1. トップ
  2. レシピ
  3. 激安2ケタ食材「豆もやし」の美容効果は? Atsushi流レシピで抗酸化&リラックスのWエイジングケア

激安2ケタ食材「豆もやし」の美容効果は? Atsushi流レシピで抗酸化&リラックスのWエイジングケア

  • 2020.1.20
  • 3919 views

99円以下のお手頃価格で料理のボリュームアップにも役立つ「豆もやし」。2ケタ食材だからといって、あなどることなかれ。女性のキレイにとって嬉しい美容効果があるんです! Atsushi流・美に効く大満足レシピをご紹介します。

▼前回の記事はこちら

“2ケタ食材”でAtsushi流・美人ごはん!「ぶなしめじ」編

今回の“2ケタ食材”は……「豆もやし」!

Q 豆もやしに栄養なんてないですよね?
A それは残念な勘違い!
強い抗酸化力があるんです!

教えていただいたのは…

管理栄養
渥美まゆ美先生
Smile meal代表。フードコーディネーター、料理家、健康運動指導士。長寿食といわれる和食と地中海式料理の長所を兼ね備えた究極の長寿食「和タリアン料理」を提唱。幅広い分野で食と健康に関わる活動をしている。

豆もやしは、大豆イソフラボンを含んでいるのが特徴。大豆イソフラボンには強い抗酸化力があるので、肌の老化予防に役立ちます。また、大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た構造で作用するので、更年期障害の緩和や骨粗鬆症予防にも役立つといわれています。肌ツヤをサポートする葉酸や、リラックス効果&血圧降下作用があるといわれるギャバも豊富な食材なんですよ

今日から真似したい!
Atsushi流・美に効くレシピ

教えていただいたのは…

ファッション&ライフスタイルプロデューサー
Atsushiさん
ディーゼル、D&G、ヴェルサーチのPRを経て独立。自然派スキンケアブランド「abotanical」をプロデュース。野菜ソムリエプロ、漢方養生指導士初級。著書に『モデルがみんな知りたがる 美しくなる食べ方の全知識101』など。


 Recipe:1 

豆もやし+ツナ

ツナに含まれるビタミンB6は、ギャバをはじめとする神経伝達物質の合成をサポート。豆もやしと組み合わせて、イライラや不眠の予防対策に。

「豆もやしとツナのとろみスープ」

【材料】2人分
・豆もやし 1/3袋
・ノンオイルツナ缶 1缶
・おくら 5本
・とろろ昆布 6g
・長ネギ 1/2本
・にんにく 2片
・しょうが 10g
・ごま油 大さじ1
・水 400ml

(A)
・かつおだし 1スティック(8g)
・オイスターソース 大さじ1
・酢 大さじ1
・酒 大さじ1
・すりごま 大さじ2
・塩 適宜
・ブラックペッパー 適宜

【作り方】
①豆もやしは粗みじん切り、おくら、長ネギは輪切り、にんにくはみじん切り、しょうがは千切りにする。
②鍋にごま油を熱し、にんにく、しょうが、長ネギを炒める。
③にんにくの香りが出たら水を入れ、沸騰したらツナ、豆もやし、おくらを入れる。
Aを入れて味をととのえ、とろろ昆布をちぎって加える。

Atsushi's Comment!
ツナとかつおだしのイノシン酸に、とろろ昆布・オイスターソース・長ネギ・にんにくのグルタミン酸で、うま味がアップ! うま味の力で、長時間煮込まなくてもおいしく仕上がります。しょうがは体を温めて慢性的な冷えを軽減しながら、免疫力アップやアンチエイジング効果もあり。にんにく、長ネギにも血流を促し、体を温める作用があるので、寒い夜におすすめです


 Recipe:2 

豆もやし+トマト

豆もやしの大豆イソフラボンは、ビタミンやミネラル豊富なトマトを組み合わせることで、さらに抗酸化作用をアップ。

「豆もやしとトマトの油揚げマヨピザ」

【材料】2人分
・豆もやし 1/3袋
・ミニトマト 8個
・油揚げ 2枚
・オリーブ 10粒
・マヨネーズ 大さじ1
・塩 適宜
・ブラックペッパー 適宜

【作り方】
①油揚げをラップに包み、上から手で押して薄くする。豆もやしはみじん切り、ミニトマトとオリーブは薄切りにする。
②油揚げにマヨネーズを塗り、豆もやし、ミニトマト、オリーブの順に乗せる。
③オーブントースターで5分ほど焼き、塩とブラックペッパーをふる。

Atsushi's Comment!
油揚げは、ほぼ豆腐と同じ高タンパク質&低糖質。安いし、すごく使える食材なんです。抗酸化作用のある大豆イソフラボンや大豆サポニンなどが豊富で、老化防止に代謝促進など、健康・美容に嬉しい効果が! カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛など、普段不足しがちなミネラルもバランスよく含んでいます。揚げてあるぶん脂質多めですが、腹持ちがよく低糖質なのでダイエットにも◎。夜遅い時間でも罪悪感なく食べられます



撮影/藤澤由加 フードスタイリング/竹中紘子 料理製作/Atsushi 取材・文/国分美由紀 企画/織田真由(MAQUIA ONLINE)

元記事で読む