1. トップ
  2. 西野七瀬、冒頭からトーク全開の小籔千豊に「どうしようかと思いました(笑)」

西野七瀬、冒頭からトーク全開の小籔千豊に「どうしようかと思いました(笑)」

  • 2019.12.6
  • 1431 views
アニメ映画「サンタ・カンパニー〜クリスマスの秘密〜」の花澤香菜や小籔千豊、同時上映の「コルボッコロ」の西野七瀬らが舞台あいさつを行った
KADOKAWA

【写真を見る】西野七瀬らキャスト陣のサンタコスに、観客も熱狂!

公開中のアニメ映画「サンタ・カンパニー〜クリスマスの秘密〜」と、同時上映の「コルボッコロ」の舞台あいさつが、12月6日に東京・シネマート新宿で開催。

「サンタ・カンパニー〜」主演の花澤香菜やゲスト声優の小籔千豊、「コルボッコロ」主演の西野七瀬らがサンタ姿など、クリスマスのコスチュームで登壇した。

小籔「声優の仕事はこれが最初で最後」

あいさつのトップを切った小籔は、「声優のお話をいただいて、演技も下手で池乃めだかさんから怒られてたような俺でええんか?と思いましたが、ありがたいお話なので引き受けさせていただきました。実際にやってみたら本当に難しくて、プロの力が結集したものがアニメなんやなとリスペクトしました。なので、僕の声優の仕事はこれが最初で最後になると思います(笑)」と自虐ぎみにコメント。

続けて、「何ならドラマやモデルのほうが簡単やったなと。監督から怒られはしませんでしたが、今一つだなという顔をされたのがトラウマになってます。でも、死ぬときに振り返って、声優もやらせてもらえた素敵な人生だったと思えるはずなので、感謝してます」と、笑いを取りつつ語った。

これに対して、糸曽賢志監督は「お笑いが大好きなので、これで終わりにせずにまた次も」と言うと、「優しい監督さんで、いつも『お笑いが好き、小籔さんが好き』と言っていただけましたけど、声優としては全くコメントなしで、○も×も言われてないです(笑)」と返して、場内を笑いに包んだ。

花澤は小籔の演技を大絶賛!

花澤は「小籔さんは謙遜されてましたけど、めちゃめちゃ素敵でした。毒舌を言うけど、チャーミングじゃないといけない難しい役だったと思いますけど、リハーサルで声を聞いてテンション上がりました」と絶賛した。

続いて、西野は「『コルボッコロ』の主人公の鈴役を演じさせていただきました西野七瀬です。…私が考えていたのは、これくらいのあいさつだったので、初めに小籔さんがめちゃめちゃしゃべってて、どうしようかと思いました(笑)」と、とまどい気味にあいさつ。

すると、小籔は「声優で足りなかった部分をコメントで取り戻そうと思って(笑)。記者の方もたくさんいらしているので、何とかニュースにしていただいて貢献できればと思います」と苦笑しながら語った。

小籔「うっすらハードルが下がった」

【写真を見る】西野七瀬らキャスト陣のサンタコスに、観客も熱狂!
KADOKAWA

自身が演じた役について花澤は、「理由あってクリスマスが嫌いで、ため息ばかりついている女の子の役でしたけど、カンパニーに関わることで自分のこともクリスマスも好きになれて、良かったなと思います」と語った。

西野は、「明るい女の子の役だったので、私が出せる中で高めの声で演じていましたけど、無意識にどんどん下がっていっちゃって、監督から『声低くなりましたね』と、よく言われてました。でも、ふだん話している声がいいと言われたのはうれしかったです」と笑顔を見せた。

トナカイを演じた小籔は「声優の引き出しがないので、変に準備していくよりも、真っ白なキャンバスのような気持ちで臨みました。トナカイの役だったのは良かったです。トナカイがしゃべっているのを、誰も聞いたことがないですから正解がない。人間の役よりも、うっすらハードルが下がったと思います」と笑わせた。

西野「1回も会えませんでした」

続いて、クリスマスの思い出を聞かれると、小籔は「娘が3歳くらいのときに『サンタさん来た!』言うて、正座して天井に向かって、サンタさんにお礼を言ってました。それ以来、秋口に言うこと聞かなかったら『サンタさん、来ぃひんぞ!』とサンタパワーでしつけしてます」と子育てトークを展開。

花澤は「幼稚園のときのレクリエーションで親子でいす取りゲームをやったら、友だちのお母さんにふみつぶされました」というエピソードを披露。

西野は、「何度も頑張って、サンタさんが来るまで起きていようと思ったんですけど、1回も会えませんでした。お兄ちゃんは『俺は見たよ』って言ってましたけど」と、かわいらしい思い出話を聞かせた。

残り時間わずかとなり、小籔が「お客さんから『七瀬ちゃん!』と声がかかるたびに、自分がしゃべりすぎて申し訳ないなと思ってます。西野さんの好きな食べ物とか聞いときましょうか?」と言うと、西野は「うどんです、きつねうどん」と答えて、ファンの歓声を浴びていた。

舞台あいさつには他に「サンタ・カンパニー〜」の近藤雄介や主題歌も歌った茅原実里、「コルボッコロ」の大森日雅や原奈津子、小見川千明らが出席。

茅原は「クリスマスが大好きなので、クリスマスソングを作れてうれしい。自分の歌が流れている映像を見て感動しました」と喜びの声を。

大森は「今年の目標は舞台あいさつに参加することだったので、最後に実現できてうれしいです」とあいさつ。

また、西野演じる鈴の家庭教師役の小見川は「西野さんのことが大好きで、フォトブックも買ったくらいなので、生きていたらいいことあるなと思いました。厳しい家庭教師役でしたけど、冷たくなんてできないと思いながら、心を鬼にして演じました」と語っていた。(ザテレビジョン・取材・文=青木孝司)

元記事で読む