1. トップ
  2. グルメ
  3. 2020年のトレンド予想グルメ「天使鍋」って?名古屋にある○○専門店で、その答えが明らかに!

2020年のトレンド予想グルメ「天使鍋」って?名古屋にある○○専門店で、その答えが明らかに!

  • 2020.1.10
  • 2524 views

2019年、コンビニで売り切れが続出した「悪魔メシ」。高カロリーかつ悪魔的な旨さが多くの人を虜にした。そして2020年、新たに「天使鍋」なるものがトレンドとなりそうだ。

【写真を見る】世界で2人しか知らないレシピのスープと、たっぷり12種のキノコがうまい!「四季茸 鴛鴦(ウェンヤン)鍋」(税込 4000円)+「お任せきのこ12種」(税込 5500円)

天使鍋とは?

悪魔鍋とは対照的に、キノコなど野菜をたっぷりと使用し、健康を意識したヘルシー系鍋の総称。素材の旨味をうまく引き出している。菌製品を食べて腸内の善玉菌を増やし、体の中からキレイを目指す「菌活」がブームになっていることもあり、天使鍋にも注目が集まっている。

素材の旨味をうまく引き出しているのも、天使鍋の魅力
KADOKAWA

そんな天使鍋が味わえるのが「中国料理・きのこ鍋専門店 四季茸(しきたけ) 名駅笹島店」(名古屋市中村区)。山形県や長野県から仕入れる国産のキノコは20種類のラインナップ。そのなかから季節に合わせて、常時10種類以上のキノコが味わえる。

個室が中心。奥には20人以上入れる部屋があり、円卓席には1人用のIHコンロを設置
KADOKAWA

「四季茸 鴛鴦(ウェンヤン)鍋」(税込 4000円)をベースに「お任せきのこ12種」(税込 5500円)を追加するのがおすすめ。スープは、キノコたっぷりの滋養スープと、辛さを効かせた麻辣(マーラー)スープの2色。中国一のキノコの本場、雲南省のレシピを知り尽くした中国人料理長が作っており、そのレシピは社長と料理長しか知らない。健康的かつ、絶品。それが天使鍋なのだ。

【写真を見る】世界で2人しか知らないレシピのスープと、たっぷり12種のキノコがうまい!「四季茸 鴛鴦(ウェンヤン)鍋」(税込 4000円)+「お任せきのこ12種」(税込 5500円)
KADOKAWA
時期により異なるが、味わえるキノコは、山伏茸、特大きくらげ、えのき茸、エリンギ、ヒラタケ、まいたけ、黄金タモギ茸、シメジ茸など
KADOKAWA

■中国料理・きのこ鍋専門店 四季茸 名駅笹島店 / 住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-26-12 DK名駅笹島ビル 3F / 電話:052-433-5333 / 時間:11:30~14:00(LO 13:30)、17:30~24:00(LO 23:00) / 休み:なし(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

元記事で読む