1. トップ
  2. グルメ
  3. 木箱のふたを開けると必ず歓声が上がる手土産!ピエトロ・ロマネンゴの宝石のような砂糖菓子「フルッタカンディータ」

木箱のふたを開けると必ず歓声が上がる手土産!ピエトロ・ロマネンゴの宝石のような砂糖菓子「フルッタカンディータ」

  • 2019.12.17
  • 2155 views

【お遣い物ベストセレクション2019年版 vol.20】「ピエトロ・ロマネンゴのフルッタカンディータ」

お世話になっている仕事仲間、親しい家族や友人たちへ。みんなで食べて盛り上がる、極上の差し入れ名品

美味しいものに出合ったら、だれかと分かち合いたくなるもの。男女問わず大勢の人が集まる場所への差し入れで「美味しいね」と声をそろえたり、気心の合う人と「さすがだね」と称賛し合ったりできる、愛すべき逸品をセレクト。

本記事でご紹介するのは、ライター・藤井志織さんが選んだピエトロ・ロマネンゴのフルッタカンディータ。

「まるで宝石みたい!木箱の蓋を開ける瞬間に上がる歓声が楽しみです」(藤井さん)

創業1780年、イタリア・ジェノバの砂糖菓子店がこだわるのは、変わらぬ手づくり製法。職人が新鮮な果物を何日もかけて砂糖漬けにした「フルッタカンディータ」は、うっとりするほど贅沢な果実感。果物の中心部まで均等にシロップが浸透しています。

「私的にはワインやリキュールとともに味わいたい逸品です。食にこだわりをもつ女性たちにも喜んでもらえそうで、リッチで気品ある甘さに、思わずため息が出ます」(藤井さん)

イタリアの伝統製法を守り続ける宝石のような砂糖菓子
手土産_1,プレゼント_1,スイーツ_1
フルッタカンディータ(木箱入り)¥10,000※木箱は予約販売、中身のみ量り売りもあり(100gあたり¥1,500)

マンダリンオレンジ、びわ、洋なし、プルーン、イチヂクなど種類も豊富。種と実の間にも小さな空洞をつくり、全体にシロップを浸透させる職人技で長年愛され続けている伝統菓子です。

今秋から、「ホテルオークラ東京」でも購入可能予定です。

※掲載した商品は税抜です。

問い合わせ先

  • NONNA&SIDHI SHOP
  • 営業時間/11:00~19:00 日曜・祝日休み
  • TEL:03-5458-0507
  • 住所/東京都渋谷区恵比寿西2-10-6 大槻ビル102
元記事で読む