1. トップ
  2. ファッション
  3. 【GLAMなオトコ】Vol.28 パリコレNo.1モデル、アルセーヌ・ダルタニアン(ロバート・秋山竜次)×AMIAYAスペシャル対談。スタイルは工夫次第でカバーできる!

【GLAMなオトコ】Vol.28 パリコレNo.1モデル、アルセーヌ・ダルタニアン(ロバート・秋山竜次)×AMIAYAスペシャル対談。スタイルは工夫次第でカバーできる!

  • 2019.12.17
  • 1168 views
GLAM-アルセーヌ・ダルタニアン×AMIAYA_01

お笑い芸人ロバート・秋山竜次がさまざまなクリエイターに扮して密着取材を受ける人気企画「クリエイターズ・ファイル」。誰もが思わず「こんな人、いるいる!」と共感する、秋山竜次ならではのセンス溢れる視点に虜になっている方も多いのではないでしょうか。YouTubeで新作動画が公開される度に話題を呼び、人気キャラクターもぞくぞくと登場するこの企画。10月25日には最新刊『クリエイターズ・ファイルVol.03』(ヨシモトブックス刊)も発売されるなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。

そんな「クリエイターズ・ファイル」のキャラクターのひとり、パリコレNo.1モデルのアルセーヌ・ダルタニアンがこの度ファッションブランド「jouetie(ジュエティ)」とコラボレーション。その人間離れした体型から“神スタイル”と称されるスタイルをデザインに落とし込んだアイテムが好評発売中です。 それを記念してダルタニアンが緊急来日、同ブランドクリエイティブディレクターのAMIAYAとのスペシャル対談が実現しました。AMIAYAとの意外な関係⁉と、コラボアイテムへの並々ならぬこだわりを“ダルタニアン節”炸裂で語ってもらいました。

GLAM-アルセーヌ・ダルタニアン×AMIAYA_02
Q. 今回日本のブランド「jouetie」とコラボされた感想や、ディレクターのAMIAYAさんの印象をお聞かせください。

ダルタニアン(以下D):「jouetie」が若者向けのポップなファッションを提案していることはパリにも噂が届いていたよ。今回コラボの話をもらって、僕の武器である体型を生かしたアイテムにするしかない、と思ったんだ。AMIAYAのことは小さい頃から知っていて、パリで追いかけっこをしているのをよく見ていたよ。缶蹴りや姉妹ゲンカもしていたね(笑)。その頃から「この子たちは何か持っているな」と。今回のコラボでもたくさんアイデアを出してくれたし、これは一緒にやる価値があると確信したよ。

Q. 今回のコラボ商品のポイントは?

AMI:一番はダルタニアンさんの神スタイルを表現したところです。いま着ているセットアップは最初に制作に入って、そのあとハイネックニットやフーディなどのインナーに落とし込んでいきました。とくにロンTはダルタニアンさんのアー写(宣材写真)をプリントした、誰もが取り入れやすいデザインになっています。

D:そうだね。とにかく徹底して痩せて見えることにこだわったよ。毎回パリに試作品が届くんだけど、何度も「もっとえぐってくれ」「俺は97kgあるんだからこの程度では痩せて見えない。とにかくえぐってくれ!」と修正を繰り返したんだ。

AYA:とくにセットアップはジャケットとパンツのサイドの黒のラインが合うように、試行錯誤を重ねましたね。

D:その甲斐あって立っている時だけじゃなく、座っていても痩せて見えるセットアップになったよ。あとはインナーの展開もあるから、重ね着ができるところもポイントかな。「どうせ脱いだら太っているんでしょ?」と言われても、脱いでも痩せて見えるところがいい。そのおかげで自信をもって飯を食えているんだ。実際、このセットアップに頼ってしまったおかげで体重が3kg増えたしね(笑)。

GLAM-アルセーヌ・ダルタニアン×AMIAYA_03
Q. ついつい食べ過ぎちゃうこれからの季節、嬉しい限りです!今回のコラボ商品は、どういったシーンで、どのように着用するのがおすすめですか?

D:強いて言うなら……全シーンだね。セットアップは人が集まる場所すべて。パーティに限らず、人が3人以上集まるところ。家族・親戚の集まりや同窓会とか……。日本にも同窓会はある? でも、痩せたい痩せたくないにかかわらず、サイドの黒ラインが効いたデザインだから、ファッション好きの皆におすすめできるよ。

AMI:背景が黒じゃなければ切り替えデザインのセットアップとして、背景が黒であれば簡単に神スタイルが手に入ります(笑)。

Q. 性別、シーンを問わず、ダルタニアンさんのような神スタイルが手に入るなんて、これはマストバイアイテムですね! でも、日本の女性の中には自分のスタイルに自信が無かったり、コンプレックスを持っている人が多いんです。ダルタニアンさんからそんな日本の女性に向けてアドバイスをお願いします。

D:さっきも言ったけど、僕はいま体重が97kg、年を越すころにはきっと100kgに到達しているだろう。見てもらえればわかるようにスタイルは工夫次第でなんとでもカバーできる。なんなら僕はふくよかな女性が好きだし、誰もが痩せている必要はないと思う。あえてダイナミックなヒップを生かした着こなしをするとか、コンプレックスをチャームポイントに変えていけばいいんじゃないかな。

Q. 素晴らしいアドバイス! 全女性が勇気づけられると思います。ところで、同じファッション業界で活躍されているデザイナーのYOKO FUCHIGAMIさんとは交流があるそうですね?

D:そうだね。お食事に誘ってもらったり、最新ファッションやFUCHIGAMI9姉妹のお話を聞いたり……。参考になることばかりだから、パリコレに持ち帰っているよ。彼女はよく「裸が一番のおしゃれ」と言っているんだけど、僕もこのスタイルで勝負していることもあって、少なからずそのマインドを受け継いでいる部分はあるかな。

GLAM-アルセーヌ・ダルタニアン×AMIAYA_04
Q. 先日、最新刊『クリエイターズ・ファイルVol.03』が発売されたと伺いました。もしもダルタニアンさんが今後「クリエイターズ・ファイル」で紹介されている個性的なクリエイターとコラボするとしたら、どなたとしてみたいですか?

D:うーん、難しい質問だね。たくさんクリエイターがいすぎて選ぶのが難しいよ(笑)。

AYA:カリスマヒップトレーナーのMICOさんとかは?

D:尻のクリエイター、略して尻エイターMICOか! いいかもしれないね! 履くだけでヒップが上がって見えたり、大きく見えたりとか。いっぱい綿詰めるとかね。コラボ第2弾もまたAMIAYAに作ってもらおう。

Q. 次回作に向けていろいろ構想が膨らみますね! ちなみにもうすぐクリスマスですが、ご予定はありますか?

D:♪ク~~リス~マスフフフフ~~~(突如ハイトーンボイスで、稲垣潤一の『クリスマスキャロルの頃には』を日本語で歌いだす) この歌、好きなんだ。歌いだしがずっと変わらないね。今年は日本のクリスマスソングを聴きながらゆっくりと過ごしたいね。

Q. 貴重な歌声を披露いただけるとは(笑)。日本への愛で溢れているダルタニアンさんですが、AMIAYAさんは今回ご一緒されていかがでしたか?

AYA:ダルタニアンさんのセルフプロデュース力にとても刺激を受けました。私たちも仕事柄プロデュースすることが多いので。

AMI:そうですね。ダルタニアンさんを見習って、ファッションを通じて自分たちの良さやスタイルを持ち続けることの大切さを発信していきたいと思います。

Q. それでは最後に、ダルタニアンさんにとって日常で“GLAM(魅力的・幸せ)”を感じる時間とは?

D:足つぼマッサージかな。僕の体重を支えている部分、とくに足が疲れやすいからこまめにケアしないとね。

【プロフィール】
Arsène D'Artagnan(アルセーヌ・ダルタニアン)
/パリコレNo.1モデル。パリコレ・ビッグ4のひとりとしても知られ、その人間離れした体型から地元フランスでは「スタイルの神」とリスペクトされている。好きな色は黒。

■最新刊『クリエイターズ・ファイル Vol.03』
ヨシモトブックス刊 1,500円(税抜)amazon他にて好評発売中!

GLAM-アルセーヌ・ダルタニアン×AMIAYA_05

AMIAYA(アミアヤ)/TOKYOを代表するファッションアイコンとして活躍中のツインズユニット。原宿のストリートスナップで注目を集めモデルとしてデビュー。さらにアーティスト、DJと活動の幅を広げ、日本のポップカルチャーを世界へ発信する存在に。クリエイティブディレクターを務める「jouetie」は幅広い層から支持される人気ブランドへと成長し、海外 進出をも果たす。ファッションと音楽を融合させた彼女たちの表現に、さらなる活躍が期待されている。

■ダルタニアン×jouetie
jouetie、RUNWAYchannel、ZOZOTOWNにて好評発売中!

GLAM-アルセーヌ・ダルタニアン×AMIAYA_06

両サイド ダルタニアンNo.1スタイルハイネックフーディ(MEN&WOMEN)6,500円(税抜)、センター ダルタニアン フォト&メッセージロンT(MEN&WOMEN)6,000円(税抜)


Photographer/ Masakazu Sugino Writer/ Saki Yamamoto

元記事で読む
の記事をもっとみる