1. トップ
  2. ネイル
  3. カラー別!ワントーンネイルを成功させるコツ教えます♪

カラー別!ワントーンネイルを成功させるコツ教えます♪

  • 2019.12.9
  • 9016 views

ファッション界で注目を集めている「ワントーン」コーデ。同じようなカラーをあえて合わせることで、統一感がありおしゃれな印象を与えてくれるのがワントーンの良さですね。おしゃれ女子が注目を集めるワントーンを、ネイルで挑戦してみましょう。カラーそのものの良さを表現できるワントーンネイルなら、こなれ感ある指先に仕上がること間違いなし。それではどんなカラーで、どのようなワントーンカラーを楽しむことができるのでしょうか?今回はカラー別に見る、ワントーンネイルをご紹介します。

●ブルー

ブルーで作るワントーンネイルは、ネイビーの使い方が鍵。ネイビーを使うことで、大人っぽい印象に仕上がりますね。更にブルーのワントーンネイルは、季節問わず楽しめるのが嬉しいポイント。冬ネイルらしい季節感を持たせたいなら、ネイビー×ブルージュなどダークトーンのブルー系カラーがおすすめ。夏には爽やかなブルーや水色を取り入れて、明るいトーンでまとめてみましょう。

●グリーン

個性の強めなグリーンネイルも、ワントーンでまとめることでこなれ感あるおしゃれネイルに。グリーンの中でもチョイスしたいカラーは、カーキやミントグリーン。中でもカーキを取り入れることで、合わすのが難しそうなグリーンネイルも、締まりのある印象を与えてくれるのが嬉しいポイントですよ。

●レッド

レッドのワントーンネイルには、目を引く明るいレッドと深みのあるボルドーをチョイス。色の主張が強めなレッド系のワントーンネイルは、写真のようにフレンチネイルとして取り入れることで全体のバランスを整えましょう。レッドのワントーンネイルなら、レディな指先の完成です。

●ピンク

ピンクのワントーンネイルでは、くすみピンクやパステルピンクをチョイス。それだけでは柔らかい印象になりがちなピンクのワントーンネイルですが、そこにアクセントをプラスしたいなら、レッドやパープルがおすすめ。優し印象のピンクネイルにレッドやパープルをプラスするだけで、女性らしく大人の指先に仕上がりますね。

●ベージュ

カラーのトーンを変えるのが難しいベージュネイルでは、素材の違いを取り入れてみましょう。素材の違いを楽しむために使える小技が、マット仕上げやベルベット仕上げです。いつものベージュネイルに、ベージュカラーのベルベットネイルをプラスするだけで、簡単ワントーンネイルの完成。素材の違いも楽しめるネイルに仕上がりますね。

●イエロー

イエローのワントーンネイルで取り入れたいのが、マスタードカラーとオレンジ。一般的に代表的なレモンイエローに加え、明るい印象のネイルを目指すならオレンジをチョイス。一方、冬ネイルに向けて季節感あるネイルを目指すならマスタードカラーを取り入れてみましょう。

●グレー

おしゃれな大人ネイルを演出してくれるのがグレーのワントーンネイル。ブラック寄りのグレーや、ブルーよりのブルージュ、ベージュよりのグレージュなど、トレンドのカラーを組み合わせてみましょう。人気カラーを取り入れたグレーのワントーンネイルなら、それだけでおしゃれな印象を与えてくれること間違いなしですね。

おしゃれなワントーンネイル♡︎

こなれ感ある指先を叶える、ワントーンネイルをご紹介しました。挑戦してみたいワントーンネイルは見つかりましたか?お好きなカラーを贅沢に取り入れておしゃれを追求した、ワントーンネイルに挑戦してみましょう。


Itnail編集部

元記事で読む