1. トップ
  2. 田村淳、事務所移籍を否定も「同じ事務所にずっといる時代ではない…」

田村淳、事務所移籍を否定も「同じ事務所にずっといる時代ではない…」

  • 2019.12.11
  • 2931 views
「ロンドンハーツ」に出演した田村淳
※2011年撮影

12月10日の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)では、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)と、山崎弘也(アンタッチャブル)、狩野英孝の3人が芸能事務所巡りをする「1度は行ってみたい!事務所ツアーズ」が放送された。

【写真を見る】相方・田村亮と株式会社LONDONBOOTSを設立した田村淳

企画の趣旨を説明する淳は、「我々も今後、事務所がどうなるか分からないでしょ。同じ事務所にずっといる時代ではないし…」とコメントすると、山崎は「淳さん、移籍しようとしている?」と大爆笑。

山崎から「淳さんの持ち込み企画ですか?」とツッコミを入れられた淳は、「俺は吉本興業にいますけど」とキッパリと否定した。

1軒目に訪れたのはアンガールズらが所属する「ワタナベエンターテインメント」。ここでは田中卓志が案内役となって事務所を紹介。

オシャレな受付や待合室を見ただけで淳は、「ワタナベスゴイな」と興味津々。さらに、社員用の食事や休憩スペース、食事のサポートシステムについて説明を受けると淳は、「会社が社員を守ろうとしている」とコメント。

これに田中は「ずいぶん重みがある言葉ですね」と語り、山崎は「(移籍を)ココに決めます?決めたら言ってください」とイジられる結果となった。

他にも、ワタナベエンターテインメントのマネジャーの「マネジャーである僕たち一人一人がプロデューサー」という発言にも淳は食いつき、「そうなんですよ。マネージメント業だけやってりゃいい時代じゃない!」とアツく語ると、山崎と狩野は「重いよ」「気をつかうわ!今日はナベプロを見たいのに」と苦笑いしてみせた。

ネットでも「今日は淳さんの移籍先めぐり?」「淳がちょいちょい、吉本との違いをぶっこんでくる」「淳の発言が重すぎるwww」などのコメントで盛り上がりをみせていた。(ザテレビジョン)

元記事で読む