1. トップ
  2. レシピ
  3. キンキンに冷えたビールとともに! 今夜は「キャベツ餃子」で乾杯

キンキンに冷えたビールとともに! 今夜は「キャベツ餃子」で乾杯

  • 2020.1.13
  • 924 views
しゃきしゃきした歯ごたえが絶妙なキャベツ入りの餃子。野菜不足も解消!
調理:ウー・ウェン 撮影:澤井秀夫

あんが水っぽくならないよう、キャベツは水分が出なくなるまで、かたく水を絞る

お正月休み中、おせちを食べながら「餃子が食べたい……」と思っていたみなさん! 今日こそ食べましょう、おいしい餃子を! 待ちに待った餃子DAYだからこそ、外はカリッと、中はジューシーな餃子が食べたいもの。その点、「キャベツ餃子」は料理初心者さんが作っても“カリカリ”で“ジューシー”な餃子が作れるレシピなのでご安心を。キンキンに冷えたビールとともに、とびきりおいしい餃子を満喫して!

キャベツ餃子

【材料】(20~25個分)

豚ひき肉 200g、キャベツ 200g、しょうがのみじん切り 1かけ分、餃子の皮 1袋(20~25枚)、とりガラスープの素 小さじ1/3、こしょう、酒、塩、サラダ油、ごま油

【作り方】

1.キャベツはさっとゆでて水にとる。粗いみじん切りにし、水分をしっかり絞る。

あんが水っぽくならないよう、キャベツは水分が出なくなるまで、かたく水を絞る
調理:ウー・ウェン 撮影:澤井秀夫

2.ボウルにひき肉を入れ、こしょう少々、酒大さじ1、しょうがのみじん切り、塩小さじ1/2、スープの素、サラダ油大さじ1/2、ごま油小さじ1を順に加えて菜箸で混ぜ、1も加えて混ぜる。

3.餃子の皮を手のひらにのせて中央に2を小さじ1強をのせ、皮の緑に水をぬり、2つに折り曲げてまん中を留め、左端1/3くらいのところをつまんで留める。中央に向かってひだを2~3回寄せて留め、右端も右端1/3くらいのところを留めて、2~3回ひだを寄せて閉じる。

4.フライパンにサラダ油大さじ1をひき、3を並べ、強火にかける。うすい焼き色がついたら、水3/4カップを注いでふたをし、強火のまま蒸し焼きにする。1度に焼けない場合は、2回に分けて焼く。

うすい焼き色がついたら水を注ぎ、ふたをして強火で蒸し焼きにする
調理:ウー・ウェン 撮影:澤井秀夫

5.じりじり焼ける音がして水分がなくなったらふたを取り、完全に水分がとぶまで焼いて器に盛る。残りも同様に焼き、好みで酢、しょうゆ各適宜を合わせた酢じょうゆを添えても。

(1個分42kcal、塩分0.1g)(レタスクラブニュース)

元記事で読む