1. トップ
  2. 恋愛
  3. 好きな人とエッチしたい男性の行動!?女性が見逃す8つのサイン

好きな人とエッチしたい男性の行動!?女性が見逃す8つのサイン

  • 2020.1.7
  • 22991 views

男性は、好きな女性ができたり、その女性と「エッチしたいなあ」と思ったとき、態度や行動で、その女性に“サイン”を送っていたりします。しかしそのサインは男性によって異なるので、思わず見逃してしまうような場面が多々あります。もしかしたら、あなたが気に入っていた男性からのサインを見逃していることもあるかもしれませんよ。そんなチャンスを取り逃すのはもったいないですよね?

そこで今回は、“エッチしたい男性が見せる行動”についてご紹介していきます。

エッチしたい男性がみせる4つのサイン【付き合う前編】

(1) 帰るそぶりをみせない

「飲み会とかで、気に入った女の子がいると、その子が帰るまでずっと粘りますね~。んで、その子が帰る時に『あ、俺も帰るから途中まで送ってくよ』、その言葉を掛けるタイミングを待っていますね」(27歳/営業)

これ、結構わかりにくいサインですけど、好きな女性がいると帰りたくないんですよねー。先に帰ってほかの男に取られるのも嫌だし、結局その女性が帰るまで居座ってしまう......。あると思います。

■このサインに気づいたときの対処法

・男性に好意が“ある”場合

「このあとどうしますか?」と聞いてみましょう。「ふたりでどこか行く?」「家(駅)まで送って行こうか?」この言葉が出れば、あなたへの好意はかなり高いはず。そのままいいムードになっていけるでしょうね。

・男性に好意が“ない”場合

「そろそろ私も帰ります」それを告げたとたんに「送って行こうか?」と尋ねられたら、「いいえ、大丈夫です」とハッキリ断りましょう。決して迷う素振りを見せてはいけません。

(2) ボディタッチが増える

「その子のことが好きになっちゃうと、どうしてもボディタッチしてコミュニケーションを取りたくなります。『俺は君に気があるんだよ』という意味も兼ねてるんですが、なかなか気づいてもらえませんね」(24歳/経理)

好きな子にちょっかいだしたくなる気持ち、男としてよくわかります......。女性からしてみるとこういう男性はマイナスな感じもしますが......。

このサインに気づいたときの対処法

・男性に好意が“ある”場合

逆にボディタッチしてみましょう。それを“OKのサイン”として受け取ることもあり、ふたりの関係性が進展していきます。

・男性に好意が“ない”場合

無視、シカト、これがいちばんです。「ちょっとやめてくださいよ~」なんて可愛く言ってしまうと、エスカレートするので絶対にやっちゃいけません。無反応に徹しましょう。

(3) お酒をやたらすすめてくる

「居酒屋デートをしているとき、彼女が『今日はなんかいっぱい飲めそう』と言うと『もっと飲めばいいじゃん』と僕は答えます。エッチしたいってことなんですが、最近、彼女は賢くなって(?)、僕のサインに気づいてくれるようになりました」(27歳/コンサル)

定番といえば定番、伝統的なサインです。

■このサインに気付いたときの対処法

・男性に好意が“ある”場合

「そう?じゃあ頑張って飲んじゃう!」、ノリのいい子は喜ばれます。男性側の意図を汲んでの行動なら尚良しですね。ただし飲み過ぎには注意です。

・男性に好意が“ない”場合

「明日早いから無理」「飲んでもスグ帰るから」、こんなそっけないことを言われてしまうと男性のテンションもダダ下がり......。違う展開を考えるようになってきます。

(4) そわそわ落ち着かない

「好きな女性とふたりきりになると、なんだか落ち着かなくて、どうでもいい話を振ってしまったり、空回りすることが多いですね。“本来の自分”を出せないというか......」(22歳/製造)

好きな子を前にするとなんだか緊張しますよね。ある意味“悟られたくない好意のサイン”です。

■このサインに気付いたときの対処法

・男性に好意が“ある”場合

落ち着いて彼の話を聞いてあげたり、自分からも話を振ったりして場を和ませてあげましょう。そわそわして落ち着かないのは、あなたのことが好きで緊張している証拠です。リラックスさせることからはじめてください。

・男性に好意が“ない”場合

少し冷たいかもしれませんが、退屈そうに「はあ......」とか「それで?」と言ってみましょう。彼の心にグサッと突き刺さり、あなたを諦めるかもしれません。

エッチしたい男性が本命女性だけに送るサインとは?

(1) 会話で下ネタを言わない

男性は本命女性に対しては軽率な下ネタを言わなかったりします。女性って男性の下ネタを嫌う傾向があるので、それを言ってしまうことでその女性に嫌われるのを恐れているからなんです。どうでもいい女性に対しては平気で下ネタ言えるんですけどね、なんでしょうこのギャップは......。

(2) デートをおろそかにしない

本命女性と交際するにまでに、男性は並々ならぬ努力をする生き物です。デートでどれだけ自分をアピールできるか、本命女性を楽しませるためにあれやこれや必死にデートプランを考えてくれたりします。

本命女性とのデートはしっかり計画を立てることが多いので、行き当たりバッタリや、ノープランで臨むことは少ないです。

(3) ボディタッチしない

本命でない女性には気軽にボディタッチできるけど、これが本命女性になるとなかなか出来ないものなんですよね。

たとえば、不注意でぶつかりカラダを触ってしまう、そんな予期せぬボディタッチの相手が本命女性だと、男性は態度がぎこちなくなることがあります。

その理由は、いくら不注意とはいえ交際前の好意を寄せている女性に触れてしまったことの罪悪感や、嫌われたらどうしようという不安からくるものです。

本命女性へのボディタッチは、できるだけ不快を与えないように気を使っていたりもします。

(4) すぐホテルには行かない

本命女性との交際では、自分の真剣な思いをアピールするために初エッチまでの期間を長く設けようとします。付き合ってその日にホテルへ誘ってしまうと“カラダ目的”に思われてしまうので、本命女性にはきちんと順番を守り、彼女の信頼を得ようとします。

本命でなかったら自分の性欲を優先させますからね、これも本命女性だけに見せる気遣いです。

男性のエッチしたいサインに気づいたら…

好きな女性とエッチしたいときに見せる男性のサインには、わかりやすいものや、非常にわかりにくいものがあります。

オトナの女性として、それに気が付けるがどうかもあなたの力量を見せるときだと思いますよ。少しのサインで気づいてくれる女性は、男性としては非常にありがたいのは事実ですからね。

そのサインに気づいたときには、あいまいにしたりするのではなく、ハッキリと意志を伝えてあげるのも大事です。男は勘違いしやすい生き物なので、女性の“どちらともとれる反応”を見せられると、何度もサインを送り続けなければいけません。

サインに気づいたときにはハッキリとYES/NOの意思表示をしてあげるのが本当の優しさだと思います。

元記事で読む