1. トップ
  2. ダイエット
  3. 【動画】新年に向けて心も体もデトックス!簡単デトックスヨガ&断捨離のお話

【動画】新年に向けて心も体もデトックス!簡単デトックスヨガ&断捨離のお話

  • 2019.12.31
  • 8430 views

ヨガでいう断捨離とはどういう意味があるのでしょう?

みなさんは、断捨離というとどんなイメージが浮かびますか?多くの方は、不要な物を減らす行為をイメージするのではないでしょうか。年末の大掃除で断捨離するという考えは、まさにこちらですね。しかし、断捨離とはそもそもはそれだけの意味ではないのです。

そもそも、断捨離という言葉はヨガ哲学の「断行」「捨行」「離行」を組み合わせた造語と言われています。それぞれの言葉の意味を簡単に説明しながら、断捨離について考えていきましょう。

「断行」とは

まず、「断行」とは自分にとって本当に必要なものを見極め、不必要な物事から離れてみることです。今まで漫然と受け入れていた物事は自分にとって本当に必要なのかを見つめ直してみましょう。例えば、自分はなぜ不要なものを購入したり、空腹ではないのに間食がやめられなかったり、誰かに依存していたりするのかを今一度考えてみるのです。その結果として、不要なものを手放し、依存している関係性からは距離を置きます。無理に物を捨て、習慣や関係性を断つ前に自分を見つめ直すことで、手放す必要性とともに自分に必要なことも見えてくるかもしれません。

「捨行」とは

「捨行」とは習慣やこだわり、長年持ち続けている物などを整理し、不要なものは捨てることです。片付け術としての断捨離を行った方が大量に物を手放している様子を見ると、「こんなに物を減らすなんて無理」と思う方もいるかもしれません。しかし、なんでもかんでも捨てる必要はありません。例えば、何年も着ていないけれどもったいなくて処分できない洋服がクローゼットに眠っていませんか?このように、本当は既に必要ではなくなっているのに執着してしまっている物を手放していきましょう。その過程で、物質だけでなく、惰性で続けている習慣や、しがみついていた人間関係からも離れてみる必要を感じるかもしれません。

「離行」とは

「離行」とは執着を捨てることです。断業、捨行を通して手放した物事について、「やっぱり捨てなければよかったのかもしれない」などとくよくよと考えることはその物事に執着しているということです。その執着からはきっぱりとお別れしましょう。特に、これまで執着していた立場や関係性から離れてみると、改めて気づくことができることがあるかもしれません。手放した物事のことを考え続けるのではなく、新たな物事がやってくるスペースを生み出したのだと考えてみましょう。

断捨離は自分自身を知るツール

つまり、断捨離とは物を捨てたり片付けたりするだけではなく、自分自身を見つめ直すことで自分の思考や行動を整理し、人生をより良い方向へと導くことなのです。ヨガでアーサナの練習を行う過程では、新たな気づきが生まれ、自分自身を知ることに繋がりますが、断捨離も自分自身を知る手段となり得るのです。手放す過程で自分がどんなことに執着しやすいのかを知ることができたり、自分の思考の癖を知ることで、自分自身をコントロールすることもできるでしょう。

断捨離したら溜まった老廃物もデトックスしよう

不要な物事を手放す断捨離を試したものの、肝心の自分自身の体が重だるく、老廃物を溜め込んでいると感じることはありませんか?特に年末の慌ただしい時期は、仕事や家事に追われていつの間にか疲労が溜まり、疲れているから休日はあまり動かないなどという方も多いのではないでしょうか?そもそも寒い時期は、活動量が減りやすい傾向にあります。重だるい体に気づいたら、どうしたらいいのでしょう?

まずは、断行のひとつである断食をしてみましょう。断食というとハードルが高い印象があり、尻込みしてしまう方も多いかと思いますが、まずは1日だけでも、1食だけでもかまいません。また飲まず食わずの印象があるかもしれませんが、酵素ドリンクなどを取り入れると無理なく断食できることでしょう。ただでさえ現代人は食べすぎていると言われていますが、年末年始は特に暴飲暴食しやすい時期でもあります。酷使した胃腸を断食により休ませてあげることで、自分が思っていたよりもたくさんの量を食べる必要はないことに気付くかもしれません。また、断食をしたことによって不自由なく食べることができるありがたみを感じられるかもしれません。

断食についてはこちらの記事も参考になさってください。

ダイエットだけじゃない?ファスティング(断食)がもたらす変化とは?

そして、心身の疲れや重だるさを解消するためには、ヨガのアーサナの練習を行いましょう。ヨガスタジオにて集中して練習し、指導してもらうことがお勧めですが、それが難しい場合は自宅で短時間でも練習を行っていきましょう。大掃除で疲労感が溜まった時や、仕事でパソコンを見過ぎて脳も目も疲れた時などには、以下の動画を参考に動いてみましょう。

ライター/磯沙緒里
ヨガインストラクター。幼少期よりバレエやマラソンに親しみ、体を使うことに関心を寄せる。学生時代にヨガに出会い、会社員生活のかたわら、国内外でさまざまなヨガを学び、本格的にその世界へと導かれてインストラクターに。現在は、スタイルに捉われずにヨガを楽しんでもらえるよう、様々なシチュエーチョンでのレッスンを行う。雑誌やウェブなどのヨガコンテンツ監修のほか、大規模ヨガイベントプロデュースも手がける。

撮影協力 BAYFLOW YOGA STUDIO

元記事で読む