1. トップ
  2. 恋愛
  3. その愛情表現は重た過ぎ!?男性を落とすとっておきの愛の言葉とは

その愛情表現は重た過ぎ!?男性を落とすとっておきの愛の言葉とは

  • 2019.12.8
  • 2357 views

自分自身が愛情を伝えたいと発した言葉でも、男性には重たすぎることもあります。どのような言葉を使っていくか、考えておきましょう。

結婚をちらつかせない

お付き合いをして、最終的には結婚を希望しているという方が多いでしょう。なかなか結婚へと進んでいかない時に、「結婚したらどうなる?」「結婚してみたいと思う?」など、結婚をさりげなく話に組み込んでしまいがちです。

あなたとしては好意の示し方の一つだったとしても、まだ具体的に結婚について考えていないという男性にとっては重すぎる話になってしまいます。あなたにとっては嬉しいことでも、相手の心の準備が出来ていないこともあるのです。はっきり結婚に向かっているカップル以外は、結婚の話題はあえて避けたほうが良いでしょう。

「おつかれさま」とねぎらって

男性は社会の中で緊張を強いられることも多いものです。プライベートではゆっくりしたいと思う事もあるでしょう。女性側としては男性に頼りたい、しっかりしてほしいという思いも持ってしまいがちですが、してほしいことや頼りたいことなどをぶつけていると、男性に負担がかかってしまう事もあります。

それが気の重さにつながり、お付き合いに影を落とすことにもなりかねません。言いたいことはいっぱいあっても、まずは「おつかれさま」とねぎらってみましょう。元気が無いようであればそれ以上の言葉はかけずに寄り添っていくことも必要です。二人の時間が安らぎになれるように意識してみましょう。

何かしてもらったらお礼を言葉で伝えて

お付き合いが長くなってくると、相手に何かをしてもらっても直接言葉でお礼を言う事は少なくなってしまいます。しかし、お礼を言う事で相手に対するポジティブな感情をストレートに伝えることが出来、相手も安心することにつながっていくのです。最近「ありがとう」などお礼の言葉が少なくなってきたと感じたら、意識的に口にしてみるようにしましょう。感謝の気持ちが伝わりやすくなりますし、二人の関係もより明るく、安らぐものになっていくはずです。通じると思い込まず、口に出してみるようにしてください。

元記事で読む