1. トップ
  2. おでかけ
  3. 眼下に広がる都市の街並み!九州の“街”絶景露天風呂3選

眼下に広がる都市の街並み!九州の“街”絶景露天風呂3選

  • 2020.1.10
  • 2015 views

街の中心部や駅、駅付近のワンランク上の露天風呂は、贅沢な気分を楽しめる穴場スポット。ビル高層階から、眼下に広がる景色を眺めよう!

【写真を見る】ラグジュアリーな天然温泉でセレブ気分!※アウトドアスパ利用時は要水着着用 / 都ホテル 博多

博多駅前のホテル屋上でアウトドアスパ!「都ホテル 博多」

【写真を見る】ラグジュアリーな天然温泉でセレブ気分!※アウトドアスパ利用時は要水着着用 / 都ホテル 博多
KADOKAWA

19年9月にオープンした、13階建ての高層ホテル。博多駅周辺の新ランドマークとして存在感のある建物の最上階にある「アウトドアスパ」では、敷地内より汲み上げる温泉を使用。内湯も備えた、開放感のある造りだ。プールサイドではドリンクや軽食(有料)を注文できるほか、日没以降はライトアップが行われ、大人の時間を演出する。

内湯は男女別(写真は女湯) / 都ホテル 博多
KADOKAWA
13F「サムウェア レストラン&バー」のランチブッフェ。デリやデザートなど約60種が並ぶ。2980円(税込) / 都ホテル 博多
KADOKAWA

[都ホテル 博多] 福岡市博多区博多駅東2-1-1 / 092-441-3111 / デイタイム7:00~17:00(最終受付16:00)、ナイトタイム17:30~22:30(最終受付21:30)※カフェ、レストラン&バーは営業時間が異なる / 不定休 / アウトドアスパ&内湯デイタイム12歳以上5000円ほか(5歳以下利用不可)、ナイトタイム5000円(19歳以下利用不可)、内湯のみ12歳以上2000円ほか(3歳以下利用不可)

対岸に別府の街並まで見える!大分駅の上のヒーリングスパ&温泉「CITY SPA てんくう」

対岸に別府の街並まで見える。大分駅の上のヒーリングスパ&温泉 / CITY SPA てんくう
KADOKAWA

JR大分駅の駅ビル最上階にある、地上80mの「天空露天風呂」。天然温泉と高濃度炭酸泉の2つを、街や海、山などの眺めと楽しめる。19階の「ヒーリングスパ」では岩盤浴、ラウンジなどが時間無制限で利用できる。20階には、内湯やフィンランドサウナもある。

岩塩壁からの輻射熱で発汗を促す、19Fの岩盤浴「アロマソルトスパ」。ヒーリングプランで利用できる / CITY SPA てんくう
KADOKAWA
デトックスのあとはブックラウンジで、本を読みながらリラックスタイム / CITY SPA てんくう
KADOKAWA

[CITY SPA てんくう] 大分市要町1-14 JRおおいたシティ19~21F / 097-513-2641 / 11:00~24:00(最終受付ヒーリングプラン23:00、入浴プラン23:30)※月1回営業時間変更(要問い合わせ) / 不定休 / ヒーリングプラン(入浴・ヒーリングスパ・ラウンジ含む)中学生以上2000円、入浴プラン中学生以上1600円ほか

雄大な桜島と市街地を望む。ここでしか見られない景色に満足「SHIROYAMA HOTEL kagoshima」

雄大な桜島と市街地を望む。ここでしか見られない景色に満足 / SHIROYAMA HOTEL kagoshima
KADOKAWA

108mの高台に立つホテルにある「さつま乃湯」は、桜島と鹿児島市街地を一望できる展望露天温泉。地下1000mから湧き出る温泉は美肌の湯とされ、肌もつるつるに。女性脱衣場には個別のパウダーブースがあるので、周りを気にせず身支度ができるのもうれしい。

ホテル敷地内の「城山ブルワリー」で醸造するクラフトビールは、館内の各レストランで販売される。風呂上がりにおすすめ(600円~) / SHIROYAMA HOTEL kagoshima
KADOKAWA
「エステ アンド スパ ラピス」で至福のトリートメントを(6000円~) / SHIROYAMA HOTEL kagoshima
KADOKAWA

[SHIROYAMA HOTEL kagoshima] 鹿児島市新照院町41-1 / 0570-07-4680 / 6:00~24:00(最終受付23:30)※11:00~13:00の清掃時間を除く / 不定休 / 中学生以上2530円、小学生1265円、4歳以上660円、貸切り湯1室50分4400円※16歳以上は別途要入湯税150円

【税率に関して】入浴料は税込表示ですが、入浴料以外は税別表示としています(一部例外もあります)。また、商品によっては軽減税率の対象となる場合、表示価格と異なる場合があります。事前にご確認ください。(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

元記事で読む