1. トップ
  2. レシピ
  3. 揚げ物だけどヘルシーで嬉しい「おからたっぷりサモサ」

揚げ物だけどヘルシーで嬉しい「おからたっぷりサモサ」

  • 2019.12.19
  • 1770 views

サモサとはインドの軽食として定番の料理。

起源はイラン高原にあるとされていますが、インドに渡りストリートフードとして定着し、“世界初のファストフード”とも言われています。
じゃがいもやグリーンピースなどを茹でて潰し、クミン、コリアンダーなどのスパイスで調味して、小麦粉、塩、水、油を混ぜ合わせて作った皮で包んで油で揚げたものです。

今回ご紹介するレシピはじゃがいもの代わりに食物繊維が豊富なおからを使い、春巻きの皮で包みます。
手軽でヘルシーに仕上げた一品ですよ。

■おからたっぷりサモサ

調理時間 25分

レシピ制作:伊藤 けいこ



<材料 2人分>
おから 100g
牛ひき肉 100g
玉ネギ 1/4個
ショウガ 1片
サラダ油 大さじ1

カレー粉 小さじ2
チリパウダー 少々
顆粒スープの素 小さじ1/2
甜菜糖 小さじ1
塩 少々
豆乳(成分無調整) 適量
春巻きの皮 3枚

小麦粉 大さじ2
水 大さじ2
揚げ油 適量

トマトピューレ50g
しょうゆ麹 大さじ1
オレガノ(ドライ) 小さじ1/2
オリーブ油 小さじ1
サラダ菜 適量

<下準備>
・玉ネギ、皮をむいたショウガはみじん切りにする。プライパンにおからを入れて軽く煎り、しっとりさが残るくらいで取り出しておく。<小麦粉のり>の材料を混ぜる。


おからは煎りすぎるとパサつくので注意してください。

<作り方>
1、フライパンにサラダ油をひき、玉ネギ、ショウガを炒め、しんなりしたら牛ひき肉を加え、ほぐしながら中火で色が変わるまで炒める。



2、<調味料>の材料を加え、さらに炒めて混ぜる。おからも加えてよく炒め合わせ、6等分にしておく。


パサつく場合は、豆乳や分量外の牛乳または水を加え、しっとりするくらいまで水分を調整してください。

3、春巻きの皮は縦2等分にし、1枚の端に(2)の具をのせ、三角に折りたたみながら包み、巻き終わりに<小麦粉のり>をぬって留める。残りも同様にする。


具を詰め過ぎると、中身が出やすくなるので注意しましょう。

4、170℃の揚げ油でカリッとキツネ色になるまで揚げる。



5、<トマトソース>を作る。ボウルに<トマトソース>の材料を全て入れ、混ぜ合わせる。



6、器にサラダ菜を敷き、(4)のサモサ、<トマトソース>を添える。



おつまみにも、おやつにもいいですね。

(株式会社マミーゴー)

元記事で読む