1. トップ
  2. 30年ぶりの幽霊退治がはじまる!『ゴーストバスターズ/アフターライフ』予告&ポスターが到着

30年ぶりの幽霊退治がはじまる!『ゴーストバスターズ/アフターライフ』予告&ポスターが到着

  • 2019.12.10
  • 1594 views
シリーズおなじみの車であるECTO-1が小麦畑を疾走する様子を収めたポスターも到着
KADOKAWA

ニューヨークに出現した幽霊を一掃するため4人の幽霊退治屋が奔走する姿を描いた『ゴーストバスターズ』(84)と『ゴーストバスターズ2』(89)の後続的作品である『ゴーストバスターズ/アフターライフ』が2020年に公開されることが決定。このたび、予告映像とポスターが到着した。

【写真を見る】ジェイソン・ライトマン監督がECTO-1と“あの”ロゴを背に記念撮影!

本作の主人公となる兄妹役を演じるのは、「ストレンジャー・シングス」シリーズや『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』(17)のフィン・ウルフハードと『gifted/ギフテッド』(17)や『キャプテン・マーベル』(19)のマッケナ・グレイス。あわせて教師役には「アントマン」シリーズのポール・ラッドといった実力派キャスト陣も登場する。また、監督を務めるのは、『ゴーストバスターズ』と『ゴーストバスターズ2』のアイヴァン・ライトマン監督の息子であるジェイソン・ライトマン。第80回アカデミー賞作品賞、監督賞を含む4部門にノミネートされた『JUNO ジュノ』(07)や、第82回アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞を含む5部門にノミネートされた『マイレージ、マイライフ』(09)など、様々な作品を手掛けるジェイソン監督が本作でどんな演出を施すのか、興味は尽きない。

そして、これまでベールに包まれていた本作の物語の概要も到着した予告映像で明らかに。「遺されたのは、おじいちゃんの不気味な屋敷だけ」という言葉とともにフィンとグレイス演じる兄妹と母親が、その屋敷の建つ田舎町へと引っ越してくる。しかし、新たな生活をはじめようと越して来たものの、町では毎日のように原因不明の地震が起き住民を悩ませている。そんな折、妹は家のなかで不思議な装置見つけだす。ポール演じる教師にその装置を見せると、「“ゴーストトラップ”のレプリカ」だと興奮気味に話し、加えて「もう30年以上ゴーストは現れてない。だけど、80年代のニューヨークは、ゴーストだらけだった」と教え、“あの”バスターズが写るニュース映像をみせる。

さらに、謎の多い“おじいちゃん”の遺品を探るうちに同じくバスターズが使用していた車両のECTO-1を発見する。ECTO-1のエンジンが再びうなりを上げ動きだすなか、共鳴するかのように街では謎の超常現象が発生する事態に。はたして、彼らにこれからどんな運命が待ち受けるのか。そして謎多きおじいちゃんの正体とは。

世界中に熱狂的なファンを生みだした『ゴーストバスターズ』と『ゴーストバスターズ2』の生みの親である父親からバトンを渡されたジェイソン監督は、どのような物語で見るものを驚かせるのか。約30年の時を経てはじまる、新たな幽霊退治物語を見届ける日が、いっそう待ち遠しくなった!(Movie Walker・文/編集部)

元記事で読む