1. トップ
  2. 片寄涼太、橋本環奈が漫才を披露! 映画『午前0時、キスしに来てよ』公開記念舞台挨拶in大阪

片寄涼太、橋本環奈が漫才を披露! 映画『午前0時、キスしに来てよ』公開記念舞台挨拶in大阪

  • 2019.12.14
  • 357 views

「別冊フレンド」(講談社)にて絶賛連載中、みきもと凜の大人気少女漫画「午前0時、キスしに来てよ」。国民的スーパースター・綾瀬楓役に片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、スターに恋する普通の女子高生・日奈々役に橋本環奈を迎え、同タイトルにて実写映画化。12月6日(金)より公開されている。

【写真を見る】漫才を繰り広げた片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈

12月8日(日)、大阪市浪速区にある「なんばパークスシネマ」にて、「公開記念舞台挨拶in大阪」が開催され、W主演の片寄涼太、橋本環奈が登壇した。

映画『午前0時、キスしに来てよ』公開記念舞台挨拶in大阪が開催され、W主演の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈が登壇した
KADOKAWA

「キャー!」という悲鳴にも似た大歓声の中、姿を現した2人。舞台上に設置されたスタンドマイクに向かい「はい、どうもー!片寄です!環奈です!2人合わせて“よせかん”です!」と漫才風に登場。片寄が「無事ライブが終わりまして、飛んできましたよ」と、直前までGENERATIONSのライブが行われていた京セラドームからやってきたことを明かすと、橋本が「まさか間に合うとは思わなかったですよ」と返答。会場からは大きな拍手が起きた。続けて橋本が「これこそスーパースターなんだなと思いました」と述べると、片寄が「皆さんに会いに来たよ!なんつって」と囁くと、再び会場内には黄色い声が飛び交った。と、ここまできて橋本が「私達が一番動揺しています、この状況に」と本音を明かすと片寄は「そろそろスタンドマイクはけていただいて宜しいでしょうか」と、漫才風トークを続けるのに限界を感じていることを告白した。

【写真を見る】漫才を繰り広げた片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈
KADOKAWA

MCが「息ピッタリのまるで兄弟の様に仲良しなお二人!」と紹介。橋本は「あのね、おかしいです。舞台挨拶で漫才するっておかしいです!」と訴え掛けると、片寄は「やれて良かったです!」と満足気な様子。それを見た橋本が「1人だけ乗り気なんですよ…」と呆れ気味の表情。片寄は、東京での舞台挨拶後に監督やスタッフとご飯を食べている際に「漫才いけんじゃない?」という話になったと明かした。とは言え、打ち合わせは全く行なわれなかったと言い、橋本は「漫才するって言われたのさっきだから」と述べると片寄は「ビックリしたね!」と、まさか実現に至るとは予想もしていなかったと言及した。

片寄が大阪出身であるため、作品が公開となった感想を関西弁でと求められると「全部聞いてねぇわ…」と呆気にとられた様子。とは言いつつも「ライブがあったことで、この大阪で舞台挨拶ができるということもめちゃくちゃ嬉しいですし、とても特別な気持ち」とリクエスト通り関西弁で答えた。続いて感想を求められた橋本が「めちゃくちゃ嬉しいです」と関西弁で述べると、「上手いね!」と片寄からお褒めの言葉が。そして「こういうノリで出てくる舞台挨拶は無いので、ちょっとビックリしている。まさか片寄さんが京セラドームから間に合うと思っていなかった」と言い、ライブ終了後に移動する際、渋滞に巻き込まれたため、車の中で着替えたことが明かされた。「めちゃめちゃ働かせるなって思う。それでもこうやって爽やかな笑顔で王子が舞い降りてきたので、皆様心待ちにしていたんだろうなと思う」と感想を述べた。

GENERATIONS のライブを終え、京セラドームから駆け付けた片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
KADOKAWA

本作にてスーパースターを演じた片寄。意識した部分について「そうですねぇ…まぁ、ありのままでいこうかなって」と述べ、すぐに「すみません!」と謝ると、会場からは「フー!」という感嘆の声が。それを聞いた橋本が思わず「『フー!』じゃなくて、つっこんで!つっこんで!」と言う場面も。改めて片寄が、監督からは「やり過ぎず、とにかく自然に自然に」と言われていたと明かした。また「今までGENERATIONSとして活動してきた時間プラス個人としてお芝居に挑戦させていただく時間など、今まで過ごしてきた時間全部がこの楓という役の役作りになるというのは、今までも出会ったことのない役だし、今後も多分出会うことのない役どころだと思う」と、感慨深いものだったと話した。

橋本は、楓とは住む世界の違う普通の女子高生・日奈々という役は自分とはあまり似ている部分がなかったと明かし「お芝居をしていて新鮮だった」という。また、スーパースターとの恋だからこそ、観ている人が日奈々のキャラクターを嫌いにならない様にしたいと心掛けていたと述べた。

片寄演じる楓は、見ただけでヒップサイズを当てることができる“おしり星人”であるということにちなんで、自分は何星人であるかと問われると片寄は「僕は多分唐揚げ星から来てますけどねぇ…」と回答。どういうところが好きかと尋ねられると「『えっ、嫌いな人います?』というくらい、僕の中ではド直球な食べ物です!」と、唐揚げに対する想いを熱く語った。

一方橋本は「掃除大好き星人ですかね」と述べると、会場のあちらこちらから「あー」と言う声が上がり、すかさず片寄から「すっごいですよ。噂で聞いたところによると、使っていないお皿を洗いたくなるらしいです」との発言が。橋本は「洗ってピカッてする感じが好き」と理由を述べ、続けて「気付けば掃除している。お家は基本掃除をするのだが、楽屋とかもピチーっと並んでいないと嫌だったりする」と几帳面な部分を覗かせた。

自らを‟掃除大好き星人”だと明かした橋本環奈
KADOKAWA

本作は、楓と日奈々の奇跡の様な運命の恋に落ちるストーリーということから、「これは運命だ!」と感じた出会いについて問われると、橋本は「マネージャーとの出会い」と即答。3年程実際に一緒に住んでいたこともあり、家族みたいな存在だと明かした。

片寄は、運命だと思うことは沢山あるとした上で「この楓という役に、このタイミングで出会えたこともすごく運命だと思う。もし2、3年前とか違うタイミングでお話をいただいていたとしたら、違う楓になっていただろうなと思うと、今の自分のタイミングで良かったなと思う」と語った。

続いてサプライズとして、片寄、橋本に、原作者のみきもと凜からメッセージとイラストの入った色紙を預かっているとして、本作のプロデューサーより手渡された。2人は「すごーい!」と大感激。橋本は「本当に嬉しい。まさかこんな風にサプライズを用意していただけるなんて思っていなくて…漫才のサプライズより、全然嬉しいです」とコメント。片寄は「こんな絵を描いていただいたのは初めてなので。宝物にしたいと思う」と感動しきりだった。

原作者のみきもと凜より、サプライズで色紙がプレゼントされた
KADOKAWA

最後に橋本は「公開して2日経ち、これだけ皆さんに作品が愛されていると思うとすごく有難いと思うと共に、今年映画を撮っていた時の自分に教えてあげたい。映画を作っている時は、どういう反応をしてもらえるのかと思っていて、出来上がってから皆さんの意見を聞いて変えることってできないものなので、皆さんに楽しんでいただけたらなとか、面白いと思って貰いたいなとか思いながら撮影していたりする。こうやって生で皆さんの声を聞くことができてすごく嬉しい」と語り、続けて「少しでもいいなと思ったら、色んな人に広めてほしいなと思うし、是非皆さんも、2回、3回と劇場に足を運んで観ていただけたらなと思う」とPR。 片寄は「この映画はスーパースターと女子高生の恋ということで、本当に今までこんな映画観たことないなと思うし、芸能界の恋愛模様や裏側を覗ける様な作品になっていると思う。女性だけでなく、幅広い方々に観ていただいても、心温まるラブストーリーになっているのではないかと思う」と述べ、「是非是非、気に入っていただいた方は周りの方をお誘いいただいて、また劇場に足を運んでいただけると、とても嬉しいなと思うし、劇場の中の楓とか皆さんも喜ぶのではないかなと思う」と語り、舞台挨拶は終了した。(関西ウォーカー・南華凛)

元記事で読む