1. トップ
  2. ファッション
  3. 【タイ】服装ナビ☆注意点を押さえた大人女性の旅行コーデをご紹介

【タイ】服装ナビ☆注意点を押さえた大人女性の旅行コーデをご紹介

  • 2019.12.5
  • 1434 views

【タイ】おすすめの服装をご紹介

暑期はもちろん雨季や乾季でも平均気温が25度を超えるのが特徴。朝晩も30度を超えるような暑さが記録されることも多いので、半袖やタンクトップのアイテムは欠かせません。

冷房のある室内では肌寒いと感じることもあるので、羽織りを忘れないように注意しましょう。

今回はタイ旅行で快適に過ごせるような、原色の赤や黄色。軍隊を連想させるような迷彩柄を使わないおしゃれで注意点を押さえたお手本の服装を紹介します。

【タイ】おすすめの服装:パンツコーデ

シンプルタンクトップ×センタープレスパンツ
[CIAOPANIC] センタープレスパンツ
出典:https://wear.jp/(外部リンク)[CIAOPANIC] センタープレスパンツ

暑いタイで大活躍してくれるシンプルなタンクトップには、おしゃれ度の高い視線を集めるような爽やかなブルー系のパンツを合わせるのがおすすめです。

こちらのパンツはセンタープレスできれいめな印象があり、カジュアルなタンクトップやビーチサンダルと組み合わせても上品なパンツスタイルが完成します。

夏らしいハットを加え、タイ旅行も思いっきり楽しめる服装に。

シンプルタンクトップ×ストレートパンツ
シンプルタンクトップ×ストレートパンツ
出典:https://wear.jp/(外部リンク)シンプルタンクトップ×ストレートパンツ

着まわし力抜群のシンプルなホワイトタンクトップとネイビーパンツを組み合わせた、コーディネートを組むのが苦手な大人女性も真似しやすいパンツコーディネート。

年中暑いタイは日差しも容赦無く照り付けているので、涼しげな夏っぽいハットを加えるのがおすすめです。

足元はスニーカーをチョイスして、タイを歩き回れる疲れにくい服装に仕上げています。

リブタンクトップ×テーパードパンツ
リブタンクトップ×テーパードパンツ
出典:https://wear.jp/(外部リンク)リブタンクトップ×テーパードパンツ

タンクトップとテーパードパンツのワンツーで作るこちらの服装は、一年中暑いタイでも快適に過ごせる涼しげなリブデザインのタンクトップを選ぶことで落ち着いた印象のおしゃれなコーディネートに仕上げています。

かごバッグやバングルなどのおしゃれなファッション小物を加えることで、シンプルな組み合わせの服装でもおしゃれ度を底上げされます。

バックプリントTシャツ×ストレートデニムパンツ
バックプリントTシャツ×ストレートデニムパンツ
出典:https://wear.jp/(外部リンク)バックプリントTシャツ×ストレートデニムパンツ

シンプルなホワイトTシャツとストレートデニムパンツのワンツーで作るこちらのカジュアルコーディネートには、アクセントとしてピンクのキャップを加えるのがおしゃれ度を上げるポイントです。

足元にはスニーカーを合わせてとことんカジュアルなスタイルに。歩きやすくて疲れにくい服装なので、歩き回ることも多いタイ旅行も思いっきり楽しめるでしょう。

シースルーカットソー×ハイウエストパンツ
[BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS] <6(ROKU)>GEORGETTE HIGH WAIST PANTS/パンツ
出典:https://wear.jp/(外部リンク)[BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS] <6(ROKU)>GEORGETTE HIGH WAIST PANTS/パンツ

ロングスリーブのトップスは、透け感のあるシースルーデザインを選ぶことで暑いタイでも快適に過ごせる服装が作れます。

ボトムスはハイウエストタイプを選んで脚を長く見せて。

また、こちらのパンツはセンタープレスの上品な印象のアイテムなので、スニーカーを合わせてもきっちり感の残るパンツスタイルが完成します。

バッグとスニーカーはブラックで合わせて統一感を加えて。

麻混シャツワンピース×ギャザーヒモパンツ
[CANAL JEAN] via j(ヴィアジェイ)ギャザーヒモパンツ
出典:https://wear.jp/(外部リンク)[CANAL JEAN] via j(ヴィアジェイ)ギャザーヒモパンツ

シャツワンピースは、前を開けることで羽織りとしても使える優れもの。

リネン混のシャツワンピースは涼しげな印象で、暑い国であるタイでの旅行におすすめのファッションアイテムです。

ボトムスはタイ旅行中もリラックスできるゆったりとしたヒモパンツをチョイス。

Tシャツにはベルトを加えてウエストマークすることで、スタイルアップも叶えたパンツスタイルの完成です。

シアーシャツ×ギャザーヒモパンツ
[CANAL JEAN] via j(ヴィアジェイ)ギャザーヒモパンツ
出典:https://wear.jp/(外部リンク)[CANAL JEAN] via j(ヴィアジェイ)ギャザーヒモパンツ

タイ旅行の注意点として、寺院に訪れる際の服装が挙げられます。

寺院では肌を露出している服を身につけていると入ることができないので、長袖のシャツと長いパンツを組み合わせた服装がおすすめ。

移動中などに暑さを感じた時には、前を開けて体温調節しましょう。

足元はスニーカーを合わせて、たくさん歩き回る日にもうってつけの服装が完成しています。

スリーブレスTシャツ×ストレートフィットデニム
スリーブレスTシャツ×ストレートフィットデニム
出典:https://wear.jp/(外部リンク)スリーブレスTシャツ×ストレートフィットデニム

一年中暑い国であるタイで履くデニムパンツは、ライトトーンのカラーを選ぶことで涼しげな印象の服装に仕上がるのでおすすめ。

トップスはシンプルなスリーブレスのTシャツを合わせ、とことんカジュアルに仕上げています。

足元は厚底のサンダルを合わせて歩きやすく、タイ観光も思いっきり楽しめる服装に。

冷房の効いている屋内でも快適に過ごせるように、カーディガンを持ち歩くのがおすすめです。

【タイ】おすすめの服装:スカートコーデ

シンプルタンクトップ×チュールロングスカート
シンプルタンクトップ×チュールロングスカート
出典:https://wear.jp/(外部リンク)シンプルタンクトップ×チュールロングスカート

女性らしさ満点のチュールロングスカートを使ったこちらの服装は、タイ旅行中も気分が上がるような大人かわいい服装です。

トップスはスカートの雰囲気を邪魔しないシンプルなタンクトップを組み合わせています。

バッグとサンダルはブラック系で合わせることで、服装に統一感を持たせておしゃれ度も右肩上がり。

一日中屋外でタイ観光を楽しむ日におすすめです。

ノースリーブカットソー×ライトサテンスカート
ノースリーブカットソー×ライトサテンスカート
出典:https://wear.jp/(外部リンク)ノースリーブカットソー×ライトサテンスカート

タイ旅行で大活躍するトップスであるノースリーブアイテム。

シンプルなノースリーブのカットソーも、くすんだグリーンカラーを選ぶことで服装のおしゃれ度が底上げされます。

ボトムスは涼しげなサテンスカートを合わせ、シンプルな組み合わせながらもおしゃれでリッチ感もある服装に仕上げています。

足元はクリアミュールを合わせて、今どき感もプラスされたタイ旅行にうってつけのコーディネートに。

キャミソール×フロントボタンロングスカート
キャミソール×フロントボタンロングスカート
出典:https://wear.jp/(外部リンク)キャミソール×フロントボタンロングスカート

キャミソールは、年中高い気温を記録するタイにもってこいの涼しいファッションアイテムです。

こちらの服装は、ベージュ系のキャミソールとロングスカートを組み合わせた大人女性におすすめのおしゃれなワントーンコーデ。

ロングスカートは無地ではあるものの、フロントにボタンのついているデザインでさりげないおしゃれが楽しめるファッションアイテムです。

足元は歩きやすいフラットなサンダルでタイ旅行にうってつけの服装に。

BIGボタンベルトチュニック×マキシスカート
[archives] 単色花デシンスカート
出典:https://wear.jp/(外部リンク)[archives] 単色花デシンスカート

肩のBIGボタンが特徴のチュニックは、シンプルすぎないアイテムでタイ旅行でも気分の上がるような服装づくりに一役買ってくれるおすすめのファッションアイテムです。

合わせるスカートは小花柄のマキシスカートをチョイス。

ダークトーンで落ち着いた印象のデザインなので、総柄アイテムが苦手な大人女性も着こなしやすいのが嬉しいポイントです。

足元は歩きやすいバレエシューズを合わせて。

半袖Tシャツ×リブタイトスカート
[Curensology] Curensology(カレンソロジー) リブタイトスカート
出典:https://wear.jp/(外部リンク)[Curensology] Curensology(カレンソロジー) リブタイトスカート

こちらの服装は、できるだけ脚の露出を控えたいという大人女性におすすめのロング丈のスカートを使った服装です。

バッグとサンダルはブラックで合わせて服装を締め、同時に統一感もプラスしています。

トップスはカジュアルなプリントTシャツを合わせていますが、タイトなロングスカートはレディ感が強いので女性らしいカジュアルコーディネートが完成しています。

ベーシックタンクトップ×レイシーニットスカート
[TODAYFUL] レイシーニットスカート
出典:https://wear.jp/(外部リンク)[TODAYFUL] レイシーニットスカート

タイの11月から2月は乾季で、平均気温が26度と他の季節よりも過ごしやすいのが特徴。

とは言っても暑さは感じるので、室内は冷房がしっかり効いていて肌寒いと感じることも少なくありません。

こちらの服装は、肌寒い屋内でも快適に過ごせる薄手のシャツをタンクトップの上に羽織った体温調節が可能な服装です。

タイの雰囲気にもぴったりのおしゃれな透かし編みニットのロングスカートを組み合わせておしゃれ度の高い服装に。

シンプルホワイトTシャツ×ロングスカート
シンプルホワイトTシャツ×ロングスカート
出典:https://wear.jp/(外部リンク)シンプルホワイトTシャツ×ロングスカート

こちらの服装は、暑いバンコクでも快適に過ごせるホワイト系のアイテムで作る涼しげなワントーンコーデ。

ウエストにはブラウンのベルトを加え、服装を締めています。

また、タイ旅行の注意点としてスリやひったくりが発生していることが挙げられます。

バンコクでは軽犯罪の被害を受ける人も多く、こちらの服装のように貴重品はコンパクトなバッグで肌身離さず持ち歩くようにするのがおすすめです。

シンプルタンクトップ×リブロングスカート
シンプルタンクトップ×リブロングスカート
出典:https://wear.jp/(外部リンク)シンプルタンクトップ×リブロングスカート

どんなファッションアイテムとも組み合わせやすいシンプルなタンクトップは、タイ旅行中も着まわしができるフレキシブルなおすすめトップスです。

特に気温の高いタイの暑季である3月から5月にうってつけ。

合わせたロングスカートはリブデザインをチョイスすることで、シンプルすぎないさりげないおしゃれが光る服装に仕上がります。

裾がメロウデザインで、女性らしさも演出。

【タイ】おすすめの服装:ワンピースコーデ

ロングフレアワンピース×ビーチサンダル
ロングフレアワンピース×ビーチサンダル
出典:https://wear.jp/(外部リンク)ロングフレアワンピース×ビーチサンダル

7月や8月、9月のバンコクは雨の多い季節ですが気温が高いため蒸し暑く、ノースリーブのワンピースが大活躍してくれます。

こちらのワンピースはフレアなシルエットで女性らしく、一枚さらっと着るだけで大人かわいい服装に。

タイは年中日差しも強いので、帽子を加えて紫外線をカット。

ビーチサンダルを組み合わせ、歩きやすくて涼しげな服装が完成します。

サンダルと帽子、バッグはベージュ系で合わせて服装に統一感を加えて。

ノースリーブTシャツ×キャミソールワンピース
ノースリーブTシャツ×キャミソールワンピース
出典:https://wear.jp/(外部リンク)ノースリーブTシャツ×キャミソールワンピース

シンプルなブラックのキャミソールワンピースはホワイトのノースリーブTシャツを組み合わせて、暑い国であるタイにもうってつけの夏のコーディネートに仕上げています。

無地のキャミソールワンピースは着まわし力も抜群なので、タイ旅行でもコーデを作りやすいのが嬉しいポイントです。

足元は歩きやすいローヒールのタビサンダルを合わせ、思いっきりタイ旅行を楽しめる服装の完成です。

パイピングスクエアリブタンク×変形ワンピース
パイピングスクエアリブタンク×変形ワンピース
出典:https://wear.jp/(外部リンク)パイピングスクエアリブタンク×変形ワンピース

タイの雰囲気にもってこいなデザインの変形ワンピースは、バンコク旅行も思いっきり楽しめる涼しげでおしゃれな服装づくりに一役買ってくれるファッションアイテムです。

中にはワンピースの邪魔をしない落ち着いたベージュのリブタンクをインして。

さらに夏らしいワイドパンツを加え、服装に明るさもプラスするのがおしゃれなコーディネートに仕上げるポイントです。

ワンショルタンク×カシュクールマキシワンピース
ワンショルタンク×カシュクールマキシワンピース
出典:https://wear.jp/(外部リンク)ワンショルタンク×カシュクールマキシワンピース

おしゃれな人の多いバンコクでも視線を集めるようなおしゃれ度の高いこちらのワンピースコーデは、冷房対策もできるタイ旅行にうってつけの服装です。

腕まくりをするだけで簡単に体温調節できます。

カシュクールワンピースはマキシ丈を選ぶことで、脚の露出を控えたい大人女性にも嬉しい服装に。

中にインしたタンクトップはワンショルを選ぶことで、周りに差をつけたセンス感じるコーディネートに仕上がります。

テーパードパンツ×シャツワンピース
テーパードパンツ×シャツワンピース
出典:https://wear.jp/(外部リンク)テーパードパンツ×シャツワンピース

雨の多い雨季である6月から10月でも平均気温が28度を超える暑い国であるタイ。

しかし室内では冷房が効いていることも多く肌寒いと感じることもあるので、タイ旅行をする上での注意点は羽織りを忘れないようにすること。

薄手のシャツワンピースはタイでの体温調節ができる服装づくりにうってつけのレディースアイテム。

主役として取り入れたシャツワンピースも、暑く感じた時には前を開けることで体温調節ができます。

バックスリットロングワンピース×デニムパンツ
バックスリットロングワンピース×デニムパンツ
出典:https://wear.jp/(外部リンク)バックスリットロングワンピース×デニムパンツ

シンプルなTシャツワンピースは着まわし力の高いおすすめのファッションアイテム。

バックにスリットが入っているので、今どき感のある服装が完成します。

平均気温が26度の12月や1月は、中にデニムパンツをインして肌寒い気温にも対応できる服装にするのがおすすめ。

クリアバッグを加えて、軽やかさのあるシンプルながらもおしゃれ度の高い服装が完成します。

フラワープリントワンピース×クロコ型押しサンダル
[Spick & Span] INDIA フラワープリント ワンピース◆
出典:https://wear.jp/(外部リンク)[Spick & Span] INDIA フラワープリント ワンピース◆

タイの雰囲気にも合うような花柄がフラワープリントが特徴のワンピースを主役にしたコーディネートです。

こちらのワンピースはロングスリーブなので、袖をロールアップして体温調節ができる優れもの。

足元にはクロコ型押しの涼しげなオープントゥサンダルをプラス。

ワンピース一枚で作るコーディネートにリッチ感を加えられます。

麻混シャツワンピース×トングサンダル
[antiqua] 麻混シャツワンピース
出典:https://wear.jp/(外部リンク)[antiqua] 麻混シャツワンピース

タイの首都であるバンコクの街でも映えるような、パッと明るいシャツワンピースを使った服装。

前開きのシャツワンピースは主役として使えるのはもちろん、羽織りとしても使えるタイ旅行におすすめのファッションアイテムです。

平均気温が30度と暑い時期である4月や5月でも、屋内は冷房で肌寒く感じることもあるので袖が長めの半袖シャツワンピースが大活躍。

トングサンダルで涼しげで歩きやすいタイ旅行にうってつけの服装に。

【タイ】おすすめの服装まとめ

タイ旅行での服装で失敗しないためにも、体温調節ができる服装づくりも心がけ、原色の赤や黄色、軍隊を連想させるような迷彩柄を取り入れないなどの注意点も考慮するようにしましょう。

今回紹介した大人女性によるおしゃれで涼しげな服装は、どれもタイ旅行で気分の上がるようなハイセンスなものばかり。

お手本を参考に、羽織なども上手に取り入れた、タイで快適に過ごせる体温調節ができる服装づくりを心がけましょう。

元記事で読む