1. トップ
  2. ヘンリー王子&メーガン妃、6週間の休暇を終え公務に復帰

ヘンリー王子&メーガン妃、6週間の休暇を終え公務に復帰

  • 2020.1.9
  • 76 views

年末の休暇をカナダで過ごし、感謝の気持ちを込めて新年の公務をスタートさせたヘンリー王子&メーガン妃。二人は1月7日(現地時間)、ロンドン中心部にあるカナダ高等弁務官事務所を訪れ、ジャニス・シャレット高等弁務官とそのスタッフに面会した様子。カナダで過ごした6週間の休暇中に受けた「温かいおもてなし」に夫妻は感謝の意を伝え、シャレットと彼女の代理人であるサラ・ファウンテン・スミスが二人の訪問を歓迎した。

「カナダ・ハウス」と呼ばれる施設の外でスタッフと丁寧に挨拶を交わしたメーガン妃。一方、ヘンリー王子は「バンクーバーではほとんど毎日雨でした」と笑い、今日は雨が降らなかったので嬉しく思うとコメント。

館内に入った夫妻はバンクーバーで過ごした時間をしのんで、ブリティッシュ・コロンビア・ルームに入り、シャレットとスタッフにアーチーとともに過ごした休暇について話した。メーガン妃はブリティッシュ・コロンビア州の風景を「本当に美しかった」と表現し、夫妻は紅茶と伝統的なスイーツ「ナナイモバー(ウエハースとココナッツ、カスタード、チョコレートでできたもの)」を味わいながら語った。

シャレット高等弁務官は<BAZAAR.com>に対しこうコメント。

「1年足らずで2度目となるサセックス公爵夫妻のカナダ・ハウス訪問を大変嬉しく思い、歓迎いたしました」
「本日の訪問では、気候変動の保全と課題への取り組み、女性や少女の経済的、民主的なエンパワメントへの支援、カナダと英連邦の若いリーダーたちが、それぞれの世代の社会的、経済的、環境的課題に積極的に取り組むよう奨励することなど、カナダと王子および妃が共有する共通の優先事項と価値について話し合う機会を得ることができました」

お茶会を終えたヘンリー王子とメーガン妃は、同施設内にあるカナダ・ギャラリーへ移動し、カナダの先住民アーティスト、スカウェナティ(Skawennati)による特別展を観覧した。カナダ・ギャラリーで彼女の展覧会が行われるのはこれが初。展示されているアート作品は、都市部に住むモホーク族の女性として、さらにサイバーパンクのデジタルアバターとしての自身の視点から、国の歴史や未来、変化を表現したものとなっている。

スカウェナティは<BAZAAR.com>に対しこう語った。

「展覧会の準備に向けてロンドンに渡航する前の昨年11月、私の出自であるハウデノサウニー家の祖先や世界中の多くの先住民が、条約について議論し、外交を発展させるために何世紀にもわたって君主と面会してきたことについて、思いを巡らせていました」
「私は自分、あるいは自分のアバターが妃と面会し、私たちの言語や文化の再活性化における王室の役割について、話すことができるのではないかと思い始めたのです。王室の方々が展覧会を見に来てくださることを知った時の私の喜びを想像してみて下さい」
「(夫妻に)私が期待しているのは、この展覧会を通じて植民地化や大量虐殺の試みから先住民族が生き延びたという事実だけでなく、私たちが多くの言語や慣習を保持し、それを再び活性化させようとしていることを知っていただくことです。王子と妃が私たちとの長く複雑な関係を思い出し、その影響力を生かして再活性化に貢献できることを考えていただければ幸いです」

予定より15分遅れて立ち去る前、カナダ・ハウスの外に出た夫妻はシャレットに再びお礼を伝えた。それに対しシャレットは<BAZAAR.com>にこう語った。

「先日のカナダ滞在中、王子と妃がカナダの温かいおもてなしを受けて喜んでいただけたことを嬉しく思います」

この日の公務に先立ち、ミーティングのためにバッキンガム宮殿を訪れ、その後西ロンドンにある「ハブ・コミュニティ・キッチン」の活動を私的に視察していた夫妻。「ハブ・コミュニティ・キッチン」は2017年にロンドンで発生したグレンフェル・タワー火災の被災女性たちが結成し、料理を提供するチャリティ団体。同団体のメンバーは、メーガン妃と共同でチャリティ本『Together』を出版している。2020年も、引き続き二人の活動から目が離せないことになりそう!

View this post on Instagram

Today, The Duke and Duchess of Sussex visited Canada House in London to thank the High Commissioner Janice Charette and staff for the warm hospitality during their recent stay in Canada. The Duke and Duchess have a strong connection to Canada. It’s a country The Duke of Sussex has visited many times over the years and it was also home to The Duchess for seven years before she became a member of The Royal Family. Thank you Canada 🇨🇦! • Video © SussexRoyal Music © Raphael Lake

A post shared by The Duke and Duchess of Sussex (@sussexroyal) on

※この訳は抄訳です。

Translation:Masayo Fukaya

元記事で読む