1. トップ
  2. 関ジャニ∞、今年の一文字は『∞』「今後も無限大の関係性を作っていきたい」

関ジャニ∞、今年の一文字は『∞』「今後も無限大の関係性を作っていきたい」

  • 2019.12.12
  • 1610 views
「ドバイ国際博覧会日本館 ジャパンデー1年前記者発表会」に出席した関ジャニ∞ら
KADOKAWA

【写真を見る】受け取った任命状を高く掲げてアピールする村上信五

関ジャニ∞が12日、「ドバイ万博日本館PRアンバサダー」に任命され、東京都内の経済産業省本館で行われた「ドバイ国際博覧会日本館 ジャパンデー1年前記者発表会」に出席。梶山弘志経済産業大臣から任命状を受け取ると、村上信五は両手で高く掲げて「ありがとうございます。ドバイには2度お邪魔したことがあるのですが、ここで万博が開かれたらどうなるんだろうというワクワク感もある中、(2025年に)大阪万博が決まったので不思議なご縁を感じました。ぜひとも尽力させていただきたい」と意気込みを語った。

来年10月20日に開幕する「ドバイ万博」や日本館について情報発信と、ドバイと日本の架け橋を担う「ドバイ万博日本館PRアンバサダー」。どのようにアピールしていくか?と聞かれると、横山裕は「ドバイは世界から注目されている。僕たちも学べることを吸収しつつ、僕らはいろんな曲を歌わせてもらっていますので、そういうところで歌わせていただけたら」とライブの開催を希望。また、大倉忠義は「ジャニーズがやってきたエンターテインメントはどこもやっていないので、そこを見て驚いていただきたい。日本にはこんなにすごいエンタメがあるんだというのを表現してみたい」と語った。

メンバー5人の中で、ドバイを訪れたことがあるのは村上のみ。「宮殿や高層ビルもすごかったですし、ホテルの天井の高さとか、スケール感に圧倒されましたね。空港行っただけでもビックリするぐらい」と、急速な発展を遂げたドバイの規模の大きさに驚いたエピソードを披露。報道陣から「お金持ちの国だからドバイに行った?」とおなじみのネタでイジられると、村上は「僕なんてドバイでは鼻くそですよ!」と苦笑した。

ドバイ万博の5年後となる2025年には、大阪万博が開かれる。安田章大は「これから5年の中でどんどんいろんなことを吸収して成長していきたい。その中で自分たちのエンタメ、そしてエンターテイナーの表現の幅を広げられたら。底力をしっかり備えながら表現したい」と未来を見据えた。

関ジャニ∞の2019年の一文字は「∞(無限大)」
KADOKAWA

2019年も残りわずか。「今年を漢字一文字で表すなら?」と問われると、代表して丸山隆平が答えることに。「緊張しています」と言って、悩みながらも「今年は“令和”という新しい時代に入ったということ、日本は昔、大きな和と書いて“大和”。そしてこの(ドバイ万博の日本館のロゴの入った)バッジも人と人との和の象徴ということで…、今年は“和”です!」と回答。続けて関ジャニ∞としての一文字を問われると、「僕たち関ジャニ∞で、“∞”(無限大)。2つの輪(和)なので。これがずっと続いて今後もみなさんと無限大の関係性を作っていきたいので、“∞”でお願いします」と、きれいにまとめて安どの表情を見せていた。

「ドバイ万博日本館PRアンバサダー」は関ジャニ∞のほか、歌手の嘉門タツオ、宇宙飛行士の山崎直子氏、元乃木坂46のメンバーで女優の若月佑美、東海大学付属高輪台高等学校のUAE留学生4人、そして日本が誇る人気コンテンツ「ガンダム」と「ポケットモンスター」も就任した。(ザテレビジョン)

元記事で読む