1. トップ
  2. 帰省時の手土産におすすめの「どら焼き」4選 【川田裕美の東京あんこ巡り 第12回】

帰省時の手土産におすすめの「どら焼き」4選 【川田裕美の東京あんこ巡り 第12回】

  • 2019.12.13
  • 4262 views
KADOKAWA

【写真】両手にどら焼きでほっこり笑顔の川田裕美アナ

第12回のテーマは「どら焼き」。国民的アニメキャラクターの大好物として有名で、「DORAYAKI」の名は世界に知れ渡っています。「コンビニなどでも売っていて、本当に安心できるあんこ菓子」と川田さんももちろん大好き。老舗の伝統品から、最新の創作系まで個性豊かなどら焼きを紹介します。

老若男女を問わず愛される、王道の「うさぎや」

テレビ局の現場でどなたかが差し入れていて、みんなが喜んで食べているという光景をよく見るのが「うさぎや」さんのどら焼き。上野、日本橋、阿佐ヶ谷にあって、それぞれ少しずつ味が違うので食べ比べてみるのも楽しいです。

今回紹介するのは、本家である上野の「うさぎや」さんのどらやき1個205円(税込)。創業は大正2年(1913年)で、どら焼きは2代目ご主人の代から販売しているそうです。

「キレイな焼き色の皮、中央がこんもりと膨らんで、まさにザ・どら焼き。みんなが知っていて、『うさぎやさんのどら焼きなら間違いなくおいしい』という安心感があります」
KADOKAWA

こちらのどら焼きはとにかく焼き色がキレイ。皮はモチッとしていて、まさに“ザ・どら焼き”といった安定感があります。あんこは粒あんでかなりなめらか。食べた時に粒が口の中にしっかり残るところが好きです。あんこの量は少なめに見えますが、皮もしっかり甘いのでちょうどよくバランスが取れています。

何より「うさぎや」さんの素晴らしいところは、奇をてらっていないところ。誰もが知っている昔ながらのどら焼きで、お子さんからお年寄りまでみんなに愛されている王道の逸品です。

「どらやき」1個205円(税込)。粒あんは十勝産の小豆を使用。食べた時に口の中にあんこの皮だけが残らないよう、柔らかく丁寧に煮ている。16:00までは温かい出来たてを販売
KADOKAWA

見た目の可愛さはピカイチ!「紅谷」のミニどら

続いては表参道にある「紅谷」さん。こちらも大正12年(1923年)創業の老舗ですが、すごく控えめなお店です。以前は路面店だったそうですが、現在はビルの9階にあり、知らないとたどり着けません。私も店の前を何度も通っていたのに、まったく気づきませんでした。

名物の一つがミニどら1個226円(税込)。その名の通り、サイズはかなり小さいですが、あんこがギッシリ入っています。甘さ控えめの粒あんなので、たくさん詰まっていても甘すぎることはありません。

そして見た目の可愛さがたまらないです。手土産で持っていくと、まずその見た目で喜ばれます。そして「どこの店なの?」と聞かれたら、「『紅谷』さんという歴史があるお店なんですよ」と答えるとさらに興味を持ってもらえます。そんな会話も弾む、どら焼きです。

「このサイズ感が可愛い! それでいてあんこがたっぷりで、案外と食べ応えがあります。営業は週4日だけで、商品数もそんなに多くないので事前に予約するのが確実です」
KADOKAWA
「ミニどら」1個226円(税込)。みずみずしい粒あんがたっぷり。焼き印は「紅」(写真)のほか、数種類あり。基本的にはすべての商品が事前予約制(前日15:00までに電話・店頭で受付)
KADOKAWA

創業145年「岡埜栄泉総本家 いろがみ」の新名物

ここからは進化系のどら焼き。まずは「岡埜栄泉総本家 いろがみ」さんの香りのバターどら焼き1個300円(税込)。こちらのお店は、上野で145年営業していた「岡埜栄泉総本家」さんが2018年に麻布に移転し、新たにオープンした店です。

香りのバターどら焼きは、そのズッシリと大きなビジュアルに惹きつけられます。皮は厚めですが、手に持つとフワフワで、食べる前のワクワク感をいっそう掻き立ててくれます。そして一口食べた時の衝撃。中にフランス産の高級バターが入っていて、口全体にバターの芳醇な香りが広がり、まさにネーミング通りです。

「皮の焦げ目、生地の黄色、そしてあんこの三色のコントラストが美しく、まさにアニメに出てくるどら焼き。皮はフワっとしていて、高級バターと大納言のバランスも絶妙です」
KADOKAWA

もちろんあんこもさすがのおいしさです。北海道産の高級大納言を使っているそうで、粒がしっかり残っています。食感はすごくいいのですが、それでいて苦味や渋味は全くありません。そうさせているのが高級バター。大納言の強さに負けないくらい、バターの風味も利いています。

見た目は昔ながらのどら焼きですが、食べたら一味も二味も違う。そんな驚きの詰まったどら焼きです。

「香りのバターどら焼き」1個300円(税込)。生地はフランス産の小麦粉に、牛乳をたっぷり加えて自然の甘味を出している。北海道産「雅小豆」を使用した粒あんは、コクがある
KADOKAWA

組み合わせは無限大! 「昼どら」の創作どら焼き

最後は中目黒の「昼どら」さん。2019年9月にオープンしたばかりで、こちらのどら焼1個200円~は、皮(3種)とあんこ(4種+季節あん)、そしてトッピング(10種以上)を自由に組み合わせるスタイルです。

今回はお店のおすすめの組み合わせ。一つ目は「練乳入りふんわり皮・こしあん・煮リンゴ&生クリームはちみつ」1個350円です。皮はモチモチで、最後に練乳がふわっと残る感じ。あんこは有名メーカー「茜丸本舗」さんのものですごくなめらか。リンゴのシャキシャキ感がアクセントになって、後味はスッキリです。

もう一つは「自家製塩麹入しっとり皮・つぶあん・マスカルポーネ」1個250円。生地は砂糖不使用で塩の風味が利いていて、しっかりと甘味がある粒あんとよく合います。そしてマスカルポーネとあんこの組み合わせが斬新。もともとあんこと乳製品は相性がよいので、味は間違いありません。あんこの甘さの後味をふんわりまろやかにしてくれます。

「見た目はどら焼きというより、クレープに近いです。自分で組み合わせを選ぶタイプは、これまでなかったので新しいですね。最高の1個を作り出す楽しみがあります」
KADOKAWA
左から「グリテンフリー抹茶入もちもち皮・低糖つぶあん・黒蜜&きな粉」1個250円、「練乳入りふんわり皮・こしあん・煮リンゴ&生クリームはちみつ」1個各350円ほか
KADOKAWA

以上、いかがでしたか。私がどら焼きを初めて知ったのは、やっぱり子供の頃、あの有名アニメでした。どら焼きは食べやすさもあって、とても身近なあんこ菓子だと思います。それでいて今回紹介したように、いろいろなバリエーションがあるのが興味深いです。私自身、まだまだどら焼きを探求する旅は続く気がします。ぜひみなさんも“最高のどら焼き”を見つけてください!

取材・文=河合哲治郎/撮影=島本絵梨佳、吉澤広哉/フードスタイリング=片野坂圭子(東京ウォーカー)

元記事で読む