「赤い糸」をテーマに3都市で展覧会、エスパス ルイ・ヴィトン

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」表参道ビル内のアートスペース、エスパス ルイ・ヴィトン東京(Espace Louis Vuitton Tokyo)で4月8日から5月31日まで、パリ・ミュンヘンと3館共同のエキシビション「Le fil rouge(ル・フィル・ルージュ)」展が開催されている。

フランス語で「赤い糸」を意味する同展では、「糸」を使用したアーティストらの作品を展示。東京のエキシビションにはガーダ・アメール氏(Ghada Amer)、ハンス・オプ・デ・ベーク氏(Hans Op de Beeck)、マイケル・レデッカー氏(Michael Raedecker)、タティアナ・トゥルヴェ氏(Tatiana Trouvé)の4名の作家が参加している。

キュレーターを務めたミチコ・コウノ(Michiko Kono)氏は展示会のテーマを「赤い糸」と名付けた理由について、「フランス語やドイツ語で赤い糸と言うと日本での使われ方とは異なり、何かと何かを繋ぐという意味合いがあります。今回この言葉をテーマにすることによって、パリ・ミュンヘン・東京の3館のエスパスを繋ぐという意味を込めたいと考えました。またアーティストたちが糸を表現媒体としているのも理由です」と語る。

エロティックな女性像を敢えて刺繍という女性らしい方法で表現したガーダ・アメール氏の「Color Misbehavior」、若手アーティストとしてアート界にどのような貢献ができるかという葛藤から絵画と刺繍を組み合わせるという手法を編み出したマイケル・レデッカー氏による「mimicry」、測鉛線という本来垂直を図るために使う道具を敢えて斜めに吊り下げたユニークなタティアナ・トゥルヴェ氏の「250 Points Towards Infinity」、日本の伝統芸能である文楽から着想を得て制作され、人形の悲劇的なラブストーリーを描いたハンス・オプ・デ・ベーク氏の映像作品「The Thread」と、見る人に驚きを与える示唆に富んだ作品が展示されている。

■イベント概要

エスパス ルイ・ヴィトン 東京

150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル 7 階

開館時間 12 時~20 時

電話:03-5766-1094

■関連情報

・エスパス ルイ・ヴィトン東京 公式HP:http://espacelouisvuittontokyo.com/ja/

元記事を読む
提供元: MODE PRESSの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理