1. トップ
  2. ヘア
  3. トップの毛量を底上げできる、大人の「綺麗めポニーテール」

トップの毛量を底上げできる、大人の「綺麗めポニーテール」

  • 2020.1.20
  • 43548 views

ペタンコになりがちなトップをふんわり見せるポニーテールを教えてくださったのは、air-GINZA店長の長門政和さん。

「頭頂部の毛束をねじることで髪が根元から立ち上がったように見えるので、ボリューム不足が目立たなくなります。仕上げに結び目から髪を引き出して形を整えるとき、毛束を引っ張り出すから失敗するんです。ひとつまみ分の毛束をねじるだけで十分です」(長門さん)

必敗しないプロ技を教わります。

毛束をねじって根元と結び目からトップのボリュームをアップ!

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
渡邉 麗さん(44歳/LOHIA主宰)のHAIR CHART
  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★★★★
  5. 白髪の量 (少→多)★★★

髪が柔らかくボリュームも出にくい渡邉さんの髪質。「ひとつまみの毛束を引き出すだけではボリューム感が出にくいので、束ねる毛束の数を増やして、根元から毛量を底上げするといいでしょう」(長門さん)

アレンジ前
アレンジ前
■1:耳から下、頭頂部の左右と3つにブロッキング
髪を3つにブロッキングして、頭頂部の髪をピンで留めておく。
髪を3つにブロッキングして、頭頂部の髪をピンで留めておく。
■2:耳から下の髪を1つに束ねる
耳の先端くらいの高さで1つに束ねる。
耳の先端くらいの高さで1つに束ねる。
■3:頭頂部の片側の毛束を1~2回ねじり、2の毛束と一緒に束ねる
最初の毛束の結び目をまたぐように留めると結び目がモコモコしない。
最初の毛束の結び目をまたぐように留めると結び目がモコモコしない。
■4:残った毛束も同様に1~2回ねじって束ねる
3の毛束をまたぐようにして、残りの毛束も同様に1つにまとめて束ねる。
3の毛束をまたぐようにして、残りの毛束も同様に1つにまとめて束ねる。
■5:束ねたゴムを抑えながら、毛束をひとつまみずつねじってボリュームを出す
毛束を引き出さず、指先でねじるだけでOK。ランダムにバランスよくつまむこと。
毛束を引き出さず、指先でねじるだけでOK。ランダムにバランスよくつまむこと。
■6:顔まわりの後れ毛はバームなどのスタイリング剤をなじませて束感を出す
指先にスタイリング剤をなじませてから、後れ毛をねじりながら束感を出して。
指先にスタイリング剤をなじませてから、後れ毛をねじりながら束感を出して。

「このアレンジは髪がうねって広がりやすい人にも向いています。毛先をカールアイロンなどで巻いておけば、華やかな雰囲気になるので、フォーマルなシーンにも活用できます」(長門さん)

air-GINZA店長・長門政和さん。最近はまっているのがジンギスカン。「北海道で食べたのと同じくらい絶品なのが新橋の『しろくま』。おすすめです」

問い合わせ先

air-GINZA
住所/東京都中央区銀座1-2-4サクセス銀座ファーストビル3F
TEL:03-5524-0202
営業時間:平日・土11:00~21:00 日祝10:00~19:00
定休日:火曜

卓越した技術力はもちろんのこと、常に最新の美容を取り入れた本物のヘアケアを提案してくれる。
卓越した技術力はもちろんのこと、常に最新の美容を取り入れた本物のヘアケアを提案してくれる。
元記事で読む