1. トップ
  2. メイク
  3. いま“中国顔”がキテる?! 話題の【チャイボーグメイク】を徹底解剖

いま“中国顔”がキテる?! 話題の【チャイボーグメイク】を徹底解剖

  • 2019.12.23
  • 33816 views

長く続いている韓国メイクのブームの次に「くる!」と言われているのが【チャイボーグメイク】。みずみずしいツヤ肌に太い平行眉、キラキラと光る涙袋にグラデーションリップという韓国メイクとは異なり、ばっちりメイクをきめた中国人美女たちのメイクのことで、中国の“チャイナ”と“サイボーグのように美しい整形美人”をかけて”チャイボーグ”と呼ばれています。そんな【チャイボーグメイク】のポイントに早速迫ってみましょう。

肌はワントーン以上明るくして、眉山のある長くて濃い眉を

チャイボーグメイクの基本はとにかく白い肌。この点は韓国メイクと変わりません。いつもよりもワントーン以上明るい色のファンデーションを使います。そして最大のポイントは“マット肌に仕上げること”。パウダーファンデーションやフェイスパウダーをいろいろ駆使して「お化粧しています!」感をしっかり出しましょう。

この投稿をInstagramで見る

滕雨佳(@s.amiu)がシェアした投稿

また、眉も重要な要素となってきます。眉山をしっかり作って、長くて濃い存在感のある眉で強めな印象を演出しましょう。

アイメイクもチークもリップも赤を主張

また、アイメイクでポイントとなるのが赤いアイシャドウ。理想は赤いシャドウを上下まぶたに入れることですが、抵抗のある方は色味をすこし落ち着かせて暗めのピンクにしたり、赤いシャドウは目尻側にだけポイント使いしたりすることですると良いでしょう。なお、アイラインはブラックのリキッドアイライナーで目尻を跳ね上げて描き、目頭側には目頭を切開するような“くの字”のラインを入れて目を切れ長な印象に仕上げます。

この投稿をInstagramで見る

滕雨佳(@s.amiu)がシェアした投稿

チークもアイシャドウと同じく赤を使い、目の下すぐの頬骨より上に入れます。また、リップはややダークなトーンの赤リップで。マットな質感のものを選んでください。さらに仕上げのシェーディングとハイライトも忘れずに。眉頭の下から鼻の横にノーズシャドウを入れて、鼻筋にハイライトもしっかり入れて立体感演出し、メリハリのある印象に仕上げます。

「いつものメイクに飽きてきた」、「新しいメイクに挑戦してみたい」という方にこそオススメの“チャイボーグメイク”。ぜひ今回紹介したポイントを早速採り入れて、新鮮な印象作りにトライしてみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>

元記事で読む