1. トップ
  2. おでかけ
  3. アインシュタインやダイアナ妃も泊まった!「ウェスティン都ホテル京都」の全部屋が広くなってリニューアル

アインシュタインやダイアナ妃も泊まった!「ウェスティン都ホテル京都」の全部屋が広くなってリニューアル

  • 2020.1.21
  • 3483 views

大規模リニューアルが進行中!新しい「ウェスティン都ホテル京都」の魅力に10のキーワードで迫ります

京都 東山・南禅寺の近くにある高級老舗ホテル「ウェスティン都ホテル京都」は、130周年となる2020年6月にリニューアルオープンします。

この大規模リニューアルでは、平均客室面積がこれまでの約35㎡から約50㎡へと広がり、全館の客室数は、改装前の半数に近い約270室に。1部屋ごとの快適さ、空間の広さが実現します。

さらに、京都初出店となるドミニク・ブシェや、ライブキッチンなどを備え京都市街を一望できるビュッフェレストランが新たに誕生、営業がスタートしました。

現在は、一部のみ先行してリニューアルオープン中の「ウェスティン都ホテル京都」、その内覧会の様子をいち早くレポートいたします。

春には、ホテル敷地内で掘削する温泉を活用した約1,000㎡のスパが新設され、数寄屋風別館「佳水園」も、原設計を承継しつつ、客室面積を大幅に拡大してオープン予定

■1:各国のセレブが訪れた!「ウェスティン都ホテル京都」
ホテル_1
川端康成やキャサリン妃も訪れました。

ウェスティン都ホテル京都は明治時代に創業。2020年で、創業130年を迎えます。京都の代表的な高級ホテルで、これまでに英国のエリザベス女王やアインシュタインなど各国要人を迎え入れてきました。

■2:大正天皇御即位に際して作られた!洋式宴会場「葵殿」
ホテル_2
当時の葵殿の様子。

大正天皇御即位に際し、完成した葵殿。これまで、京都を代表する洋式宴会場として、英国エドワード皇太子、ロックフェラーご夫妻、米国ルーズベルト元大統領夫人をはじめ、国賓・公賓など多くのVIPを迎えました。

ホテル_3
現在の葵殿の様子。※こちらはリニューアル対象外

窓からは、京都市文化財(名勝)に登録された庭園と東山の山並みを望むことができます。また、京の三大祭をモチーフにしたステンドグラスや折上格天井、アンティークなシャンデリアが、この空間に息づく歴史を感じさせてくれます。

京都では、ここ葵殿で3世代に渡って結婚式を挙げる方が多くいらっしゃるそう。

■3:最上級のスイートは、広々としたラグジュアリー空間を味わえる「東山スイート」
ホテル_4
天蓋ベッドの様子。

プレステージスイートにあたる最上級のスイートルーム「東山スイート」のリニューアル後の空間も公開されました。広さは138㎡。

ホテル_5
リビングの様子。

天蓋ベッドやリビングの大きな窓が特徴です。料金は、400,000円~850,000円(消費税・宿泊税別)/2名1泊1室。

■4:京都・東山の自然をイメージした空間で都会の喧噪を忘れる!「ラグジュアリースイート」

「東山スイート」に次ぐランクのスイートが「ラグジュアリースイート」。こちらはリビングルームとベッドルームに分かれており、広々とした空間でゆっくりとくつろぐことができます。こちらもリニューアル後の客室です。

ホテル_6
キングサイズのベッド。

キングサイズのベッドは、ウェスティン北米本部で開発され、"雲の上の寝心地"と言われる「ヘブンリーベッド」。

ホテル_7
リビングの様子。

京都・東山の自然をイメージしたリビングルーム。随所に木の風合いが。

ホテル_8
リビングの様子。

仕事用のデスクもあるので、滞在中、急に舞い込んだ要件も快適に片付きます。

ホテル_9
タオル。

タオルは今治タオルを使用。こうしたところにも、和のこだわりを感じました。料金は、220,000円~280,000円(消費税・宿泊税別)/2名1泊1室。

■5:新鮮な京都の食材を堪能!オールデイダイニング「洛空(らくう)」

ライブキッチンなどを備えたブッフェレストランが新たにオープン。窓が大きく京都の景色を楽しみながら、京都近郊の漁港から 仕入れた魚介や、京都産野菜をアレンジした料理などを楽しめます。

ホテル_10
ライブキッチンで寿司を握る様子。

ライブキッチンでは、宮津・舞鶴の朝獲れ鮮魚を握ってくれます。お魚好きの筆者、こちらで鮮度の高いお魚をいただく機会に恵まれたのですが、随分と気分が高まりました。

ホテル_11
ライブキッチンで天ぷらを揚げる様子。

こちらは、揚げたての天ぷらを楽しめる日本料理カウンター。やはり、揚げたてが一番ですよね。

この他、西洋料理カウンター、約20種類以上のパンを焼き上げるベーカリーカウンター、パティシエがスイーツを仕上げる様子を間近で見られるデザートカウンターなどがありました。

■6:100種類を超えるシャンパンとピアノの生演奏!ラウンジ「麓座」
ホテル_12
ラウンジの様子。

グランヴァンとヴィンテージを含む約100種類のシャンパンを楽しめるラウンジ「麓座」も新たに誕生。グランドピアノが設置され、ジャズの生演奏とともに、ゆったりとした成熟した時間を過ごすことができます。グリーンをベースとしたインテリアに、どこか京都らしさを感じました。

ホテル_13
カクテル「麓座」¥2,000(税・サービス料別)

シャンパンのほかにも、和を表現したカクテルが多くラインナップ。上の写真は、このラウンジと同じ名前のついたカクテル「麓座」。東山の麓の森をイメージしてつくられたもの。

昆布茶ジンと抹茶のリキュール、ゆず、グレープフルーツを混ぜ、最後に金箔があしらってあります。果実と抹茶の苦みとの相性よく、すっきりした味わい。

丸みを帯びたグラスのデザインは、ウェスティン都ホテル京都の数寄屋風別館「佳水園」を建築した、昭和建築の巨匠・村野藤吾氏のデザインから、インスピレーションを得ているのだそう。

■7:ドミニク・ブシェ氏初監修!鉄板焼レストラン ドミニク・ブシェ キョート「Le Teppanyaki」
ホテル_14
鉄板焼レストラン ドミニク・ブシェ キョート「Le Teppanyaki」の内観。

ドミニク・ブシェ氏が鉄板焼きレストランを初監修。フレンチらしい前菜に、 京都産のお肉・神戸牛などのブランド牛をメインにした料理が提供されます。

フレンチレストラン ドミニク・ブシェ キョート「Le RESTAURANT」
ホテル_16
フレンチレストラン ドミニク・ブシェ キョート「Le RESTAURANT」の内観。

また、鉄板焼きだけでなく、フレンチもドミニク・ブシェ氏の監修。高級フレンチとともに、約300種類のワインのなかから、ソムリエが最も合うワインを提案してくれます。

ドミニク・ブシェはこの2店舗が、京都初出店となります。

■8:お土産におすすめ!ウェスティン都ホテル京都の自家製カステラ
スイーツ_1
自家製カステラ¥2,800(税別)

ティーラウンジ「MAYFAIR」で手に入る、自家製カステラ。金箔がセットになっており、お土産として渡せば「わあぁ」と歓声が上がることでしょう。きめ細やかな食感に、シンプルであっさりとした味わいです。

■9:秋は紅葉!春は桜!徒歩圏内に有名観光スポット多数!
ホテル_17
南禅寺の紅葉の様子。

南禅寺…徒歩約11分。臨済宗南禅寺派の大本山で、京都でも屈指の格式を誇る寺院。秋の紅葉が有名です。

蹴上インクライン…徒歩約4分。全長582mの世界最長の傾斜鉄道跡。京都~大津間の水路の途中、水がない箇所を鉄道で船を運んでいたそうです。春は線路跡が満開の桜道となります。

無鄰菴…徒歩約7分。近代日本庭園の傑作と言われています。山縣有朋の別荘として建てられ、伊藤博文らと山縣有朋が日露開戦に向けて話し合った「無鄰菴会議」に使われた部屋があります。

■10:数寄屋風別館「佳水園」と、華頂山に続く庭園と一体となった半露天風呂のスパは2020年4月~5月頃のオープン
ホテル_18
「佳水園」の様子。

数寄屋風別館「佳水園」は、原設計を承継しつつ客室面積を大幅に拡大。浴室では温泉も楽しめるようになるそう。

ホテル_19
新設されるスパのイメージ図

ホテル敷地内で掘削した温泉を活用した約1,000㎡のスパも新設されます。華頂山に続く庭園と一体となった半露天風呂で、日本らしさを感じられるロケーションで、極上のくつろぎ体験ができるようになるそうです。

明治、大正、昭和、平成、令和と5つの時代を経験して来た伝統ある「ウェスティン都ホテル」。この場所で各国のVIPたちがどんな想いで、京都の街を眺めていたのか。そんなことに思いを馳せながら過ごすラグジュアリーな時間。ここでしか味わえません。

問い合わせ先

  • ウェスティン都ホテル京都 TEL:075-771-7111
元記事で読む