1. トップ
  2. 妊婦から厚い信頼!74歳の現役助産師に密着<セブンルール>

妊婦から厚い信頼!74歳の現役助産師に密着<セブンルール>

  • 2020.1.14
  • 16769 views
赤ちゃんをあやす矢島床子さん
(C)カンテレ

1月14日(火)放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30※14日[火]は夜11:20-11:50、フジテレビ系)は、助産師の矢島床子さん(74歳)に密着する。

【写真を見る】生まれたばかりの赤ちゃんを抱く矢島床子さん

東京・国分寺市の住宅街にある「矢島助産院」の院長を務める彼女は、74歳となった今も現役でお産に立ち会っている。助産師として独立して以来、32年間で約5500人の赤ちゃんの誕生を見守り続けてきた。

矢島さんが助産師の道を志したのは、看護学校1年の時。交通事故に遭い、生死の境をさまよったことで、命の大切さを痛感したことがきっかけだという。その後、日本に“ラマーズ法”を広めた助産師・三森孔子(みもりよしこ)さんの下で修業し、三森さんの死後に独立。それ以降、師匠の三森さんから受け継いだ“切らないお産”を守り続けている。

分娩台を使わずに出産

国家資格を持った助産師が出産を手助けする助産院には、自然分娩(ぶんべん)での出産を希望する妊婦が多く集まる。矢島助産院の掲げる出産の考え方は、“大好きな人たちと、好きな場所で、好きな体位で”。

矢島助産院の分娩室は、畳と布団のみ。分娩台を使わず、自由な体勢で出産することができる。さらに、2階には入院施設も完備しており、生まれたばかりの赤ちゃんと数日間、過ごすこともできる。

30年以上、新たな命の誕生に立ち会い続けてきた矢島さんに、親子2代で出産を任せる妊婦も多い。それほどまでに多くの妊婦たちからの信頼を集める彼女の7つのルールとは。そして、74歳の矢島さんが見守る赤ちゃん誕生の瞬間に密着する。

赤ちゃんの誕生シーンに涙

32年間で5500人の赤ちゃん誕生を見守ってきた矢島さんの歩みをVTRで見たスタジオメンバーは、「町ができるレベルの人数」と、驚きを口にする。また、春に第一子が誕生する予定の青木崇高は、新たな命の誕生シーンに思わず感涙。そして、夫としての出産への心構えを明かす。(ザテレビジョン)

元記事で読む