1. トップ
  2. レシピ
  3. 【バルサミコ酢】の使い方。絶品レシピ15選!

【バルサミコ酢】の使い方。絶品レシピ15選!

  • 2020.1.15
  • 5151 views

「バルサミコ酢」と聞くと、家庭ではあまり馴染みがない調味料と思われる方も多いかと思いますが、実はいろいろなメニューに活用できる万能な調味料なのです。

サラダのドレッシングとしてはもちろん、豚肉や鶏肉のソースとしてもおすすめです。また、はちみつとの相性がとても良いので、合わせて使うことでフルーティーな酸味を存分に楽しむことができますよ。

今回は、バルサミコ酢を使ったレシピを幅広くご紹介します。豊かな風味がいつものメニューをランクアップさせてくれますよ。ぜひお試しくださいね!

和えるだけ!簡単バルサミコサラダ

材料 (2人前)
  • ブロッコリー (50g)
  • お湯 (茹でる用) (500ml)
  • 塩 (茹でる用) (小さじ1)
  • 冷水 (適量)
  • 黄パプリカ (50g)
  • ①オリーブオイル (小さじ1)
  • ①バルサミコ酢 (小さじ1)
  • ①はちみつ (小さじ1)
  • ①塩 (小さじ1/4)
  • ①白こしょう (少々)
手順
  1. 黄パプリカはヘタと種を取り除いておきます。
  2. ブロッコリーは一口大に切り分けます。黄パプリカは薄切りにします。
  3. 沸騰したお湯に塩、ブロッコリーを加えて中火で5分程茹で、柔らかくなったら冷水に取ります。
  4. ボウルに①を入れて混ぜ合わせます。
  5. 3に水気を切った2、1のパプリカを加えてよく和えます。
  6. 器に盛り付けて完成です。

まずはじめにご紹介するのは、和えるだけの簡単サラダです。 ブロッコリーとパプリカを使っているので、彩りもよく、一品で食卓を明るくしてくれますよ!はちみつとバルサミコ酢で作るドレッシングはコクのある酸味で、クセになる味わい。

undefined

ブロッコリーは茹でるときに塩を入れることで、綺麗な緑色に茹であがりますよ。また、ドレッシングと和える前にキッチンペーパーなどで軽く水分を拭き取ると、水っぽくなるのを防げます。芯の部分もおいしいので、捨てずに活用してくださいね!

華やかないちごと水菜のフルーツサラダ

材料 (2人前)
  • いちご (60g) (4個)
  • 水菜 (80g)
  • ①バルサミコ酢 (大さじ1)
  • ①オリーブオイル (大さじ2)
  • ①はちみつ (小さじ1/2)
  • ①塩 (小さじ1/4)
  • カッテージチーズ (30g)
手順
  1. イチゴは1cmの角切りにします。
  2. 水菜は根元を切り落として、5cm幅に切ります。
  3. ボウルに①を入れ、よく混ぜ合わせます。
  4. お皿に2を盛り、1とカッテージチーズを乗せ、3を上からかけたら完成です。

続いてご紹介するのは、いちごと水菜のフルーツサラダです。 ドレッシングは、バルサミコ酢とはちみつ、塩、オリーブオイルを混ぜ合わせるだけなので、とても簡単!いちごの甘酸っぱさとバルサミコ酢の風味がよく合う一品です。彩りもよく、見た目も華やかなので、おもてなしやパーティーメニューとしてもおすすめですよ。

undefined

仕上げにはカッテージチーズをトッピングしました。ほのかな酸味がアクセントになり、全体をまとめてくれますよ。

お箸が止まらない!ツナと水菜のチーズサラダ

材料 (2人前)
  • 水菜 (70g)
  • ツナ油漬け (70g)
  • プチモッツァレラチーズ (計60g) (10個)
  • カッテージチーズ (30g)

ドレッシング

  • オリーブオイル (大さじ2)
  • バルサミコ酢 (大さじ1)
  • 砂糖 (小さじ1/2)
  • 塩 (小さじ1/4)
  • 黒こしょう (小さじ1/4)
  • ピンクペッパー (適量)
手順
  1. 水菜はよく洗い、根元を切り落としておきます。 ツナ油漬けは油を切っておきます。
  2. 水菜を4cm幅に切ります。
  3. ボウルにドレッシングの材料を混ぜ合わせます。
  4. 1、ツナ油漬け、プチモッツァレラチーズ、カッテージチーズを入れ、よく和えます。
  5. お皿に盛り付け、ピンクペッパーを飾って完成です。

続いてご紹介するのは、水菜とツナのチーズサラダです。ドレッシングに使っているバルサミコ酢とたっぷりのチーズが相性抜群の一品。今回は、モッツァレラチーズとカッテージチーズを使用していますが、クリームチーズやパルメザンチーズでもおいしくお召し上がりいただけますよ!和えるだけの絶品簡単サラダをぜひお試しくださいね。

undefined

今回はツナの油漬けを使用していますが、さっぱりとお召し上がりになりたい場合は、水煮タイプを使用することをおすすめします。また、スモークサーモンや生ハムを使ってもおいしいですよ。おもてなしにもおすすめです。

彩り野菜の華やかサラダ!

材料 (2人前)
  • ラディッシュ (3本)
  • きゅうり (1/2本)
  • 赤パプリカ (1/2個)
  • 黄パプリカ (1/2個)

バルサミコドレッシング

  • バルサミコ酢 (大さじ1)
  • オリーブオイル (大さじ1)
  • はちみつ (小さじ1)
  • レモン汁 (小さじ1/2)
  • 塩 (小さじ1/4)
  • チャービル (適量)
手順
  1. 赤パプリカと黄パプリカはヘタと種を取り除いておきます。きゅうりはヘタを切り落としておきます。ラディッシュは葉を切り落としておきます。
  2. きゅうりとラディッシュは薄切りにします。
  3. 赤パプリカと黄パプリカは1cm角に切り、ボウルに入れて混ぜ合わせます。
  4. 別のボウルにバルサミコドレッシングの材料を入れて混ぜ合わせます。
  5. お皿に1を交互に盛り付け、中央に2を乗せます。
  6. チャービルを乗せて、3をかけたら完成です。

続いてご紹介するのは、彩り豊かで華やかなサラダです。ラディッシュやパプリカなどの野菜を綺麗に盛り付けているので、パーティーメニューやおもてなしメニューとしても喜ばれる一品です。バルサミコ酢の爽やかな酸味とはちみつの程よい甘さが相性抜群で、やみつきになる味わいですよ。

undefined

今回は、2色のパプリカをサイコロ状にカットして使用していますが、トマトやアボカドでもおいしくお召し上がりいただけますよ。お好みの野菜を使って、オリジナルのアレンジを楽しんでくださいね!

クセになる味わい!オイルサーディンのサラダ

材料 (2人前)
  • オイルサーディン (オイルも含む) (120g)
  • トマト (1個)
  • 玉ねぎ (1/4個)
  • バジル (10g)

ドレッシング

  • バルサミコ酢 (大さじ1.5)
  • オリーブオイル (大さじ1/2)
  • しょうゆ (小さじ1)
  • 砂糖 (小さじ1/2)
  • すりおろしニンニク (小さじ1/2)
  • ハーブソルト (少々)
  • 黒こしょう (少々)
手順
  1. 玉ねぎは粗みじん切りにします。水を張ったボウルに玉ねぎを入れ、10分程さらします。その後水気をしっかりと切ります。
  2. トマトはヘタを取り1cm角の角切りにします。バジルは細かくちぎります。
  3. ドレッシングを作ります。ボウルにドレッシングの調味料を入れ、しっかりと混ぜ合わせます。
  4. 2に1とオイルサーディンを油ごと入れ全体に混ざるように和えます。
  5. お皿に盛り付けて黒こしょうをかけて完成です。

続いてご紹介するのは、オイルサーディンを使った絶品サラダです。オイルサーディンをオイルごと使うことで、独特の風味がクセになる一品。バルサミコ酢のフルーティーな酸味と具材が絡まり、お店のような味わいが楽しめます。

undefined

他の野菜やマッシュルームを入れてアレンジしてもおいしいですよ。お好きな具材を組み合わせて楽しんでくださいね。

香ばしい香り!グリル野菜のサラダ

材料 (2人前)
  • かぼちゃ (100g)
  • レンコン (100g)
  • ブラウンマッシュルーム (4個)
  • アーモンド (ローストしたもの) (10g)
  • オリーブオイル (焼く用) (大さじ1)

ドレッシング

  • オリーブオイル (大さじ2)
  • バルサミコ酢 (大さじ1)
  • マスタード (粒) (小さじ2)
  • はちみつ (小さじ1)
  • 塩 (少々)
  • 黒こしょう (少々)
手順
  1. マッシュルームは汚れをキッチンペーパーなどで拭き取っておきます。
  2. かぼちゃは皮付きのまま1cm幅に切ります。レンコンは皮をむき1cm幅の半月切りにし、ブラウンマッシュルームは半分に切ります。アーモンドは粗めに刻みます。
  3. ボウルにドレッシングの材料を入れて、よく混ぜ合わせます。
  4. 熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、表面に焼き色がつくまで1を中火で焼きます。
  5. お皿にグリルした野菜を盛りアーモンドをトッピングしたら、ドレッシングをかけて完成です。

続いてご紹介するのは、グリル野菜が香ばしいバルサミコドレッシングのサラダです。今回は、かぼちゃやレンコンなど歯ごたえのある野菜を使用しているため、ボリュームのあるサラダに仕上がっています。ドレッシングは、奥深い酸味のバルサミコ酢と爽やかな絡みのマスタード、コクのある甘みのはちみつが絡み合い、なんとも言えないおいしさですよ。

undefined

レンコンは、カットしたあとすぐに水にさらすことをおすすめします。カットしたあとのレンコンは色が変わりやすくなっているため、水にさらしてアク抜きをすることで変色を防ぐことができ、きれいに仕上がります。ひと手間でよりおいしく仕上がりますので、ぜひ実践してみてくださいね!

ボリューム満点!豚肉のバルサミコ酢炒め

材料 (2人前)
  • 豚スペアリブ (250g)
  • 塩こしょう (適量)
  • 片栗粉 (大さじ1)
  • 芽キャベツ (計100g) (4個)
  • ミニトマト (6個)
  • すりおろしニンニク (小さじ1)
  • 水 (100ml)
  • ①バルサミコ酢 (大さじ1)
  • ①はちみつ (大さじ1)
  • ①しょうゆ (小さじ1)
  • オリーブオイル (大さじ1)
手順
  1. ミニトマトは、ヘタを取っておきます。
  2. 芽キャベツ、ミニトマトは、半分に切ります。
  3. 豚スペアリブは、塩こしょうをふり、全体に片栗粉をまぶします。
  4. 中火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき、すりおろしニンニク、2を入れ、豚スペアリブに焼き色がつくまで焼きます。
  5. 余分な油を拭き取り、1、水を加え、蓋をして中火で3分煮ます。豚スペアリブを裏返し、再び蓋をして中火で3分煮ます。
  6. 豚スペアリブに火が通ったら①を入れ、中火で3分程加熱します。全体に味がなじんだら、火から下ろします。
  7. 器に盛り付けたら完成です。

次にご紹介するのは、ボリューム満点の豚スペアリブを使ったバルサミコ酢炒めです。食べごたえがあるので、メインディッシュにぴったり!バルサミコ酢とはちみつの甘酸っぱいタレが食欲をそそる一品です。

undefined

今回は、調味料を事前に合わせることなくフライパンに直接入れて炒めていますが、調味料のみ別のフライパンで煮詰めて、つけダレにしてもおいしいですよ!豚肉だけでなく、鶏肉や牛肉、魚介類と合わせてもおいしくお召し上がりいただけます。

トロッと絶品!スペアリブのバルサミコ酢煮込み

材料 (2人前)
  • 豚スペアリブ (400g)
  • 塩 (ふたつまみ)
  • 黒こしょう (ふたつまみ)
  • 玉ねぎ (1/2個)

ソース

  • 水 (120ml)
  • バルサミコ酢 (50ml)
  • しょうゆ (50ml)
  • はちみつ (大さじ2)
  • すりおろしニンニク (小さじ1/2)
  • すりおろし生姜 (小さじ1/2)
  • 黒こしょう (ふたつまみ)
  • ベビーリーフ (20g)
手順
  1. 玉ねぎは薄切りにします。
  2. 豚スペアリブに塩、黒こしょうをふります。
  3. フライパンを中火で熱し、2を入れ、表面に焼き色が付くまで焼き、火から下ろします。
  4. 鍋に3、1、ソースの材料を入れて蓋をし、中火で40分程煮込みます。蓋を外して10分程加熱し、汁気を飛ばします。
  5. 豚スペアリブに火が通ったら器に盛り付け、ベビーリーフを添えて完成です。

続いてご紹介するのは、スペアリブのバルサミコ酢煮込みです。スペアリブと聞くと、なかなか調理が難しいように感じる方もいらっしゃるかと思いますが、こちらのレシピは調理工程もとてもシンプル!簡単においしいスペアリブを作ることができます。バルサミコ酢で煮込むことで味に深みが出て、お店で食べるような味わいになりますよ。

undefined

煮込む前に豚肉をフライパンで焼き付ける工程は、お肉の旨みを閉じ込めるために必須の工程です!お肉をそのまま煮込むとお肉の旨みが溶け出してしまうので、一度焼き付けてから煮込むことをおすすめします。また、お肉の煮崩れも防ぐことできますよ!

簡単絶品!洋風しょうが焼き

材料 (2人前)
  • 豚ロース (生姜焼き用) (300g)
  • 玉ねぎ (1/4個)
  • エリンギ (60g)
  • 生姜 (20g)
  • ①しょうゆ (大さじ2)
  • ①はちみつ (大さじ1)
  • ①バルサミコ酢 (大さじ1)
  • 赤ワイン (大さじ1)
  • オリーブオイル (小さじ1)
  • キャベツ (千切り) (20g)
  • ミニトマト (4個)
手順
  1. 生姜は皮を剥いておきます。 ミニトマトはヘタを取って、半分に切っておきます。
  2. 玉ねぎは薄切りにします。
  3. エリンギは縦半分に切り、5mm幅に切ります。さらに長さ半分に切ります。
  4. 生姜はすりおろします。
  5. ボウルに①と3を入れて混ぜ合わせます。
  6. 中火で熱したフライパンにオリーブオイルと1を入れ、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。
  7. 豚ロースと赤ワインを入れて中火で焼き、アルコールが飛んだら2と4を入れて炒め、全体に火が通り味がなじんだら火を止めます。
  8. お皿にキャベツとミニトマト、6を盛り付けて完成です。

続いてご紹介するのは、バルサミコ酢を使った洋風のしょうが焼きです。調理工程がシンプルで簡単に作れるにも関わらず、バルサミコ酢の奥深い味わいによって、いつものしょうが焼きが激変しますよ!

undefined

このレシピでは、赤ワインを使ってしょうが焼きを作っています。赤ワインを入れることで濃厚なコクが出て、豚肉特有の臭みを和らげることができます。ない場合は料理酒でも代用できますよ。ぜひ実践してくださいね!

決め手はソース!大満足のポークソテー!

材料 (2人前)
  • 豚肩ロース (ブロック) (300g)
  • 塩こしょう (少々)
  • 有塩バター (10g)
  • ホワイトマッシュルーム (6個)

ソース

  • バルサミコ酢 (大さじ2)
  • 砂糖 (小さじ1/2)
  • 有塩バター (10g)
  • 塩こしょう (適量)
  • チャービル (適量)
手順
  1. 豚肩ロースは冷蔵庫から出し、常温に戻しておきます。
  2. 豚肩ロースに塩こしょうをします。
  3. フライパンを中火にかけ、有塩バターをいれて溶けたら1を入れます。3分程度焼き、しっかり焼き色がついたら裏返して3分程度焼き、肉を傾けて側面にも焼き色をつけます。
  4. 2をフライパンから取り出し、アルミホイルに包んで温かい場所で15分程度休ませます。
  5. 再びフライパンに入れて中火にかけ、蓋をして5分程度、途中で肉の向きを変えながら焼きます。
  6. 火を止めてフライパンから取り出し、再びアルミホイルに包んで温かいところで15分程度休ませます。
  7. マッシュルームの石づきをとり、4等分に切ります。
  8. 5のフライパンに6を入れて炒めます。ソースの材料を加えます。塩こしょうで味を調えて、とろみがついたらソースは完成です。
  9. 5を一口大に切ります。
  10. お皿に7、8を盛り、チャービルを飾って、出来上がりです。

続いてご紹介するのは、ボリューム満点のポークソテーです。豚ロースのブロック肉を豪快にソテーし、バルサミコソースを添えた大満足の一品。マッシュルームがお肉の旨みを吸っているので、旨みを逃がすことなく楽しめます。バルサミコ酢を使った濃厚ソースは、優しい酸味と奥行きのある味わいがクセになりますよ!有塩バターは焦げやすいので、注意しながら加熱してくださいね。

undefined

しっとりと柔らかな仕上がりにするために豚ロースのブロック肉をアルミホイルで包み休ませます。アルミホイルで包むことにより余熱でじっくりと火が入るため、しっとりとした仕上がりになりますよ。

コクのある一品!洋風つくね

材料 (2人前)
  • 豚ひき肉 (250g)
  • 玉ねぎ (40g)
  • クリームチーズ (40g)
  • ①片栗粉 (大さじ1)
  • ①塩こしょう (小さじ1/4)

バルサミコソース

  • バルサミコ酢 (大さじ1)
  • 赤ワイン (小さじ1)
  • しょうゆ (小さじ1)
  • はちみつ (小さじ1)
  • 有塩バター (10g)
  • イタリアンパセリ (適量)
手順
  1. 玉ねぎは、みじん切りにします。
  2. クリームチーズは、2等分に切ります。
  3. ボウルに、豚ひき肉、1、①を入れ粘りが出るまで捏ねます。4等分にし、2を包み丸く成形します。
  4. 中火に熱したフライパンに有塩バターを溶かし、3を中火で両面5分ずつ焼きます。
  5. 焼き色が付いたら、バルサミコソースの材料を入れ、汁気がなくなるまで中火で煮ます。
  6. 器に盛り付け、イタリアンパセリをのせたら完成です。

続いてご紹介するのは、豚ひき肉を使った洋風つくねです。つくねの中に包んだクリームチーズと、バルサミコ酢を使った濃厚なソースが相性抜群の一品!豚ひき肉の旨みとバルサミコソースのフルーティーな酸味がよく合います。お弁当のおかずやお酒のお供としてもおすすめですよ!

undefined

ふんわりとした食感に仕上げたいときは、水切りした絹ごし豆腐を肉ダネに混ぜ込むことをおすすめします。豆腐を入れることで、ふんわりと優しい食感になりますよ。お肉の量が足りないときなどにも使えます!

リピート確定!バルサミコソースのチキンソテー

材料 (2人前)
  • 鶏もも肉 (1枚)
  • 塩こしょう (適量)
  • ニンニク (1片)
  • 有塩バター (10g)
  • ①バルサミコ酢 (大さじ3)
  • ①醤油 (大さじ2)
  • ①はちみつ (大さじ3)
  • ①酒 (大さじ2)
  • ①みりん (小さじ1)

盛りつけ

  • ベビーコーン (適量)
  • マッシュルーム (適量)
  • ラディッシュ (適量)
  • カラートマト (適量)
手順
  1. 有塩バターを熱して中火で鶏もも肉を焼きます。
  2. 両面に火が通ったら、混ぜ合わせた①を注いで煮詰めます。
  3. 盛りつけの野菜を有塩バターとオリーブオイルで加熱します。
  4. 盛りつけて完成です。

続いてご紹介するのは、にんにくたっぷりのバルサミコソースを絡めたチキンソテーです。有塩バターでソテーして鶏肉の旨みを閉じ込め、バルサミコ酢を使った濃厚ソースで煮詰めることで、ジューシーな鶏肉とにんにくの効いたソースが絡み、食欲をそそる一品です。おもてなしにも喜ばれること間違いなしですよ。

undefined

鶏肉は皮目から焼き付けることでパリッとジューシーに仕上がります。強火で焼き付けると、身が固くなり中まで火が通りにくくなりますので、火加減には注意してくださいね。

オレンジが決め手!ローストチキンサラダ

材料 (2人前)
  • 鶏もも肉 (300g)
  • ハーブソルト (小さじ1/2)
  • 黒こしょう (ふたつまみ)
  • オレンジ (1個)
  • バルサミコ酢 (70ml)
  • オリーブオイル (小さじ1)
  • ベビーリーフ (40g)
  • くるみ (30g)
手順
  1. ベビーリーフはよく洗い水気を切っておきます。
  2. 鶏もも肉を開いて厚みを均等にし、両面に塩と黒こしょうを振ります。
  3. 中火でフライパンを熱し、オリーブオイルをひいて1の鶏もも肉を皮の面から焼きます。
  4. 2に焼き色がつき、皮がパリッとしてきたら裏返して蓋をし、中火で全体に火が通るまで焼きます。
  5. オレンジの皮をむき小房から実を切り出します。
  6. バルサミコ酢を小鍋にいれ弱火にかけ、とろみが出るまで煮つめます。
  7. 3を食べやすい大きさに切ります。
  8. ベビーリーフをお皿に盛りつけ、6と4を盛り付けます。
  9. くるみを手で砕きながら7に散らし、5をかけて完成です。

続いてご紹介するのは、オレンジをたっぷりと使ったローストチキンサラダです。ソースは、バルサミコ酢をメインに塩胡椒で味を整えたシンプルなものですが、バルサミコ酢のコクと酸味がオレンジにマッチしてお店で食べるような味わいに。

undefined

鶏もも肉は、脂や筋が多い部位なので、余分な脂や筋を事前に取り除いて処理することで、仕上がりに違いが出ます。必ず必要な工程ではないですが、時間があるときは丁寧に処理をしてみると仕上がりに差が出ますよ。ぜひ実践してみてくださいね。

ホクホクさつまいもと鶏肉のハニーマスタード焼き

材料 (2人前)
  • 鶏もも肉 (200g)
  • さつまいも (1/2本) (150g)
  • 水 (さらす用) (適量)
  • ①マスタード (粒) (大さじ1)
  • ①はちみつ (大さじ1)
  • ①バルサミコ酢 (小さじ1)
  • 塩こしょう (少々)
  • オリーブオイル (小さじ1.5)
手順
  1. さつまいもはよく洗っておきます。
  2. さつまいもを5mm幅程度の半月切りにし、水にさらします。
  3. 鶏もも肉を一口大に切ります。
  4. ①を混ぜます。
  5. 中火に熱したフライパンにオリーブオイルをひき、水切りした1を両面火が通るまで焼きます。
  6. 2も加え全体に焼き色がつくまで中火で焼き塩こしょうをし、3を絡めます。
  7. お皿に盛り付けて完成です。

続いてご紹介するのは、さつまいもと鶏もも肉のハニーマスタード焼きです。甘くてホクホクとしたさつまいもとジューシーな鶏肉を、バルサミコ酢を使ったハニーマスタードソースでいただく一品。マスタードのほのかな辛味とはちみつのこっくりとした甘み、フルーティーな酸味のバルサミコ酢が混ざって絶品です。

undefined

カットしたさつまいもを水にさらすことでアク抜きをします。アク抜きを行うことで、変色を防ぐことができるだけでなく、味を効率よく染み込ませることにも繋がります。

おもてなしにも!バルサミコ酢鶏

材料 (2人前)
  • 鶏むね肉 (200g)
  • 塩こしょう (ふたつまみ)
  • 片栗粉 (大さじ2)
  • ナス (1本)
  • 玉ねぎ (1/2個)
  • ピーマン (1個)
  • にんじん (1/2本)
  • すりおろし生姜 (小さじ1)
  • ①バルサミコ酢 (大さじ2.5)
  • ①砂糖 (大さじ2)
  • ①しょうゆ (大さじ1)
  • ①鶏ガラスープの素 (小さじ1)
  • 水溶き片栗粉 (大さじ1.5)
  • サラダ油 (大さじ2)
手順
  1. 玉ねぎとにんじんは皮を剥いておきます。ピーマンはヘタと種を取り除いておきます。
  2. ナスはヘタを取って乱切りにします。玉ねぎは横半分に切り、さらに一口大に切ります。ピーマンとにんじんは乱切りにします。
  3. 鶏むね肉は一口大にそぎ切りにして塩こしょうで下味をつけ、さらに片栗粉をまぶします。
  4. にんじんは耐熱ボウルに入れてラップをし、600Wの電子レンジで1分程度加熱して軽く水気を取ります。
  5. ボウルに①を入れて混ぜ合わせます。
  6. 中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、すりおろし生姜を炒め、香りが立ったら2を入れて中火で炒めます。
  7. 鶏むね肉の色が変わったら、1と3を加えて中火で炒めます。
  8. にんじんに火が通ったら、4を加えて中火で炒めます。
  9. 全体に味が馴染んだら水溶き片栗粉を回し入れ、全体にとろみがついたら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

最後にご紹介するのは、バルサミコ酢を使った酢鶏です。一般的には豚肉を使いますが、今回は鶏むね肉を使うことで、さっぱりとお召し上がりいただける一品に仕上げました。ピーマンやにんじん、茄子などをたっぷり使った彩りの良い一品なので、おもてなしメニューやパーティーメニューとしてもおすすめですよ。

undefined

鶏むね肉に片栗粉をまぶしてから炒めることで、旨味を閉じ込めてジューシーに仕上がります。片栗粉は茶こしやザルで簡単に振るうことができますので、ぜひ実践してください。

バルサミコ酢でいつものメニューにアレンジを!

バルサミコ酢を使ったレシピはいかがでしたか?買ってみたは良いものの、余らせてしまっているという方も多い「バルサミコ酢」。実は、いろいろなアレンジができる万能な調味料なのです。

ご家庭で使うなら、サラダのドレッシングやお肉のつけダレなど、いつものメニューにちょい足しすることで簡単にレパートリーが増えますよ!クラシルでは他にもバルサミコ酢を使ったレシピをたくさんご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

元記事で読む