1. トップ
  2. ファッション
  3. アンユーズド 2020年春夏コレクション

アンユーズド 2020年春夏コレクション

  • 2019.12.7
  • 466 views

アンユーズド 2020年春夏コレクション

アンユーズド(UNUSED)は、2020年春夏コレクションを発表した。

undefined
www.fashion-press.net

“長”と“短”で線を描いて

今季のアンユーズドにおいて一際目を惹くポイントは、“丈感”だろう。ここ数シーズンのコレクションの中で目立っていたビビッドな色使いは落ち着き、アイテムそのものの“カタチ”に創意工夫を見て取ることが出来る。

例えば、シャツ類では綺麗なボックスシルエットを描く、短い着丈が散見される。ジャストサイズで着用してちょうど腰あたりで裾が止まり、すっきりとした印象を作り出す。その一方で、スリーブは共通して長め。袖と身丈、1着の中にコントラストを生み出す要素を共存させることで、ライトでありながら独創的なスタイリングを完成させる。

マウンテンパーカ―も同様に着丈を短く設計。アウトドアやギア感の強いアイテムも、シルエットを変えることで一気に軽く、アーバンなテイストに昇華している。撥水加工や止水テープを施すなど、機能面もしっかりと兼ね備えた。

ボトムスは、大胆なプリーツを施し独特なラインを強調する7分丈のショーツなどが登場。ウエストのスタイルを後ろ身頃のみウエストゴムを使用したイージーパンツ仕様にするなど、ユニークなディテールを施したピースにも注目したい。

“違和感”をデザインに

また、今季は一見普通に見えるアイテムでも、よく見ると遊び心が生み出した“違和感”を見つけることが出来る。ラグランシャツは前後逆で着用出来るよう背面にもボタンを配置していたり、オーバーサイズのストライプシャツは襟台と前立ての接合部がズレていたりと、その“違和感”は様々だ。

しかし、いずれもその“違和感”のある点を主張し過ぎていない。あくまでアンユーズドが提案するのは、“日常に溶け込み、自身のスタイルを創る物”。さりげないアクセントとして“違和感”を落とし込み、アイテムのデザインの一部として機能させている点は、ブランドの器量を感じることが出来るポイントだろう。

彩りを添えるくすんだ色味

コレクションの中に彩りを添えるのは、季節感のあるくすんだ色味。ブロード素材のアノラックには、淡いピンクやブルーのシャープなストライプを乗せて。ブランドの定番ともいえるスウェット地のパーカーには、パステルブルーやイエローを合わせた。

規則的・不規則的なパターン

パターンでは、ペイズリーがアイコニック。トップスとボトムスどちらのアイテムにも取り入れており、きっちりと柄合わせをしたジオメトリックな表情が特徴だ。

シープレザーを素材にしたワイドパンツは“絞り染め”の技法で模様を描いた。ペイズリーのパターンとは対照的に、不規則な様相でエッジィなルックスに仕上がっている。

元記事で読む