1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 貯金は苦手だけどやりたい! ストレスなく上手に節約をする方法

貯金は苦手だけどやりたい! ストレスなく上手に節約をする方法

  • 2020.1.6
  • 7480 views

お給料が入ってもクレジットカードの引き落としでほとんどなくなってしまう方や、つい欲しいものを買ってしまう方は、なかなか貯金ができないですよね。ものを買うことはストレス発散になりますし、通帳にお金が増えるとうれしくなって使ってしまうという気持ちは非常に分かります。そこで今回は、貯金が苦手な方がストレスなく上手に節約する方法をご紹介します!

「○○円玉貯金」をする

500円玉貯金や1000円貯金などは、額が大きくてなかなか貯金できないという方も多いですよね。お金を使いたい! と思う方は、貯金をすることを“もったいない”と考えてしまう傾向にあるのです。そこで、もう少し金額の少ないものから貯金していきましょう。1円玉や5円玉、できる方は100円玉もいいですね。一日の終わりに財布から貯金箱へ移しておきましょう。

貯金箱は割らないと取れないものを選ぶ

ただフタをすればいいタイプの貯金箱では、欲望に負けて「ちょっとくらい……」とお金を抜いてしまうかもしれません。そうならないためにも、割らないと取れないタイプの貯金箱をチョイスしてください。貯金がなかなかできない人は、貯金に対する覚悟が必要です。

使う上限を決めておく

自分が使ってもいい金額をあらかじめ決めておきましょう。一日にいくら使ったかを細かく計算するのは面倒ですから、月に使う額を決めておくと楽に貯金ができます。上限を決めることで、自分が何を我慢できて何を我慢できないか、そのラインも分かるようになってきます。買わなくてもいいものを把握することで、大幅な節約が可能になるのです。

財布の中には…

最近はキャッシュレスが主流になってきていますが、財布には必要最低限のお金しか入れないようにしましょう。財布にお金があると誘惑に負けそうになりますし、それで無駄遣いをした経験のある方も多いと思います。クレジットカードを持っていればある程度対応できますが、現金を持っていないことで無駄遣いを防げるのです。

毎月の貯金額を決める

毎月使う上限を決めたら、毎月の貯金額も決めておきましょう。高い目標では成し遂げにくいので、可能な範囲で設定するといいですね。給料日前に目標としていた貯金額より大幅に貯金できていたら、余った分は自分のために使ってしまいましょう。貯金ができたご褒美として自分のために使うことで、貯金に対するストレスを軽減できるのです。

まとめ

思うようにお金を使えないストレスを抱えるかわりに、どんどんお金が増えていく喜びを感じられるのが貯金です。最初は慣れないことに疲れてしまうかもしれませんが、まずはお試しで一か月挑戦してみましょう! 成功すれば、その体験が貯金に対するマイナスイメージを変えてくれるはずです。これを機にお金が増える喜びを実感してみてくださいね!

元記事で読む