1. トップ
  2. 恋愛
  3. できる女性はやっている!? 彼氏や旦那さんの上手な立て方

できる女性はやっている!? 彼氏や旦那さんの上手な立て方

  • 2020.1.11
  • 55276 views

古臭い考えだと思ってしまう人もいると思いますが、うまくいっている夫婦の多くは奥さんが旦那さんを立てることがうまい人だったりするもの。実際に彼氏や旦那さんを立てることはそこまで難しいことではありません。ちょっとした気遣いで2人の関係が良好になるなら実行すべき! そこで今回は彼氏や旦那の上手な立て方を調査してみました。

聞き役になり褒める

彼らの話を聞きながら褒めることができる部分をしっかり褒めましょう。ちょっとした自慢話をしてきたときには、鼻で笑うのではなく「すごいね!」としっかり褒めるだけではなく、愚痴の中にも褒めることができる部分はたくさんあります。
「僕はこうだと思ったからこうしたのに……」と落ち込んでいるときには「その考えは誰にでも思いつくことじゃないし、本当にすごいと私は思うよ!」と褒めるべきポイントを拾い集めましょう。

外食先では彼にお会計をさせる

外食先では彼氏や旦那さんにお会計を担当してもらう。これは、彼らに全部払ってもらうという意味ではありません。スタッフにお会計をお願いすると、男性側のほうに伝票が差し出すことがよくあります。そんなときのために、奥さんが家計を担当しているとしたら外食前にお金を渡しておく、恋人同士でいつも割り勘のカップルの場合には、お会計前に彼にお金を半分渡して、お会計をしてもらうようにしてみましょう。

人前で彼をけなすような言動をしない

仲の良い友達どうしで集まっていても、人前で彼をけなすようなことは一切言わない。笑いのネタとして「昨日彼、上司にめちゃくちゃ怒られたんだって」とか「この間、泥酔して財布も携帯も全部盗られちゃったのよ」と言った、彼の恥ずかしい話をあなたの口からは絶対にしないようにしましょう。彼がそれをみんなの前で披露したときにも「本当にこの人、バカでしょう」なんて乗っからず「大変だったよねぇ、本当に」と周りの友達らと同じような反応をしてあげるのです。

プレゼントや手土産は準備してあげる

彼氏や旦那さんがお祝いの席やどこかに挨拶に行く場合などには、手土産をしっかりと準備してあげましょう。センスのいい手土産は男性には選ぶのがちょっと難しかったりするし、そもそも手土産を持っていくということに気が回らない人もたくさん。そんな彼らのために、ちょっとした手土産を準備しておき、彼らの印象アップのお手伝いをするのです。

尊敬していることをさり気なく伝える

彼氏や旦那さんのことを尊敬している、ということをさり気なく伝える。たとえば、相談事をしたときに彼らがくれたアドバイスに対して「やっぱりあなたに相談してよかった!」「私にはそのアイデアは浮かばなかった! ありがとう」と言った具合に感謝することで、彼氏や旦那さんはぐんと自信がつきます。

彼氏や旦那さんを立てることはなにも難しいことではありません。ぜひ、みなさんも実践してみてくださいね!

元記事で読む