1. トップ
  2. ダイエット
  3. 脚のリンパマッサージは全体的に!部位ごとのやり方を解説

脚のリンパマッサージは全体的に!部位ごとのやり方を解説

  • 2019.12.20
  • 7915 views

脚の浮腫みを解消して、すっきり美脚を手に入れましょう。今回はHikaru先生にお願いして、脚のリンパマッサージの方法を部位ごとに詳しく教えていただきました。まずは、マッサージの効果からチェックしていきましょう。

脚のリンパマッサージで得られる効果

脚のリンパマッサージをすることで、浮腫み解消浮腫みにくい脚づくり脚の怠さ解消美脚効果脚の冷え改善などの効果が得られます。リンパマッサージでその日の浮腫みはその日の内に解消するクセを付けると浮腫みにくくセルライトも付きにくい、血流も老廃物も流れやすい脚になります。

脚のマッサージを行う手順

脚のリンパマッサージは足裏から脚の付け根まで行うことで脚全体の老廃物が流れやすくなります。まずは足裏からほぐし、順に足首、ふくらはぎ、膝、太もも、脚の付け根という順番でマッサージを行っていきます。

また、マッサージの前にお風呂で体を温めて、お風呂上がりにストレッチなどをしておくとリンパマッサージの効果がより高まります。

それぞれの部位のリンパマッサージのやり方

足の裏・甲

足指を1本ずつ前後に動かし、手の拳の第2関節で足の甲を指先から足首まで骨の間を数回流します。足の裏も同じように手の拳の第2関節を使い、足裏全体を指先から踵へ数回流します。

足首

両手の握り拳の第2関節で片方の足首を挟み、下から上へくるくる回転させたりしながら流します。浮腫みやすい方は内くるぶしと外くるぶし周辺に老廃物が溜まりやすいので、この部分は親指を使って下から上へと強めに流しましょう。

ふくらはぎ

まず片方の脛の骨の外側をながします。両手の親指を脛の骨のすぐ外側に置き、足首から膝下までしっかり流します。次に親指を使い内くるぶしから真上へ、ひざの横まで流します。

最後に両手で脛を持ち(親指が脛の裏側、他4本の指は脛の前側)親指の圧を強めてふくらはぎを足首から膝裏までしっかり流します。

膝のお皿周辺も老廃物が溜まりやすいです。膝のお皿の周囲を両親指で下から上へ数回流し、膝上の筋肉をほぐすように両親指を交差させるように動かします。次に、そのままの手の位置で両中指が膝裏に当たるようにして、膝裏の老廃物を散らすように中指を交差させながら動かします。

太もも

両手で太ももをつかむように持ち、親指が太もも前側に当たるようにします。両親指の圧を強め、膝上から脚の付け根までを数回流したら、太もも裏側に当たっている指で太ももを持ち上げるイメージで圧をかけながら膝上からお尻の下までを流します。

最後に片手で同じ側の太ももの内側、外側を手の平全体の圧で流して終了です。

脚の付け根

鼠蹊部は脚のリンパマッサージでもっとも重要な場所です。鼠蹊部が詰まったままだとせっかく足先から流してきた老廃物が排出されません。

鼠蹊部と言われる脚の付け根に両手の親指を当てて、圧をかけながら左右に大きくスライドさせます。ゆっくりじっくりほぐすように鼠蹊部は特に時間をかけてマッサージしましょう。

脚のリンパマッサージにおすすめのオイル

脚のリンパマッサージを行う際に使用するオイルは、スリミング効果や引き締め効果のあるオイルがおすすめです。せっかく足先からしっかりマッサージを行うので、マッサージとの相乗効果があると嬉しいですよね。

私自身はセルライトに効果的なオーガニックのオイルを使ってマッサージをしていますが、しばらくマッサージをサボると明らかに脚のメリハリに違いが出てしまいます。どんなオイルを選べば良いか分からない、という方はとりあえず、敏感肌の方も使える自然由来のオーガニックオイルを選ぶと良いです。

脚のリンパマッサージを行う際のポイント

脚のリンパマッサージを行う際のポイントとして、お風呂で体を温めストレッチをしてほぐしておくということ以外に、マッサージにかける指の圧が大切です。指先でピンポイントに圧をかけるのではなく、指の腹で圧をかけて老廃物を押し流すイメージでマッサージを行うとより効果的にリンパマッサージが行えます。

また、リンパマッサージでは痛いと感じる程の強さでマッサージをするとリンパ管を傷めてしまう可能性がありますので指の腹でじんわり圧がかかるようにマッサージを行いましょう。

脚のリンパマッサージで美脚に

浮腫みやすい脚は、こまめなマッサージが吉。足裏から鼠蹊部まで全体的にリンパを流してあげることが、何よりも大切です。お風呂上がりにオイルを使いながら、指の腹で気持ちよく老廃物を押し流しましょう。

この記事の監修者

Hikaru

全米ヨガアライアンス 、フィジカルトレーナー、スポーツリズムトレーニング デュフューザー資格を取得。エアリアルヨガのスタジオで空中ヨガやフローヨガのレッスンを行っています!

元記事で読む