1. トップ
  2. 大野智、木村昴と自己紹介ラップを制作「櫻井翔、食ってかかるぜ」

大野智、木村昴と自己紹介ラップを制作「櫻井翔、食ってかかるぜ」

  • 2019.12.15
  • 230 views
大野智が「嵐にしやがれ」でラップを披露
KADOKAWA

12月14日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系) のゲストに声優の木村昴が登場。大野智にラップを指導した。

木村昴の自宅をテレビ初公開! フィギュアなどのコレクションがぎっしり!

アニメ「ドラえもん」(テレビ朝日系)でジャイアンの声を務める人気声優の木村だが、近年は、音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」で、山田一郎というキャラクターを担当。ラッパーとしての仕事も増えている。

そんな木村に大野は「ラップ、僕ね、ダメなんですよ」と告白する。嵐の楽曲でラップをすることはあるが「メンバー、めちゃくちゃ笑いますからね」と言い「口が回らない」と話す。そこで木村が大野にラップを講義。まずはラップ用語をレクチャー。

「レペゼン」という単語には「代表」という意味があり、「俺はレペゼン東京」というと「俺が東京代表」という意味になると教える。理解した大野が「嵐レペゼン」と発すると、木村は「それを言える人めっちゃ少ないから超カッコイイ」と褒め、大野も「5人しか言えないですもんね」と笑顔になる。

その後、実際に大野の自己紹介ラップを木村とともに作っていく。まずは大野の基本情報をおさらいする。好きな言葉が「3時間巻き」とわかると、木村は「めちゃくちゃパンチラインですよ」と、インパクトのある歌詞になると褒める。

大野は番組などの収録時間が予定より早いという意味の「巻いてる」という言葉が好きで、マネージャーから3時間巻いてると言われると嬉しいと言い「2時間よりは3時間」と話す。そんな中、ラップが完成。

ビートに載せてキャップを横にかぶり、サングラスをかけた大野が登場。

「俺はリーダー、趣味は釣りだ/夢は本マグロ仕留めるリーダー/甘いニンジン大嫌い/スマホ充電器ないなんてありえない/『3時間巻き』好きな言葉の一位だ/パン屋もいいが、俺こそがリーダー」と見事に決めた。

木村から「大野さん、イケるっすよラップ!」と褒められると、大野はラップで「櫻井翔、食ってかかるぜ」とノリノリでラップした。

SNSでは「木村昴さんが大野くんにラップ教えてる!!」「ラップのことを熱く語る昴くんかっこいいです!」「ジャイアン声優として紹介されて出てきたのに大野智にラップ講座する木村昴なんて誰が想像したよ?」などのコメントが上がっていた。(ザテレビジョン)

元記事で読む