遅めの時間からのボイド。特に問題はないかと思いますが、他人からよく見られるために自分を偽る傾向にある時間帯ではあります。金曜で飲み会や合コンなどに参加する場合、人によっては相手に気に入られようと頑張りすぎてしまうかもしれませんね。相手の心をおもんぱかるやさしい気持ちはあっても、自分らしくない姿に好感を持ってもらっても嬉しくはないはず。素の自分でいけるといいですね。

◎1月20日 6:23~1月20日 7:42

朝方の短いボイド。若干ネガティブになりやすい時間帯ですが、さほど心配はないでしょう。ボイドタイムだからって全部こわがらなくても大丈夫です。気持ちが明るくなるような朝ごはんを食べたり、お気に入りの曲を聴いたり、好きな香水をつけたりしてゴキゲンに過ごしましょう。

◎1月21日 13:47~1月22日 14:01

ちょっぴり感情的になりやすいタイミング。思ってもみないことを言ってしまったり、テンションのアップダウンで周囲を振り回したりしないように、少しだけ気をつけましょう。我慢ばかりでストレスがたまっているなら、10分でも15分でもいいので思いっきり好きなことをしてみるといいですね。生産性があるわけではない、ムダなことこそが癒やしになると思います。

◎1月24日 11:10~1月24日 22:22

人間関係の難しさにイライラ。「距離を置けばいい」とわかってはいても、あなたの中のマジメさや、やさしさが「我慢できない自分が悪いのだろうか」「心が狭すぎるのでは」と自分を責めるほうに向かってしまいそう。そんなことはありません。自分を攻撃するよりも、まずは守るほうを考えましょう。

◎1月26日 4:08~1月27日 8:45

ついつい奇をてらうようなことをしがちに。自分らしさを発揮するのは大切ですが、「ウケ」や「映え」ばかりを気にしていると大事なことを見失いそう。周囲からも浮いてしまう可能性が高いし、あなた本来の魅力を上手に出していったほうが何倍もステキと思われるのではないかと思います。ウケるのって、嬉しいですけれどもね。

◎1月29日 10:10~1月29日 20:52

人のことに気を取られて自分のことがまるで進まない星回り。ハッと気づいたら夜!なんて状態で慌ててしまうかも。仕事でたくさんの人をサポートしていたり、子育てや介護に一生懸命だったりする人も多いかと思います。頑張っていらっしゃいますね。簡単には放り出せないものを抱えている責任というものは、どれだけ重くのしかかっていることでしょうか。そうした場合、今日はできるだけ自分の予定を入れず、人のことに徹するのもいい選択になるかもしれません。後回しにした予定は誰かが替わってくれるわけではないにせよ、進みやすいときを選んで進めるのは、占いの健康的な使い方であろうと思います。

>>次回もお楽しみに
2月前半のボイドタイムカレンダー(1月31日更新)

**********************

プロフィール

真木あかり

占い師。大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道へ。四柱推命を中心に、占星術や九星気学、タロットカードなどを用いて鑑定・執筆を行う。『悪魔の誕生日事典』(宝島社)をはじめ著書、連載多数。

Twitter

ブログ

instagram

元記事で読む