1. トップ
  2. 恋愛
  3. 本命になれない…「キープされやすい女性」が取りがちな言動

本命になれない…「キープされやすい女性」が取りがちな言動

  • 2020.1.3
  • 4695 views

都合のいい相手にされたり、気づいたら自分が浮気相手になっていたりするようなことが多い女性。

そういった女性は、「キープでも大丈夫だな」と男性に思われてしまうような行動を、よくとっているのかもしれません。

そこで今回は、「キープされやすい女性」が取りがちな言動を紹介します。

本命になれない…「キープされやすい女性」が取りがちな言動

「仕方がない」と思ってしまう

ちょっと嫌なことや納得がいかないことがあっても、「まあ、仕方がないか」と飲み込んでしまう……。

常にそういった姿勢でいる女性は、結局のところ、男性にもいいように利用されやすいです。

何をしても文句を言われることがないので、自分のやりたい放題にできる女性でもあるはず。

もちろん、ときには我慢したり飲み込んだりすることも必要ですが、本当に嫌なことはちゃんと主張しないと、自分で自分を苦しめることにもなりかねませんよ。

すぐ「鵜呑み」にする

男性の言ったことを、すぐにそのまま信じ込んで鵜呑みにしてしまうのは、危険性も伴う行為です。

ふたりの間にしっかりと信頼関係が築けているのであればいいですが、まだ浅い関係性なのに何でも信じるのは、ちょっと警戒心が薄いかもしれません。

疑ったり、あやしんだりしてこない女性は、男性も簡単にだませるでしょうから、浮気相手やキープの相手にされやすくもあります。

なんでもかんでも疑ってかかるのは嫌われるだけですが、かといって、言われるがままになるのは避けたほうがいいですよ。

「ノリ」が軽すぎる

ノリが軽くてフットワークもいい女性は、一緒にいて楽しく過ごせる相手かもしれません。

でも、あまりにも軽いと、男性は「友達としてはいいけど、彼女にはしたくない」という気持ちになるものです。

また、「軽そうだから遊び相手にいいかも」といった思いが、湧き起こってくる可能性も高いかも……。

呼び出されたら、遠くても夜中でもすぐに飛んで行ったり、下ネタやボディタッチなどにも気軽に応じたりしすぎると、どんどん都合のいい相手にされていくだけでしょう。

「彼女」がいるのに近づく

「彼女」がいるのに近づく

彼女がいることを知ったうえで自分に近づいてくる女性のことは、男性も「浮気相手でいいってことかな」と当然思うもの。

「自分のほうに振り向いてほしい」という気持ちであるのだとしても、迂闊に近づいていくのはよくないでしょう。

最もやってはいけないのが、まだ彼女と別れているわけではないのに、男女の関係になってしまうこと。

それではエッチだけの関係に陥る危険性も出てくるので、はっきりさせるまでは、しっかりとそこの境界線は引いておくべきですよ。

おわりに

好きな男性に対しては、誰だって嫌われないようにしようと考えるはず。

でも、それによって男性の言いなりのようになってしまうと、いいように利用されることになるだけなので、注意してくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む