1. トップ
  2. ファッション
  3. 白レースのタートルネックシャツ×ニットのちょうどいい甘さスタイル3選

白レースのタートルネックシャツ×ニットのちょうどいい甘さスタイル3選

  • 2020.1.12
  • 2672 views
undefined

レースやリボンなどをあしらった上品な甘さの白ブラウス。インナーづかいすることで、シンプルなニットにも表情や奥行きをもたらし、スタイリングを底上げ。なかでも合わせやすいアイテムを使い、一辺倒になりがちなニット姿をブラッシュアップ!

 SELECT 
今からでも欲しい「こんな白」
そのまま着られるのはもちろん、ニットと重ねたときも「いい味」を出す、そでや首元に特徴のある白を選抜。甘いデザインでも大人っぽくエレガントに着こなせる、少しクラシカルなムードのものがねらい目。

TULLE LACE
「タートル感覚で総レース」
幾度となく紹介してきたタートルのインナーテクを、直球ガーリーなレースに置きかえ。レースならではの繊細さが、ほっこりとしたニットに抜けをもたらすほか、カジュアル度合いも軽減。


チュールレースブラウス 38,000円+税/Billitis dix-sept ans(ビリティス) インナー/スタイリスト私物 適度なフィット感。 デニムパンツ 10,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ ウィメンズ新宿店)

すべてのスタイリングを見る

 STYLING 
「いつものニット」でシミュレーション
右ページで紹介した甘い白を、よく着るニットの首元別に重ねて実践。単調だったシンプルなニットが見違える効能を、たっぷりとお届け!

01.TURTLENECK KNIT
いつもは1枚で着ることが多いタートルネック。首元のゆるいデザインが豊富な今季は、レイヤードも楽しみやすい。品行方正なルックスに、甘いひとクセを投入することでレディに方向づけ。


「わずかにのぞかせたレースのひと手間で高揚感のあるスタイルへと昇華」
やさしいイエローからつなげるように、首元からフリルをチラ見せ。ざっくりとした厚手のニットにもニュアンシーな立体感が生まれ、シンプルながらも凝ったスタイルが完成。


レースブラウスは着まわし。イエローウールカシミヤタートルニット 39,000円+税/SEA(エスストア) ネイビーストライプパンツ 30,000円+税/ENFOLD スニーカー 6,500円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) もとからデザインだったかのようになじませれば、ストレートな甘さもとっつきやすく。

02.CREW NECK KNIT
スタンダードなクルーネックに意表をつく、ガーリーなディテール。優美なインパクトが加わり、陥りがちな「地味すぎ」から脱却。


「ぶかっとしたメンズライクなニットがセンシュアルなレースでレディに見違え」
ボリュームが魅力のビッグサイズのゆるニット。あえて真逆のテイストをいく透けるレースをのぞかせてシャレ感のあるギャップを意識。見た目も軽く、華やかに好転。


レースブラウスは着まわし。黒クルーネックニット 53,000円+税/FILL THE BILL(4K) ベージュストレートパンツ 11,500円+税/SNIDEL(SNIDEL ルミネ新宿2店) レオパード柄バッグ 39,000円+税/ヴァーレ(シティショップ) 黒エナメルローファー 26,000円+税/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ 六本木店)

03.V-NECK KNIT
シャープに開いたVネックの肌感をさりげなくおおうように、スイートな白を投入。もの足りなさを感じる、これからの時期を彩るアクセントとして活躍。


「きゃしゃなレースをのぞかせてVネックを穏やかにシフトチェンジ」
白のニットの首からイノセントな総レースをのぞかせてかわいげをプラス。親しみやすいオーバーサイズのニットと一緒なら、レースのドレッシーさもおさまり、落ち着くバランスへと着地。


レースブラウスは着まわし。オフ白ニット 7,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) オフ白ワイドパンツ 25,000円+税/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) 巾着バッグ 23,000円+税/パロマ ウール(RHC ロンハーマン) バブーシュ 8,980円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド)

元記事で読む