1. トップ
  2. おでかけ
  3. 竹久夢二美術館で“女性の袴姿”の歴史をたどる展覧会、夢二の絵や袴実物など約200点

竹久夢二美術館で“女性の袴姿”の歴史をたどる展覧会、夢二の絵や袴実物など約200点

  • 2019.12.23
  • 1063 views

竹久夢二美術館で“女性の袴姿”の歴史をたどる展覧会、夢二の絵や袴実物など約200点

企画展「はいからモダン袴スタイル展 ― 『女袴』の近代、そして現代 ―」が、東京・竹久夢二美術館にて、2020年1月7日(火)から3月29日(日)まで開催される。

undefined
www.fashion-press.net

「女袴」の歴史をたどる

今や女子大学生の卒業式の定番スタイルとして定着している、女性の袴姿。もとは宮中の装束であった袴は、明治から昭和初期に「女袴」へと形を変えて、当時の女学生を象徴する風俗として注目を集めた。同時に、明治初期に開業した富岡製糸場の工女が袴を身につけるなど、「働く女性」の装いでもあった。

「はいからモダン袴スタイル展 ― 『女袴』の近代、そして現代 ―」は、そうした「女袴」の歴史に光を当てる展覧会だ。日本画や挿絵原画、雑誌など約200点から、和装から洋装へ移りゆく短い期間に花開き、今もなお人びとを捉える「女袴」の魅力へと迫る。

竹久夢二や高畠華宵の作品多数

本展では、明治30年代以降に描かれた女学生の袴姿を多数展示。梶田半古による『魔風恋風 前編』口絵や大正時代に活躍した画家・竹久夢二の挿絵のほか、高畠華宵によるモダンでファッショナブルな挿絵を楽しむことができる。

袴や着物の実物展示も

また会場には、当時の女学生が着用していた袴や着物、徽章の実物などの資料も。さらに、大正時代から続く宝塚の「緑の袴」や、『はいからさんが通る』や『ちはやふる』といった漫画作品の複製原画も併せて展示し、現代でも色褪せぬ女袴の魅力を紹介する。

展覧会概要

はいからモダン袴スタイル展 ― 「女袴」の近代、そして現代 ―
会期:2020年1月7日(火)~3月29日(日)
会場: 竹久夢二美術館
住所:東京都文京区弥生2-4-2
時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(ただし1月13日(月・祝)、2月24日(月・祝)は開館)、1月14日(火)、2月25日(火)
入館料:一般 900円、大・高生 800円、中・小生 400円
※弥生美術館と2館併せて観覧可
※20名以上の団体は100円割引

【問い合わせ先】
竹久夢二美術館
TEL:03-5689-0462

元記事で読む