1. トップ
  2. 恋愛
  3. デートまでは行くものの、なかなかつき合えない人の問題とは?

デートまでは行くものの、なかなかつき合えない人の問題とは?

  • 2019.12.8
  • 16088 views

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

最近、よくTwitterにこんな質問がきます。

「デートした後に何回かLINEでやりとりするんですが、その後、ぱったり連絡が途切れてしまうんです。どうしらいいですか?」

彼女本人は続けたい意志はあるのに、相手の男性から切られる感じ。これは、間違いなく彼女に問題があると思いますね。

今回は、そんな悩みを抱えてる女子に向けてアドバイスします。

デートまでは行くものの、なかなかつき合えない人の問題とは?

1、1次審査は通過している

まずは、デートまでいけた時点で、1次審査は通過しています。

デートで女性と2人きりになりたいと男性が思ったわけですから、そこは自信を持ちましょう。

出会いのきっかけは、マッチングアプリだったり、飲み会だったり、ナンパだったり、何でも良くて、男性が「二人きりで行きたい」と思ったのはまぎれもない事実です。

君に魅力を感じたからこそデートにこぎつけているわけですし、そこまでは全く反省するところは無いと思っていいです。

2、2次審査で落ちてる

デートはできたけど付き合えなかった人は、間違いなくデートで失敗しているわけです。

デートに失敗した理由、それは男性側からすると自分の思い描いた女性ではなかったということです。

LINEでやりとりしていたときや大勢の飲み会の中でのイメージを持ってデートに臨んでいる中、それとかけ離れてしまうと、最終的なゴールには辿りつけないんです。

恋愛経験が無かったり、慎重な男性なら、2、3回デートで判断したりする場合もあります。

でも、僕を含め多くの男性は1回のデートで判断して、今後もデートややりとりを続けるか続けないかを決めていると思います。

3、つきあうまでのゴールにもっていくために

3、つきあうまでのゴールにもっていくために

人は急には変われないし、最終的にはつきあえるかつきあえないかは、フィーリングだと思っています。

ただ、人としての礼儀や気遣いが出来ていないゆえに、フィーリングがあってもつきあうまでいけないケースもあるので、そこは自問自答して修正しましょう。

冒頭にも書いたように、デートに行ける時点で1次審査は通過しています。

最初のイメージと、二人きりのイメージが違い過ぎたから、ゴールまでは行けなかったと男の本音も解説しました。

ということは、彼の第一印象の女性像を崩さなければいいということです。

だから、どうしてもつきあいたい相手なら、デートの序盤の会話で自分の第一印象がどうだったか?どういうタイプに見えたか?をまずはリサーチして、そこに自分の人格を寄せていければ、ゴールまでいけるということになります。

最後に

恋愛に上手くいかなかった時に大事なことは、上手くいかなかった自分を振り返ること。「自分の何が悪かったか?」を反省して次に活かすことです。

デートまで行ったのにつき合えない人は、間違いなくデート中やデート後のやりとりで、何か原因があるということです。

ただ、原因は人それぞれ違います。ぜひ、今回のような悩みに遭遇した場合は、このコラムのことを想い出して参考にしてみてください。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む