1. トップ
  2. 山下智久 “真っ白”コラボスニーカーに大満足 嵐のメンバーに「一人ずつ手渡したい」

山下智久 “真っ白”コラボスニーカーに大満足 嵐のメンバーに「一人ずつ手渡したい」

  • 2019.12.19
  • 459 views
山下智久
KADOKAWA

12月19日、日本発のブランド“オニツカタイガー”が「ONITSUKA TIGER×TOMOHISA YAMASHITA 70th ANNIVERSARY コラボレーションシューズ発表会」を東京・ラフォーレミュージアム原宿で開催し、ゲストとして山下智久が登壇した。

【写真を見る】山下智久のコラボスニーカー 真っ白&ハイカットの特徴的なデザイン

今年がブランド誕生70周年というアニバーサリーイヤーで、国内外で人気を誇るデザイナーとのコラボレーションプロジェクトを展開。これまでに6組とのコラボシューズを発表してきたが、ラストを飾る第7弾のコラボ相手が山下智久であることがこの場で発表。

司会者に呼び込まれてステージに登場した山下は「とても興奮しました。スニーカーというのは世界的に見てもファッションの位置が高くて重要なものだと思っています。一緒に制作できてすごく光栄に思いました」とオファーを受けてコラボした心境を語った。

覆われたベールを山下がめくると、白いスニーカーが。「イメージ以上に素晴らしいものを作っていただきました」と完成品を見て満足そうな表情を見せた。

コンセプトは「ゴー・フォワード(GFWD)」。その理由を「前に進み続けるという意味があって、僕自身、壁にぶつかったり、スランプに陥ったりしたこともあるんですけど、歩みを止めずに邁進し続けることで次の新しい目標が見えてきた経験もしたので、進み続けることは生きていく上でも大事なことだと思いましたので」と説明した。

革素材、ソール、箱のデザインにまでこだわったスニーカー。出来栄えに点数をつけるなら?という質問には「95点」と回答。「100点をつけたいところですけど、より良いものを目指すという気持ちと、皆さんが履いてくれた時に100点になると思いますので(あとの5点を)埋めてもらいたいです」とコメント。

どんな人に履いてほしいかを聞かれると「どんな人にも履いてほしいですけど、希望と夢が詰まっている靴だと思いますので、頑張ってる人を応援できるようなシューズになってほしいです」と答え、ジャニーズ事務所の先輩・後輩の誰に渡したいかという質問には「先日、嵐のコンサートに行きまして、すごく白が似合うと思ったので、一人ずつ手渡していけたら。後輩から渡すのは恐縮なんですけど、チャンスがあれば」と嵐の名前を挙げた。

最後は「今年は皆さんに助けられた年でした。これからも僕自身、ゴー・フォワードして進んでいきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします」というメッセージで締めくくった。

このコラボレーションシューズは12月26日より発売開始。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=田中隆信)

元記事で読む