1. トップ
  2. 瀬尾一三がCD作品集『時代を創った名曲たち3』を発売! 2月には初の書籍も

瀬尾一三がCD作品集『時代を創った名曲たち3』を発売! 2月には初の書籍も

  • 2020.1.8
  • 1979 views
1月8日に『「時代を創った名曲たち3」~瀬尾一三作品集SUPER digest~』が発売された
KADOKAWA

【写真を見る】2月10日には初の書籍「音楽と契約した男 瀬尾一三」をリリース

音楽プロデューサー・瀬尾一三が手掛けた、中島みゆきをはじめ、吉田拓郎、長渕剛、徳永英明などの120を超えるアーティスト、2800曲を超える楽曲の中から選ばれたCD作品集第3弾『「時代を創った名曲たち3」~瀬尾一三作品集SUPER digest~』が1月8日に発売された。

今作には、1970年代の名曲で、誰もが口ずさんだことのある「なごり雪」(かぐや姫)、1980年代を象徴するアイドル・松田聖子の映画主演作品「野菊の墓」主題歌「花一色~野菊のささやき~」、1980年代後半にドラマ、映画で人気を博した「とんぼ」(長渕)、1990年代、ゲームブームの主役、ドラゴンクエストのアニメ主題歌「夢を信じて」(徳永)、トレンディードラマの主題歌「浅い眠り」(中島)などが収録されている。

【写真を見る】2月10日には初の書籍「音楽と契約した男 瀬尾一三」をリリース
KADOKAWA

また、瀬尾にとって初の書籍となる「音楽と契約した男 瀬尾一三」が2月10日(月)に発売される。

その中には、現役の作・編曲家で楽曲「異邦人」「プレイバック Part2」のアレンジで知られる萩田光雄、音楽プロデューサーで、松任谷由実のプロデューサー・松任谷正隆、竹内まりやのプロデューサー・山下達郎、椎名林檎のプロデューサー・亀田誠治ら4人とのレジェンド・スペシャル対談も収録。

現在も第一線で活躍している各人のリアルな声を通して日本の音楽プロデュースの「現在(いま)」を浮き彫りにしている。

瀬尾の半生を振り返りながら、彼らが現在もヒットメーカーであり続ける理由と、その支柱となっている「真(ほんとう)の音楽プロデュース」を伝える作品となっている。

そして、CDと書籍の発売を記念したスペシャル・トークイベントが、2月16日(日)に東京・代官山蔦屋書店で開催されることが決定。

このイベントは2つの新作はもとより、数々の時代を創った名曲のエピソードやヒットの秘密、瀬尾が30年タッグを組んでいる中島の、最新オリジナルアルバム『CONTRALTO』(コントラアルト)についても語られる。(ザテレビジョン)

元記事で読む