1. トップ
  2. 恋愛
  3. 2番手女子必見!不満ばかり言う彼がそれでも本命彼女と別れないのはなぜ?

2番手女子必見!不満ばかり言う彼がそれでも本命彼女と別れないのはなぜ?

  • 2019.12.26
  • 1151 views

本命彼女の不満を言ってくるのに、いつまでたっても2番手から昇格できないことがあります。男性は不満があるのになぜ本命彼女と別れないのでしょうか?

本命と2番手は別だと考えているから

浮気をする男性は、本命彼女と2番手は別だと考えている人が多いようです。本命彼女は安心でき、愛情を感じている相手、2番手はときめきを感じ、ただ楽しみたいだけだと考えています。どんなに本命彼女に対して不満があったとしても、2番手を本命にすることは全く考えていないのかもしれませんね。そのため、不満があるだけで本命彼女と別れるという選択肢は思い浮かばないのでしょう。

また、本命の彼女に対する不満は、ただの文句ではない可能性があります。2番手の彼女はキープしておきたいだけなので、将来のことは考えていない可能性が高いでしょう。しかし、本命彼女は結婚を考えらえる相手のはずです。結婚を見据えているからこそ、不満なところは直して欲しい、自分の理想にもっと近づいて欲しいと考えています。不満を言っているのは、相手を信頼している証かもしれませんね。

優柔不断だから

本命彼女に不満を持ちつつ、本命と2番手のどちらか1人を選ぶことはできないと考えている可能性も考えられます。優柔不断の男性は、本命と2番手のそれぞれに好きなところがあり、どちらの相手とも別れるのが惜しいと思っています。そんな優柔不断タイプの男性には、2番手が二人の関係性を決めてあげる必要があるでしょう。本命と別れて自分と付き合うのか、それとも2番手の自分と別れるのか、今後の2人がどうなるのか選択肢を示してあげるのです。本命彼女に昇格したいなら、別れ話になることも覚悟して真剣に話し合いをしてみましょう。

寂しがり屋だから

彼女に不満があり別れを考えていても、2人と付き合うことで保険をかけておきたいと考えている可能性もあります。本命の彼女と会えないときは2番手を誘い、寂しさを紛らわせているのでしょう。そんな寂しがり屋の男性には、たった1人の女性と付き合うことは考えづらいのかもしれません。

また、本命に振られたら2番手に乗り換え、2番手に振られたら本命の彼女との付き合いを続行したいと考えている場合もあります。寂しがり屋な男性は、常に彼女がいる状態をキープしておきたいと考えます。複数の女性と関係を続けることで、1人になる期間ができないよう保険をかけているのです。男性自身の気持ちをより大切に考えているのでしょう。男性に都合の良いだけの関係になっていないか、今一度見つめ直してみてはいかがでしょうか。

元記事で読む