1. トップ
  2. おでかけ
  3. 10か国の外国人と交流したり、ロボットとお茶ができたり。渋谷と日本の魅力を世界に発信する「シブヤサン」&「東急プラザ渋谷」の魅力6つ

10か国の外国人と交流したり、ロボットとお茶ができたり。渋谷と日本の魅力を世界に発信する「シブヤサン」&「東急プラザ渋谷」の魅力6つ

  • 2019.12.6
  • 592 views

2019年12月5日(木)、渋谷駅西口エリアの渋谷フクラス内に、「shibuya-san(シブヤサン)」と新生「東急プラザ渋谷」が同時にグランドオープンしました。

2つの施設に共通点するのは、多様なアプローチで、渋谷と日本を世界へ発信していること。ダイバーシティ(多様な人材を積極的に活用しようという考え方、多様な働き方)が国民的関心ごととなった今、まさにタイムリーにオープンする2つの拠点の魅力をご紹介します。

【1】新しい発想の観光案内所として、外国人と渋谷の橋渡しになる「shibuya-san(シブヤサン)」

ショップ_1,海外旅行_1,酒_1
ツーリズムインフォメーション、バスチケット販売、外貨両替、バッテリーチャージ、フリーwi-fi、SIMカード販売、荷物預かり配送など基本機能もしっかり。

成田空港と羽田空港からのリムジンバスの目的地にもなっている渋谷。海外から訪れる観光客に、ネットでは知りえない奥深い「渋谷の今」を案内するべく作られたのが、渋谷フクラスの一階にある観光案内所「shibuya-san(シブヤサン)」です。

単なる観光案内所だけではなく、昼は企画展示、夜はバーとして、世界の人と地元の人が交流する機会を提供するスペースとしての目的も、併せ持っています。

ボーダーレスに発信する「shibuya-san」の2つの注目ポイント
■1:10か国のスタッフによる「まちのコンシェルジュ」
ショップ_2,海外旅行_2
渋谷愛を感じる、日本語堪能なスタッフたち

ドイツ、イタリア、台湾、韓国など10か国のスタッフが「まちのコンシェルジュ」となり、外国人目線による渋谷の観光案内を行います。世界各地から訪れる観光客にとって、同じ言語を話すスタッフから、情報を得られるのは心強いですよね。

一方、地元の人にとっても、外国人留学生によるローカル情報は、新たな発見がありそうです。住んでいても意外と気づかなかったり、知らないことって、あなたの住む街にもありませんか? 渋谷に住む外国人たちが定期的な調査を通じて編纂した「渋谷でしかできないアクティビティ」は、渋谷の新しい魅力を教えてくれそうです。

■2:多様な価値観がキーワードの「ドリンクメニュー」
ショップ_3,和文化_1
「京抹茶ラテの上海ディープシーゼリー」目の疲労回復に非常に高い効果があり、アンチエイジング効果があるバタフライピーのゼリーとミルク、オーガニック抹茶を使用しています。

夜はバーとして利用できる「shibuya-san」は、毎晩11:00まで個性的なドリンクを楽しむことができます。テーマカラーの赤が、お祭りのようなムードの店内で、世界の人と交流するのもいいですし、ユニークなドリンクを片手に夜の渋谷に繰り出しても。

ショップ_4,和文化_2
インパクトあるビジュアルに会話が弾みそうな「フローズン・パイン・コロナリータ」や、日本にしかない独自な甘酒とスパイスの組み合わせという、ギャップが多様な価値観を感じさせる「甘酒・スパイシーチャイ」など多彩なドリンク

日本酒やクラフトコーラ、クラフトビール、世界のウィスキーによるハイボール、ワインなど、ノンアルコールもアルコールも多彩なメニューに目移りしそうです。いずれも日本の素材を用い、SNS映えするビジュアルの面白さで、多様な価値観を表現しています。

【2】日本らしさを世界にアピールする「東急プラザ渋谷」のニューショップ4選

「shibuya-san(シブヤサン)」と同じ渋谷フクラス内にオープンした「東急プラザ渋谷」にも、渋谷と日本の魅力を国内外に多彩に発信する、話題の店舗がそろっています。

■3:【2階】多様なゲストに渋谷と日本の魅力を発信する「BEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)」
ショップ_5,和文化_3,ファッションニュース_1
ビームス ジャパンのロゴアイテム

日本の「匠」から「サブカルチャー」まで、日本をキーワードにさまざまなコンテンツをキュレーションして発信するビームス ジャパン。

ショップ_6,ファッションニュース_2,映画_1
年末に公開を控えた映画『男はつらいよ』の第二弾コラボレーション企画のグッズ

ハチ公やスクランブル交差点をモチーフにした渋谷土産に加え、各種コラボアイテムなど多彩な商品がそろう店内は、日本の建築様式である木の柱と梁が用いられています。カッズ ミイダさんの作品である風神・雷神の天井画などを配した内装は、ビームス ジャパンの世界観を多様なゲストが体感できる、新拠点と言えそうです。

■4:【2階】気軽な食堂としても活用したい「AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)」
ショップ_7,和文化_4,レストラン_1
アコメヤらしいお正月グッズが並んだエントランス

お福分けのこころをコンセプトに、食品や雑貨に加え「AKOMEYA 食堂」では、羽釜炊きのご飯やおかずを楽しむことができます。

ショップ_8,和文化_5,レストラン_2
定食の副菜は、日替わりのものが2種類つきます。

奇をてらったものではなく、普段の食事を楽しめる気軽さが魅力の食堂。日中のメニュー以外に、朝食で提供される、たまごかけご飯や、フォーも試してみたいところです。その場でつくられる米粉どら焼きや、こちらの店舗限定のギフトバッグ、カレーセット、おこめケットも要チェックです。

■5:【3階】丸山敬太さんの世界観を堪能!ポップアップスペース「111-ICHIICHIICHI-(イチイチイチ)」
ショップ_9,ファッションニュース_3,和文化_6
職人たちの素晴らしい手作業による和装小物。

2019年12月16日(月)まで開催中なのが、デザイナー、丸山敬太さんが「和のコト」、「服のコト」、「うつわのコト」、「家のコト」をベースにセレクションした品々を集めたポップアップ。

ショップ_10,食器_1,和文化_7,家具_1,ファッションニュース_4
全国から厳選された美しい器達。奥に見える家具は、ロイズアンティークスとのコラボレーションによる、世界にひとつだけのもの。

丸山さんのフィルターを通し、センス良く集められた逸品は、モードな日本を感じる世界観。今回は年末年始をテーマにしていることもあり、今すぐあれもこれも揃えたくなってしまいそうです。

■6:【5階】世代を超えて楽しめる「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」
レストラン_3,ショップ_11,コーヒー_1
注文のお手伝いはもちろん、相席して一緒に遊んだりしてくれるPepperくん。

アトム、ドラえもん、ガンダムと、アニメというポップカルチャーの中で、ロボットに慣れ親しんできた大人の女性たち。そのロボットがおもてなしする「ペッパー パーラー」は、いよいよ夢が現実になったような、懐かしさと未来感が混在する、不思議な空間かもしれません。

ショップ_12,レストラン_4,コーヒー_2
メニューのコンセプトに合わせ、世界のさまざまな国をイメージした、繊細で一糸乱れぬダンスを披露してくれるNAO。

大人をターゲットにしたという施設のコンセプトとは、かけ離れているように感じるロボットですが、子供や孫と来店し、一緒にワクワク感を共有する、といった世代を超えた楽しみ方もできそうです。

居心地の良い空間で、世界の国をイメージしたワッフルや、こだわりのコーヒーなど、ここでしか味わえない創造的なメニューもぜひ試してみたいですね。

ボーダーレスで、ジェンダーレスに、そして世代までも超えて。あらゆる垣根を取り払い、多彩に渋谷を発信する「shibuya-san」と「東急プラザ渋谷」。文化の生まれる街の底力を感じる、成熟した大人が楽しめる多様な「渋谷」へ、話題のダイバーシティを感じに、ぜひ足を運んでみてください。

問い合わせ先

  • shibuya-san(シブヤサン)
  • 営業時間/10:00〜23:00
  • 定休日/なし
  • 住所/東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス 1階
  • 東急プラザ渋谷
  • 営業時間/10:00〜21:00(物販・サービス店舗)、11:00〜23:00(飲食店舗、17階屋上テラス)※最終入場は22:30
  • 定休日/1月1日(予定)
  • 住所/東京都渋谷区道玄坂1-2-3
元記事で読む