1. トップ
  2. ダイエット
  3. 後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは

後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは

  • 2020.1.13
  • 9425 views

よくある後屈の間違いとは

上半身だけで頑張るとつらいだけのポーズになってしまいがちな「後屈ポーズ」。反ることに一生懸命になると腰だけで曲がって危険。肩もすくんでしまいがちです。上半身と同じくらい下半身にも意識を向けると体幹が働き、快適に胸を開くことができます。

無理して反るのはNG

「体をいっぱい持ちあげなくちゃ!反るのに一生懸命!」でも…腰がつらそうだし、足幅もバラバラ…

後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
photo by IKKEN

コツは、足の甲で真下に押すこと

足の甲を床に向かって真っすぐ押せると、上方向に伸びが伝わり、自然と体は持ち上がる。斜めに押していると力が逃げ、下半身も落ちてしまうので注意。

POINT:くるぶしを寄せ合う意識を持つと◎

足の甲で真下に押して後屈してみよう

1.意識しないと、多くの人はつま先が内に向く。くるぶし同士を寄せ合うと、自然とつま先が真っすぐに。

後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
photo by IKKEN

2.ペアワークができる場合は、両方の足の親指を軽く押さえてもらい、くるぶしを寄せ合うと◎。

後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
photo by IKKEN

つま先は平行に:両脚は腰幅に開き、つま先を平行に。体を持ち上げたら尾骨を足の間にたくし入れ、腰を守る。

後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
photo by IKKEN

ポイント

手の位置を微調整すれば楽に、きれいにポーズがとれる

肩の真下に手をおくことが難しければ、手は少し前に。その位置で強く床を押し、胸を広げる。

目線は自然に上に向けるだけ
「上を見よう」と意識するとあごが上がりやすい。目線は自然に、斜め上を遠く見つめるように。
後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
photo by IKKEN

こんなポーズにも応用できる!

ウシュトラーサナ

足の甲でしっかり床を押して体を引き上げると、胸が開く。

後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
photo by IKKEN
ダヌーラーサナ

足をつかんだ手を、足の甲で強く蹴る。その力で自然と体が弓なりに。

後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
photo by IKKEN

教えてくれたのは…楠原宏子先生
ヨガインストラクター。2009年3月よりアンダーザライト マイソールクラスに通い始め、クランティ氏に師事。アシスタントも務める。現在はアンダーザライト ヨガスクールの養成講座の講師も務める。

モデル…石川 凛さん
雑誌やCM、ドラマなど多方面で活躍中のモデル。陸上や水泳など運動が得意で、2年前よりヨガを始める。現在はティーチャートレーニングを受けながら、ヨガの学びを深めている。

photos by IKKEN
model by Rin Ishikawa
hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
illustration by Misako Nakagawa
text by Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.66掲載

元記事で読む
の記事をもっとみる