1. トップ
  2. レシピ
  3. 美肌効果にも疲労回復にも!簡単「エゴマスタードとビーツのポテトサラダ」レシピ

美肌効果にも疲労回復にも!簡単「エゴマスタードとビーツのポテトサラダ」レシピ

  • 2020.1.31
  • 382 views

年末年始、時間に余裕のある時は、美を意識した特別なサラダで食卓を彩っていませんか。今回は、スーパーフード食材を取り入れた「エゴマスタードとビーツのポテトサラダ」をご紹介します。

エゴマを非加熱のままアレンジすることで、味も栄養価もワンランクアップ!フードコーディネーター・菅野尚子さんならではの、ビューティレシピは必見です!

菅野 尚子さん
フードコーディネーター・惣菜管理士(今回のレシピ作成・スタイリング担当)
食品商社で商品企画や開発の勤務後、渡仏。フランス人家庭に滞在し家庭料理や郷土料理を学び、ル・コルドンブルーパリ校では伝統的なクラシックフランス料理や菓子を習得。その後フードコーディネーターとして活躍。*今回のレシピはフランス パリでの日本の食品プロモーションとしてパソナ農援隊とコラボでフランス人向けにも発信しています。ODAIDOKORO

スーパーフードを取り入れた、「エゴマスタードとビーツのポテトサラダ」レシピ

カリウム豊富な「ビーツ」、必須アミノ酸を含むスーパーフード「エゴマ」、ビタミン・ミネラルたっぷりな「くるみ」、抗酸化作用のある「紫たまねぎ」など、美肌や疲労回復に効果が期待できる食材を使用しています。

エゴマスタードとビーツのポテトサラダ
エゴマスタードとビーツのポテトサラダ
エゴマスタードとビーツのポテトサラダ(4人分)

【用意するもの】
エゴマスタード・・大さじ4
じゃがいも・・400g
ビーツ・・100g
紫たまねぎ・・50g
くるみ・・60g
酢・・大さじ2
塩・・小さじ1/2
オリーブオイル・・大さじ2
マヨネーズ・・大さじ2
ハーブ(ディル)・・適量
*今回「マスタード」は、「エゴマスタード」:浅沼醤油店を使用しています。

【作り方】
じゃがいもとビーツは、茹でて2cm角にカット。紫たまねぎは、みじん切りにして水にさらし、水気を取ります。

大きめのボウルに酢・塩・オリーブオイル・マヨネーズの順に入れましょう。その都度、混ぜる合わせるのがポイントです!

混ぜたものに、茹でたじゃがいもをプラス。この時、じゃがいもが熱いうちに絡めると素材に味が染みやすくなり、酢の酸味も飛ぶので味がまろやかになります!さらに、ビーツ・紫たまねぎも加えて和えます。

器に盛り、エゴマスタードを添え、くるみ、ハーブを散らせば出来上がり!エゴマスタードは、味も栄養価もアップするので、加熱しないで使用するのがおすすめです。

「エゴマスタードとビーツのポテトサラダ」のビューティ食材はこちら!
\むくみを解消し、ダイエット効果も期待できる「ビーツ」/
カリウム豊富なビーツ
カリウム豊富なビーツ

ビーツは「食べる輸血」と呼ばれるほど、栄養豊富で知られています。カリウムを豊富に含むビーツは、むくみ解消にもおすすめ。ビーツを摂取することでNO(一酸化窒素)が体内で産生し、血行が改善。これにより持久力アップや疲労回復にも効果を発揮します。基礎代謝のアップにもつながるので、ダイエット効果も期待できる、注目の野菜です。

そのほか、エゴマは、血管を若々しく保つのに役立つα-リノレン酸を多く含むスーパーフード!エゴマ油の脂質のほとんどが、体内では作れない必須脂肪酸のα-リノレン酸なので、意識して料理に取り入れたい食材です。

ダイエットでも、美肌でも、欠かしたくない食べる美容液と言えばナッツ類。中でもくるみは、ビタミン・ミネラルが豊富。血行を促進してくれるので、代謝をアップし、冷え性にも効果的です。

紫たまねぎは、抗酸化作用のある「アントシアニン」が豊富。年齢を重ねるごとに増える活性酸素を抑え、体の老化を防ぎます。また、眼精疲労の回復にも効果的。スマホやPCをよく使う方は、ぜひ取り入れて欲しい食材です。

アンチエイジング食材を使用した「エゴマスタードとビーツのポテトサラダ」は、いかがでしたでしょうか?彩りも綺麗な美肌メニューを、ぜひ試してみてください!

次回Vol.9は「黒豆きな粉の黒糖シュガートースト 」です。お楽しみに!

元記事で読む