1. トップ
  2. ダイエット
  3. たるみがちな脇腹に【くびれ復活】。正しい姿勢でゆっくりねじるだけでOKの簡単習慣

たるみがちな脇腹に【くびれ復活】。正しい姿勢でゆっくりねじるだけでOKの簡単習慣

  • 2019.12.8
  • 27192 views

オンナらしいボディをキープしていくために鍵となる“くびれ”を備えたお腹周り。くびれがあるだけで、シルエットにメリハリが出て自然と色っぽさも高まります。でも、油断すると脇腹はたるみやすく、すぐにくびれがなくなってしまうもの。そんな難点を避けるべく、習慣に採り入れたいのがヨガの簡単ポーズ【アルダ・マッチェンドラ・アーサナ】です。

アルダ・マッチェンドラ・アーサナ

膝を立てながら腰を捻っていくポーズです。今回は初心者でも実践しやすいあぐらの姿勢で捻っていく“軽減法”を紹介します。

(1)あぐらの姿勢になり、右太ももの上に左手を置いたら息を吸う

たるみがちな脇腹に【くびれ復活】。正しい姿勢でゆっくりねじるだけでOKの簡単習慣

(2)息を吐きながら、上体を右方向に捻る

たるみがちな脇腹に【くびれ復活】。正しい姿勢でゆっくりねじるだけでOKの簡単習慣

▲腰、お腹、胸、肩と下から順にゆっくり捻っていくのがポイントです

(3)ねじり終わったら一旦息を吸い、息を吐きながら(1)の姿勢に戻る

たるみがちな脇腹に【くびれ復活】。正しい姿勢でゆっくりねじるだけでOKの簡単習慣

捻る方向を変えて反対側も同様に行います。なお、期待する効果をしっかり得るためにも「捻る際に肩が上がらないことに注意」してください。左右の肩が床と水平になっていることを心がけましょう。また、捻る際は素早く行わず、「ゆっくりと腰→肩へと下から順に捻っていく」のもポイント。さらに「目線も常にまっすぐをキープ」してください

シンプルに見えて、くびれ効果抜群の【アルダ・マッチェンドラ・アーサナ】。くびれウエストのキープはもちろん、ねじりの動きは腸を活発にもするので、便秘に悩む方もぜひ積極的に実践してみてくださいね。<text:ピーリング麻里子 photo:カトウキギ ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>

元記事で読む