1. トップ
  2. レシピ
  3. お餅は太る…は迷信?太らない「具だくさんお雑煮」レシピ【痩せる和風スープ #12】

お餅は太る…は迷信?太らない「具だくさんお雑煮」レシピ【痩せる和風スープ #12】

  • 2019.12.29
  • 10079 views

お餅が太りやすいわけではない

これからの時期はぜんざいにお雑煮とお餅を食べる機会が増えますよね。お餅というと太るというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、カロリーを見ると切り餅二個分でごはん一膳分と同じカロリーなので、特にお餅が高カロリーというわけではありません。お餅が太りやすいと思われているのは実はお正月時期は部屋の中で体を動かさないことが多いため、いつもよりエネルギーを消費しないことが大きな原因だと考えられます。

今回はお餅をより健康的に食べるレシピをご紹介したいと思います。

具だくさんお雑煮でダイエット中でもお雑煮を楽しむ

一口にお雑煮といっても全国各地にいろんな種類のお雑煮があり、その種類は数百にも登ります。今回はその中でも澄まし仕立ての関東風のお雑煮をご紹介します。

地域によって入る具材などに傾向はありますが、家庭ごとでも異なるため、あまり堅苦しく考えず家庭独自の味を作り出していくのも醍醐味です。

今回は根菜、きのこ、青菜、海苔と食物繊維を豊富に含んでいる食材をふんだんに使うことで食後血糖値の上昇を抑え、よりダイエットに適したお雑煮のレシピを作ってみました。満腹感も生まれやすいので、無駄食いを防ぐ効果も期待できます。

材料(二人分)

・切り餅 2個
・鶏もも肉 140g
・大根 50g
・人参 50g
・小松菜 1束
・椎茸 2枚
・だし汁 2カップ
・焼きのり 1/6切

・醤油 大さじ1〜
・みりん 小さじ2

作り方

①鶏もも肉は一口大に切る。大根、人参は薄めのいちょう切り、椎茸は軸を切り離しておく。

②小松菜は別の鍋で茹で、流水で冷やしてから水気を絞り、4cmの長さに切る。

③だし汁を入れた鍋に大根と人参、しいたけを入れ中火にかける。あらかた火が通ったら、鶏肉、醤油、みりんを加え、鶏肉に火が入るまで煮る。

④③をお椀に盛り、焼いた切り餅と②の小松菜、焼きのりを添える。

ライター/圓尾和紀
株式会社ふること代表。管理栄養士、フードコーディネーター。“伝統食の良いところを現代に取り入れる“をコンセプトに活動している。著書『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』がワニブックスより発売中。

元記事で読む